2006年12月06日(水)

トラウマと脳(自律神経系) [不安・パニック]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 
  代表の阿部です。

  時の流れは早いものですね〜今年もすでに1ヶ月を
  切りました。
  皆様いかがお過ごしでしょうか。

  私は土曜に友人と17時から22時までの5時間だけですが
  自分ご褒美に
  ディズニーランドに行ってきました。
  シンデレラ城のイルミネーション綺麗ですよね⇒
   
  
  さて


  <トラウマ>のトピック第3弾になります。

   脳の中にある 自律神経は
   自分の意志ではコントロールする事は出来ませんよね。
 
   コントロールしなくても、ちゃんと心臓を動かしてくれてますし
   免疫も調整してくれています。

   ストレスが多いと、自律神経系に実はかなりの負担を
   かけることになります。
   自分の免疫力の調整で追いつく範囲でしたら問題は
   ないのですが、
   それを越えてしまうようなストレスだったり
   また、幼少期にストレスにさらされていた方は
   ストレス耐性が低くなっていることもよく言われていますので
   簡単に参ってしまう事もよく起こります

  注)その人が弱いのではなく、脳の耐性が落ちているのです
 

  自律神経として


  <交感神経>は 昼に主に働くもので 適度の緊張をもたらして
 くれています。

  <副交感神経>は 主に夜働くもので 適度のリラックスを
 もたらしてくれています。


   これらは人間という動物として生きていく中で
   互いにバランスを保つ必要があるのです。

   専門家ではなくても
   働きを見てバランスを取っているんだな〜と
   想像できるのではないでしょうか。

   日光が出ている時間に活動し
   日が沈むと休むという動物


   さて、大きなストレスや、慢性的なストレス状況の出来事は
   当然
 
   トラウマとなりえます。

   トラウマというのは
   多かれ少なかれほとんどの方々が持っているものでもあるのが
   現実ですが

   トラウマからの影響とは分かりにくい形で
   出ている場合もよくあります。

 実は
   このトラウマとなりえるような出来事を経験していると
   大きなストレス、慢性のストレス状況を経験していると
   その間、脳内にはストレスホルモンがかなりの割合で
   分泌されていることになります。

   このストレスホルモンの影響によって
   この自律神経系の交感神経と副交感神経のバランスを崩す
   事が言われています。

   バランスを崩したかどうか、自覚はしにくいことですが
   次のような症状のある方は

   過去のストレス状況、トラウマ状況を疑ってみるのも
   症状回復への入り口になるかもしれません。

 

 <交感神経調整不全>

    口が渇く
    喉が渇く
    目が渇く
    手に汗が出る
    脇に汗が出る
    手が冷たい
    顔が赤くなる
    心拍が増す(ドキドキ)
    震えがくる   など


  <副交感神経調整不全>

    頭がボーっとする
    目がくらむ
    眠気がする
    気を失う
    下痢
    吐き気
    尿をもようする
    便秘     など



 ※上記の症状が出て当然の状況ではない時に出る



   思い当たる方の中で
   病院に行き、自律神経失調症と診断を受けてらっしゃる方も
   いらっしゃるかもしれませんね。

   薬物療法の他に、心理療法(セラピー)によって
   症状の緩和がもたらされる場合はとても多いです。

   前回の記事でも書きましたが
   これらの影響で
   「音に敏感」になってしまいいつもドキドキしてしまうという
   こともよく起こります。

   今起きているのが些細なストレスだと思っていても
   子どもの頃の経験が深い所で眠ったままになっていると
   脳は結構しんどい状態になっていることもあります。

   「脳」ときくと
   遠い感じがするかもしれませんが
   「心」は「脳」ですから

   嫌なトラウマも脳に記憶されていますし、悪夢を見せているのも
   脳が関係しています。
   ドキドキするのも、緊張するのも、気持ちが重いのも
   うつ病も、関係しています。



   次回は「2歳前のトラウマの影響」と症状について扱いたいと思います。

   トラウマのはっきりした記憶はないのに、気持ちが重い
   うつ傾向である、パニックを起こすなどの方々
   次回トピックを参考にしてみて頂けるとよろしいかと思います。

        文責 FCCN 阿部
 

 

Posted by abe at 13時04分   Comment ( 24 )

コメント

A.A.を立ち上げようと思っています。助力して貰えないでしょうか?

2006年12月07日 04時43分 [削除]

代表の阿部です。

コメントありがとうございます。

A.Aの立ち上げをお考えなんですね。
私たちFCCNが、出来うる協力でしたら喜んでさせて頂きます。


拠点はどこでお考えでしょう。教えて頂けると助かります。

また立ち上げに際し、AAへの許可連絡、テキストの作成、場所確保、広報などの作業があります。
詳細について、連絡を取り合う必要があるので、このまま、この場でやり取りをするか、または個別でメールを頂くかのどちらかでお選び下さいね。


あて先は

info@fccn.us
abe@fccn.us

のどちらでも、届きます。


やり取りの中で選択して頂く必要があると思いますが
@可能であれば直接お会いして協力させて頂くか
Aまたは、郵送やFAX、PCなどを使って協力させて頂くか

それとFCCNとネットワークを組んでいるAAがあるのですが
@可能であればAAを実際に立ち上げて頑張ってらっしゃる方と会ってみるか
A電話で話してみるか
B特に必要はないと考えるか

これらを
ご検討下さいね。


それでは、また
立ち上げに動かれようとされたことに仲間として感銘を受けました。




2006年12月07日 09時04分 [削除]

カウンセリングやセラピーを初めて受けさせて頂きました。自分に必要なのかどうかよく分からず、でもずっと子どもの頃から心の中に何かがカタマリになって存在しつづけていました。今回受けると決めるまで何度も何度も躊躇しました。怖かったのです。そして、何かがはっきりとする事に、罪の意識さえありました。秘密をバラす私は裏切り者のような気持ちにさえなりました。親は私を愛してくれていたのに・・。ごめんなさいという気持ちです。傷つく自分が悪いとも感じていました。でも・・もう一人の私はもう悲鳴を上げているのも分かっていました。今回勇気を持って相談して本当に良かったと思っています。初回から涙が止まらずご迷惑をおかけいたしました(汗)ずっと怖かったカウンセリングも想像とは全然違って、先生の言葉の一つ一つに今までずっと苦しかった思いを分かってもらえた感じがして、どうしようもなく涙が止められませんでした。先生が言って下さったように、せっかく勇気を持ってここまで生きてきたのですから、この機会に自分の過去をしっかり見つめ、今私がどうしてこんなに苦しいのか、その答えを探っていき、消えてしまいたい程価値のない自分を少し好きになれたらいいなと思いました。本当にありがとうございます。パニック障害を持っている私は飛行機に乗れないので中標津で先生が開業して下さった事は宝くじが当たった気分です(おおげさでスイマセン)しかも、私はずっと斎藤学先生の本を読んでACだと気がついていましたからその斎藤先生の教えを頂いている先生だという事は、本当に貴重な事で、やっぱり宝くじの気分です。これからもよろしくお願い致します。

2006年12月07日 21時27分 [削除]

   ピプノセラピーを初体験しました。
阿部さんのところでは、取り扱っていませんよね〜〜
まだまだ日本では 誤解と偏見がある世界ですが
私的には すごく納得しました。


今世でけでなく  前世からのトラウマがわかり
一回で  目からウロコでした
現在チャネリングの 勉強中
現在先祖様から  色々なメッセージを 頂きます
食べ物に  思いを残していろかた
子孫のことを心配して  来るかた
実に  様々です。

で私的に  全ての問題の 答えは
「感謝」なのだと気がつきました。

虐待する親元に  生まれでも 嫌な親のお手本の
お陰で自分は  そういう親になりたくないと
思えたし、
病気をしたらしたで  その病気から人の痛みや
優しさ が分かるよになるし、

神さまが  その人にうまく合わせたお勉強の
プログラムがあります。
早実の斉藤君には 野球選手としてのプログラム
斉藤君に明日から大工さんになれとか ピアニストになれとか 無理なことは 言いません
一人一人  違うですから
では どうしたら 感謝の気持ちがもてるか
簡単 簡単出会う人出会う人 この人に幸せが来ますようにと  言葉にしてもいいですし
念じて見たください。

人の幸せを祈るのに  お金かかりません。お財布にやさしいです(^^)
人の幸せを  願っているうちに 自分に幸せ〜〜
と思える現象がおきはじめます。
混雑した中で 駐車場が  お店の近くに止めれたり
欲しい服が バーゲンで半額だったり

どんなことでも、良かった〜〜を見つけては
ラッキー  嬉しい  ステキを  口癖にすると
楽しいです。



2006年12月08日 13時51分 [削除]

セラピーにも色々あるのは知ってます。それぞれ自分に合ったものを選んでいく事ができるのも良い事ですね。

ヒプノを受けられた方、実は私も受けた事があります。私の友人の進めでした。でも私には合わなかった気がしています。

やっぱりそれぞれ相性があるのだと友人が教えてくれました。私は関西に住んでいますがこのサイトでも紹介されている西尾和美先生からセラピーを受けています。

阿部さんがその地で力を入れてらっしゃるのはトラウマの治療という視点だと想像しています、
その視点から様々なセラピーを行っていると推測しています。(間違っていたらごめんなさい)

私の様に深刻なトラウマのある者にとって、日々生きていること、
寝ること、人と会うこと、その全てに苦しみが
伴っているのです。

そこに、日々感謝して、相手の幸せを望むことと言われても
到底出来ることではありません。
理想はそういう綺麗なことなのかもしれませんが
私にとっては、地獄の環境で育ってきて
あの環境が神様からのプログラムだよとか
貴方が親を選らんで生まれてきたとか言われると
死にたくなります。

感謝する前に、恨みを出すこと、健全な家に生まれることが出来なかったことを
嘆くことをゆるしてもらうことが
今の私には必要です、
トラウマの治療を長くかかっても、しっかりやっていく事が、今の私には大切なことです、
本当の意味でそれから感謝する事、人の幸せを祈れるようになれると思います。







みく 2006年12月09日 23時43分 [削除]

みくさんへ

私と似たものを感じたのでコメントさせてもらいます。
私はある宗教に入って、感謝すること、人に親切にすること
相手の幸せを望むことを、教義で習い、こころから
そう生きてきました。
当時は、満足していました、
子どもも得る事ができたし、夫にも愛され
家も建て、幸せを絵に描いたような日々を手にいれました。
すべて、感謝する生き方、人に親切にする生き方をしてきたからだと思っていました。

でも、いつしかそれが幻想だと気がつき
ガラガラの嘘の仮面ははがれてしまったのです。
全ては私の「否認」の上に成り立っていたのです。

幸せを絵に描いたような家だと思っていたのに
夫はアルコール依存、暴れないし、かわいい酔い方なので否認が効きやすかったのです。

息子はいつしかうつ病で学校に行けなくなり、娘は隠れて食べたものを吐いていました。摂食障害というそうです。

幸せなふりをして生きてきた「つけ」が子ども達が問題を起こしてくれたことで
気付く事ができたのです。
カウンセリングを受けたら、自分のおぞましい過去を思い出しました。
ここでも私は否認を決めていました、
虐待を受けたことを嘆くなんて、バカらしいと思っていたのです。
宗教の教義を信じ、理想に近い生き方をする事で自分は幸せだとカムフラージュしていたのです、
化けの皮は剥がれてしまいました。

否認のもう一つは、薬なしで眠れないのは18歳からずっとでした、なのに、問題視できない自分って。
情けなさで一杯ですが
子どもだけでなく、私もセラピーを受けています。

摂食障害の娘に
お母さんが幸せ仮面つけていたのは知っていたよと言われました。
今は摂食障害というサインで、私の否認を解いてくれた娘とうつ病の息子に感謝してます。

理想ではなく
しばらく、自分の嘆きの作業をします。


なべ 2006年12月10日 00時02分 [削除]

  
心の問題を取り扱う  専門家は、治療家は、沢山いるとおもいます。だだ本当に  一回で治療出来る専門家は  はたして  何人いるのでしょうか??


リピーターが  多いということは、疑問です。
最初  うつの種を持っていただけかもしれないのに
専門家に  会ううちに  知らず知らず、うつの種に
水や肥料を  与えられて  いるかも知れません
だって プロにとっては、  いいお客さんかも知れません。


 

2006年12月10日 21時02分 [削除]

こんにちは。

みなさんのメッセージを拝見させて頂き、いろいろ、私も思う事があり、コメントさせてもらいます。

私は、四六時中ではありませんが、「私が幸せでありますように。親しい人々が幸せでありますように。存在する、全てが幸せでありますように、、、」と、心から願います。私の願いは、自分の心が、穏やかでいたい、、、ということなのです。そのためには、大好きな人たちも、幸せで居て欲しい、、、。

9年前の私は、かなり重いうつ状態でした。朝、目覚めて「今日も生きなければならない」ということに絶望し、何もかも、無意味で、自分の居場所なんてどこにもない、、、そういう毎日を送っていました。眠るために、薬も大量に必要でした。そして眠っても、悪夢の連続で「眠りの中でも、私に安らぎは与えられない、、、」と、救いなんて、かけらも見つかりませんでした。そんなときに、夫へ「死んでしまいたい」とつぶやいたとき、酷く叱られました。「おまえは、五体満足で、何を言ってるんだ!世の中には、病気で起き上がれない人だって、自分で自由に歩けない人だっているんだ!
死にたいなんで、絶対に言うな!」と。

もっともな意見です。でも、当時の私にとって、五体満足なんて意味がなかった。むしろ「私の命と引き換えに、病の人が、助かるなら、喜んで替わってあげたい、、」と、願っていたのです。生きていることに、少しも喜びを感じることができず、一秒一秒が、本当に、本当に辛すぎました、、。

でも、この9年間、いろんな仲間に出会い、著書を読み、FCCNの方々との出会いと、阿部さんの講座などを受講し、「同じく苦しんでいる人が、沢山いる。そして、その苦しみに向き合って、苦しみ、嘆き、それでも、生きることを、やめない勇気を持ちながら、歩いている仲間がいる」ということを知り、這うように這うように、私もここまで、きました。

今の私は、まだまだ、「生きていることの辛さ」に圧倒され、自殺未遂が失敗したおかげで、こうして生きていることが恐ろしく感じることもあります。

それでも、心から信頼できる人に出会えたこと、どんな感情も否定せず、寄り添ってくれる、専門家と出会えたことで、私の沢山、背負ってきた苦しみは、少しずつ、少しずつ、軽減されているのです。はっきりと、自覚できます。

「感謝の気持ちが大切」、とおっしゃた方の思いも、「本当にそうだよね、、、」と感じます。ただ、誰に対しても、どのような状況に対しても「感謝するべき意味をみつける」のは、やはり困難なことが、多すぎると、感じます。でも、困難なこともありますが、日々の生活のなかで、「ああ、、、嬉しいな。有難いな、、」と心の底から、感謝する気持ちでいっぱいになることも、あります。

このような気持ちを感じることができるようになったのも、常に暖かい気持ちで、受け止めてくれて、「自分の苦しみを探る作業」を共にしてくれる専門家の力も大きいと、感じています。

セラピスト、カウンセラー、、、と呼ばれる心理専門家の方々にも、「あたり、はずれ」みたいな(語弊がありますが)ものもあるのでしょう。
ですが、本当に力のある専門家の方は、(少なくとも私が出会った方々は)決して、商売目当て第一で、卑劣にも、相談者のかたを、あえて、回数を多く通わせるような技法をとったりしない、と断言できます。

もし、「プロにとって、商売上のいい客」扱いされたということで、そのような疑いをもたれたのでしたら、本当に、辛いことですね。とても哀しい思いをされたと思います。私は、正反対に、「優秀な専門家に出会えた」ので、幸運なのかもしれません。

幸せと、感謝の気持ちで、日々を過ごしたいです。それでも、自分の生育歴ゆえに、しっかりと身につけてしまった不毛なパターンの数々に、「生きづらさ」を沢山抱えています。私一人では、到底、立ち向かえないことでした。ですから、これからも、私は専門家の助けをかりて、一人ではなく、その時々に、しっかりと気持ちを傾けてくれて、寄り添ってくれることを感じながら、回復することを選びます。

2006年12月11日 00時14分 [削除]

代表の阿部です。

数日忙しくしている間に、たくさんのコメントが投稿され、その上、互いに貴重なやり取りに発展しているのを知り、驚いているちょっと遅れ気味モードの私です(汗)。。。

遅ればせながら参加させて頂きますね。5人宛にそれぞれで書かせていただきます。



@初セラピーを受けられた方へ

 コメントありがとうございます。セラピーを受けるのにホントに勇気が要った事でしょう。
 今まで誰にも言えなかった事、傷ついてきた事、
 その事に向き合うのは痛みを伴うかもしれませんが
 少しづつ生きにくさが緩和されてくる可能性は高いと思います。
 長い間ずっと苦しみを抱えてきた自分を癒すのは、時間がかかるかもしれませんが、
 螺旋階段を登るように回復があるのですから、諦めずに、
 自分に寄り添っていけるといいですね。
 これからも必要がある時には、サポートさせて頂きます。




Aヒプノセラピーを受けられた方へ

 とても良い経験をされた様ですね。
 御自分の中で、しっくり来る、府に落ちるというのが
 何よりも一番だと思います。
 目からウロコは最高の刺激だと思います!
 ヒプノは私の友人も行っていますし、催眠療法の一つとして
 日本でも広がってきているそうです。
 感謝や、人の幸せを望むだけで、次々自分に良い事が起こるという
 のは、私も知っています。
 脳のプラミングにポジティブなものを組み込むと、無意識で脳が勝手に
 良い方へ良い方へとアンテナを向けるらしいです。
 そして、そのような事が出来るという事は
 精神が安定されているからこそかもしれませんね。
 誇るべきことなのではないでしょうか。
 近くに居て幸せを願ってもらえる人は、それだけでも本当の意味で幸せですよね。


Bみくさんへ

 ご自身の中に、辛いご経験があると意識できてらしゃるようですね。
 地獄のような環境で生き残ってきた辛さや、現在に影響を
 及ぼしている苦しさなど、独りで抱えている事は、それだけもしんどいでしょう・・・。
 いくつかセラピーを受けてらっしゃり、「今」の自分に必要なものを選んで
 いかれているのは賢い選択だと思います。
 おっしゃる様にセラピーには相性もあります。
 セラピストと受ける人にも実は相性があるんですよ。
 同じセラピーの手法であっても、セラピストによって
 ぜんぜん違う印象を受けることもよくあることです。 また自分の精神状況によって、受けるセラピーの種類を変えていく事も可能なのです。
 トラウマが深い場合はそれに合ったセラピー、精神が安定している時に合ったセラピー、また
 抱えている問題に合ったセラピーなど、
 なので専門家は今、一つのセラピーではなく、色々なセラピーを出来るように
 なる必要が求められるのです。
 西尾先生からセラピーを受けてらっしゃるとの事、お目が高い(>_<)うっひゃ。


Cなべさんへ

 ご自身の事をとても客観的に理解されてらっしゃいますね。
 関心させられました。
 娘さんの摂食障害と息子さんのうつ病が、なべさんの気付き
 につながったとの事、とても素晴らしい気付きですね。
 読んでいて涙が出ました。
 このように子どもが問題を起こす事で、家族の中に潜っていた問題が
 表面化することは、よく起こる事です。
 目に見える子の問題は責められがちですが、実は家族再生
 には無くてはならないきっかけとなる場合もとても多く見てきています。
 なべさんのお宅は、お子さんもセラピーを受け、
 別に母親もセラピーを受けるという選択をされてらっしゃる様で
 問題解決が近いのを感じました。
 母親のせいではないのですが、何故か母親がセラピーを受ける
 と子どもが激変するのをたくさん見てきていますから。
 

Dリピーターがいることに疑問を感じられている方へ

 1回で治せる人が果たして何人いるのかという疑問をお持ち
 なのですね。
 同じ様な疑問を持たれてらっしゃる方もいるかもしれませんね。
 私は個人的に、専門家が「治せる」という考え方は持っていません。
 もし、心の問題に「1回で治せます」という看板が上がっていたら、怪しい印象を受けます。
 心の問題は実に様々で複雑です。
 もし魔法使いがいたら可能かもしれません(笑)
 治療者の所にリピーターがいることが、不信の原因とのこと。
 うつの種が、水や肥やしを与えられ、お客さんとして
 利用されてるという感じがするのですね。
 世の中にはその様に感じる人がいるかもしれませんね。
 実際、そういうケースを見たことがあります。
 経営が厳しいとか、人気がなくて人が来ないとか色々
 な背景があるようです。
 また別には長くなると力の無いのがバレるから、最初から
 3回契約でセラピーをする方もいらっしゃるようです。
 専門家や治療者は実にピンきりです。
 よく吟味して、また自分の現状に合ったものを選択していく
 のが賢い回復への道のりだと思います。
 そして、同時にこの場で理解しておいてもらいたい事があります。
 人それぞれ持っている問題や状態、受けたトラウマの質や頻度、
 背景、元もとの力などに違いがありますので
 回復などにも個人差があるのは自然な事です。
 3回でさっさと良くなるケースもありますし、10年経ってやっと何とか
 生きていこうと思えるようになったケースもあります。
 虐待などのトラウマ体験が背景にある場合は
 回復に平均7年はかかるとも言われています。
 それだけ本当に苦しんでいる方々がたくさんいらっしゃいます。
 長い間受け続けた子どもの頃の影響は、1回で治るような
 ものではないと私は感じています。
 当然お金はかかりますが、自分が少しでも健全に生きられ
 死にたい気持ちから解放されたり、パニックから
 解放されたり、リスカから解放されたり
 など、生きずらさを少し軽くしていく
 ことに、自己投資できるのは、私は素敵な事だと思います。
 もし、御自分が受けている治療者にお客さんにされてるのかな
 というお気持ちがあるようでしたら
 行くのをやめた方がいいと思います。自分の第6感を信じた
 方が良い結果が出ると思います。
 本当に効果があり尊敬できる専門家や治療者の所では
 「深い信頼関係が互いに成り立っている」はずです。
 そこにはコンビ二やデパートでも買えない、本当の受容や
 尊重、癒しが必ずあるはずです。
 症状が回復しても、行きたくなるもののはずです。
 そういう専門家・治療者に出会えた人は幸せで、
 そういう人の所を見つけて行く事が出来た人は
 実に賢く力があると私は思います。 
 
 
 
 
 
 
 

2006年12月11日 00時18分 [削除]

私も思うところあって、コメントに参加させてもらいます。

1回で治せる人がいるかと言う問いかけに、いるわけない!と即答させてもらいました。

マジシャンじゃないんだから(笑)

私は、依存症をいくつも持っています。リスカもやってます。
夜寝る時は、毎日薬を飲んでから寝ます。
悪夢で夜が怖いんです。眠れません。

私のこれらの症状を1回で治せるという人が現れたなら
私は間違いなく「お断り」させて頂きます。

この苦しみを、1回で治されてたまるもんですか(笑)

私は子どもの頃母親と父親のDVを見て育ちました。
もちろんそのとばっちりで、暴力も受けてきました。
今は、「自分が虐待を受けてきた」という事を認識できています。

これから記憶との戦い、癒しの作業、今までの苦しみとの
戦いです。

私は、ちょっと皆さんと違って謙虚ではなく
「金払うから私の過去の話を聴いてくれ!」
って感じです(笑)
誰が好き好んで、私の過去に真剣に耳を傾け
こんなどうしようもない女の私の良い所を見つけてくれ
褒めてくれるというんですか!!
やっぱお金払ってでも、聴いてもらう必要が私にはあります。
兄貴から性的にイタズラし続けられたことを
普通の人に、ただでなんて話たくありません。
きちんとお金を払う事で、秘密を守るという約束が契約の中に生まれます。
他の人に話したら、ただな分、すぐバラされるに決まってるじゃないですか!
「ねぇねぇ誰にも言わないでね〜あなただけに話すんだから〜」ってな具合に。
冗談じゃありません。

お金は保険金です。秘密を守る保険!

2006年12月11日 00時42分 [削除]

代表の阿部です。


@9年間色々な出会いを得てきた方へ


コメントありがとうござます。
読ませて頂き、とても励まされた気持ちがしました。

同時に、苦しみを抱えている人たちへ
勇気を与えるコメントだったような気がします。

苦しくて、今日一日を生きるのがやっとという状態でも、出会いや自分自身の成り立ちに向き合っていくうちに、少しづつでも「回復はある」という事を証明してもらった感じがします。

辛さはとても計り知れないものですけど
9年間頑張ってきていらっしゃるのが伝わってきました。
「今日死なない」という選択をすることだけでも頑張りですもんね。

苦しんでいるのは自分独りではないこと、同じ様に苦しみを抱えている仲間がいることに気が付いたとのこと。
とても素晴らしい出会いをされたと思います。

私自身も重篤な自殺願望を抱えて、いつも死に場所をウロウロ探して生きてきました。
何が辛いと言語化出来ない得体の知れない不安と恐怖と重たい気持ちを抱えて。
そのほとんどは悲しみのカタマリでした。
言語化どころか意識化さえ出来ずにいた私の過去の感情です。
たくさんの時間とお金をかけて、感じないようにしてきた過去の感情を解き放しながら、少しづつ少しづつ回復の螺旋階段を登って来ることが出来、まだまだ屋上は上だけど、気が付けばコメントを下さった方と同じように、死なないで、時には感謝の気持ちも感じるまでに回復した自分が居ます。

お互い、見捨てられてきた自分を、自分自身は絶対見捨てないように、生きていきましょうね。
そして余裕が出来たら、同じ苦しみを抱えて、もがいている人に、こんな私も存在する事を知らせていけたらいいですよね。私達が、先行く仲間を見つけつながって来たように・・・。


A1回で治されてたまるもんかさんへ


コメントありがとうございます。
的を得たことが書かれていて、私も嬉しく読ませてもらいました。
本当におっしゃる通り、専門家が有料化し、枠組みをしっかり決めて、契約する形を取ることの中には「守秘義務」という責任が課せられています。
よくご理解されていますね。
専門家は、面接場面で話された事について、「他へ話さない」ということが課せられています。
友人同士の話だったら、あなただけよ・・という会話もあっても許され、責任を問われることはないかもしれませんが、契約を交わし、サインをもらった場合、秘密は固く守る義務が発生します。
本当におっしゃる通り「保険」だと私も思います。

この場でご自身の大切なことについて書いて下さいましたね、
その勇気に感謝します。
何故なら私の元に訪れる方の多くに、性的な辛いご経験をお持ちで、ずっとず〜っと誰にも話せず大人になった方がたくさんいらっしゃいます。
何気ない過去のようですが、実際は不眠、悪夢、パニック
、うつ、リスカ、不特定多数とのSEX、万引き、人間関係がうまくいかない、SEXへの突然の嫌悪感など、多くの影響を持っていらっしゃる事がほとんどです。

その苦しみはひじょうに深いものになり得ます。

コメント下さった方のように、抱えてきた苦しみを1回で治されてたまるかというお気持ちになるのも
とても理解出来るものです。

私は8年間カウンセリングやセラピー、様々なワークショップに参加し、自己投資してきていますが、8年過ぎ9年目になりましたが、一生自分の問題に向き合い、癒しの作業をしていくつもりです。
筋金入りのリピーター族ですf(^^;)
それは
パートナーとの関係を維持するためと、息子への「母親害」を少なくするためと、組織を安定し運営するためと、大切な仲間や友人を失わないためと、相談者の方に適切な援助をするためにです。


今回は本当にコメントで励まされました。
FCCNは全国、多くの方々に支えられ見守られているのを改めて実感する事が出来ました。
皆様に心から感謝して。    


2006年12月11日 20時12分 [削除]

  阿部さん、ご自分も  完治されていない、リピーター族なのですか?


2006年12月12日 09時12分 [削除]

代表の阿部です

コメント拝見させてもらいました。
質問に答えさせて頂きますね。


答えはもちろん「YES」です。


専門家を目指していた最初の頃は、完治しない人は専門家に向いていないと思ってずいぶん悩みました。
何度も自分は向いていないのではないかと思いました。
今でも凹んだとき、そう感じる時が自分はあります。

実は私のこういう思考パターンそのものが、過去からの影響とも感じます。
なので、私は「自分を専門家としてBESTを尽くせる状態に維持する為」にリピーターになる必要があるのです。



世の中には色々な考えかた感じ方がありますから
もし、「専門家は完治しているべきである」と感じられる方がいらっしゃれば、わたくしの所は選ばないと思いますよ。
それはそれで当然のことであり、その方の権利で自由だと思います。
無理やり考え方を変えて下さいとは言えません。


私の過去の体験と回復過程を歩んで頑張ってきた
ことを知り、
その上で「阿部がいいなFCCNがいいな」と思って下さった方がいらっしゃった時、私はBESTを尽くさせて頂くだけです。



また私なりに
力のある専門家の方達をたくさん見て、話を聞いて、
また学習の中でも分かったこと
それは、心理の分野に「完治」という言葉はそぐわないという事です。

一般身体疾患でしたら、完治という言葉はあると思います。

心理の分野では、回復や成長というものがあります。

色々な精神疾患もありますので、その「病気」だけに焦点を当てると「治る」という表現も使う専門家も居ていいと思います。
うつ病とか、統合失調症とかありますが、ほとんど良くなっていく人もたくさんいらっしゃいます。
実際私のうつ病は良くなってしまったし、自殺願望は持たなくなったというのは回復の一つだと思っていますから。


うつ症状や自殺願望が無くなったらそれだけで
一応、治療関係は終結になります。
でもこれからまた何か辛い事や苦しい事が起きて必要を感じたら、カウンセリングを受けるのもいいと私は思います。


私はアメリカの臨床心理学をベースに教育を受けていますが、
私達心理の専門家には「専門家倫理」というものを守ることを義務づけられています。(規定みたいなものです)

その中には「守秘義務」といって相談者の話された事を他には話さないということも含まれていますが

その中に実は今回の事が明記されています。

教科書なのですが
ジェラルド・コウリー他著
「援助専門家のための倫理問題」ワークブック 創元社

の第2章「個人としてのカウンセラー、専門家としてのカウンセラー」という箇所があります。

その中の61ページに

「特にクライアント(相談者という意味です)を治療する能力に関係する信念や行動の再検討は、ためになります。本当に熱心な専門家は、自覚と誠実さを保つ手段として、終生自己探求を続けます」と記載されています。

私の受けている教育は
援助の専門家である以上、終生自分のことを見つめ続けること(カウンセリングやセラピーを受け続け自分を高めること)に重きを置いているのです、
私はこの教育理念に惚れて、この大学院に入りました。

私の尊敬する力のある専門家たちは、今でも自分のセラピーやカウンセリングなどを受けています。

それがあるからこそ、
素晴らしい援助が出来ていると、私は考えます。


2006年12月12日 12時20分 [削除]



FCCNの理念である

現在を少しでも楽に生きていく為、対人関係をよく出来るため、周りにも自分にも害を与えないために、過去の苦しみを癒すことの大切さを伝えさせて頂いています。
心の傷に向き合う事は簡単ではありません。痛みも伴いますし、時間もかかります。
それだけたくさんの辛い思いや苦しみ、悲しみを抱えてきてらっしゃるのですから、それは当然の事と思います。


今回、頂いたいくつかのメールの中で

リピーターであることがよくないことの様な印象を受けましたので、とても悲しい気持ちがしました。

同時に、苦しみを抱え、もがいているたくさんの仲間達が、昔の私の様に、希望をみつけ、勇気を持って自分の過去の心の傷に向き合う作業を頑張られている方達が
リピーターになっていることを駄目なことのように、誤解されるのはとても悲しいです。

また、苦しんでいる方達が必死に生きようと自分の過去に向き合っている所に、共感されず、水をさされた感じがしてとても悲しいです。
子どもの頃の辛い記憶は、本当に大人になってからも人生の多くを支配します。

どのような感想をお持ちでも自由ですので、もし私達のような苦しみを抱え、真正面から向き合う勇気を持ってリピーターになっている事に賛同して頂けない様でしたら、ここへの書き込みはしないで頂いて、遠くから見守って頂けると助かります。

やっと少しでも楽になれる、大切な作業を皆様されているのです。
そのことを理解して頂けると助かります。
たくさん傷つけられて、どれでも必死に生き残ってきた方達を私は尊敬しています。
これ以上、悲しい思いはしてほしくないです。

この場が傷つける可能性があると判断させて頂いたので
このコメントをつけさせていただきました。

よろしくお願いいたします。   FCCN阿部

2006年12月12日 12時34分 [削除]

(T0T)


阿部さん、アリガトウ!傷ついていた一人です。

私は不眠がきっかけで精神科にも今だ、通っています。
担当医に勧めてもらって心理療法も受け始め2年が経ちます。
確かに2年前と比べたら、パニックも少なくなりましたが
思いの他 自分のトラウマの深さに、まだ後2年は通う必要があると感じていましたので
先日のある方のコメントを読んで傷ついていた所です。
私自身、トラウマを含め、私の過去や今の状態を全て否定された感じがして落ち込んでました。
リピーターである自分はダメ、仕事も出来ない自分はダメ
いつまでも薬を飲んでる自分はダメ・・・・(ToT)

阿部さんのコメントは今日の私を布団から起き上がらせてくれました。

札幌から応援してます。  


2006年12月12日 14時14分 [削除]

私の体験談


私はT県内で、カウンセリングを受けていました。
毎回、何かが変な感じでした。
何だろう何だろうと感じていたのですが
カウンセリングは皆同じだと思っていて他に行くという選択があることを知らなかったのです。で何となく
その先生に、他のカウンセリングも受けてみたいと話したら怒られました(苦笑)

2年通い続けたある日
ぶらりと別の専門家に行ってみました。
そしたら、ぜんぜん違うんです!!!これが!!
説明しきれないのですが、とにかくぜんぜん違う!

2年間悶々としていた私ですが
今行っているカウンセラーの所に行くと
思いっきり泣けるし、怒りを感じても
どんな失敗をしても、私のそのままを肯定して見守ってくれます。
子どもの頃の辛い経験も親のこと悪く言ってるのに
そのままを受け止めてくれるんです。
前のカウンセラーは親の悪口を言っていると幸せにはなれない。あなたがまだ子どもの証拠だからと言っていました。
今の先生は親の悪口を言っても聴いてくれます。
辛い経験を分かってくれます。
私が見えていない私自身の良い部分や強い部分なども
教えてくれます。
そしたら1年通っただけで、何だか最近、親に対する気持ちもちょっと変わってきた感じがします。
親も親なりに精一杯私を愛してくれたのかもしれないって・・・。

要するに、この場で何を伝えたいかといいますと

専門家もピンきりであるということと
自分に合った良い専門家を見つけたら、リピーターになるのは当然であるということと
実際変なカウンセラーも居るということと
カウンセリングの必要な人と必要の無い人がいるということ
そして、私は今のカウンセラーさんを尊敬していること。
リピーターをしたおかげで
対人恐怖が少し和らいだということ。

これらを言いたかったのです。

コメントが盛んについていて思わず書きたくなりました。
FCCNを応援しています。






たっちん 2006年12月12日 19時34分 [削除]

代表の阿部です


 夜にまた見たら、コメントが増えていて驚いています。
 皆様ありがとうございます。
 本当に嬉しい気持ちで一杯です。
 今回は多くの方の関心を集めているようですね、
 互いに刺激を受け合って、コメントを出し合うことは
 よい学びにもなると思います。

@札幌から応援して下さっている方へ

 札幌からアクセスして下さっていること、まずはとても光栄に思います。
 この場でのやり取りの中で、傷ついてしまったとの事、伝えて下さって感謝します。
 同時に、この場を管理しているのは、FCCNでも、わたくしの責任ですので、管理が行き届かなかった可能性もあります。
 申し訳ありませんでした。
 同時に、色々な考え方があり、そのどれも尊重されるものだと思います。
 色々な経験や背景が感情の元を作っているのですから
 専門家を否定的に見られる方も理由があっての事だと私は思います。
 今、色々な事がお辛い状況のようですね。
 辛い時には、何もかも悲しく感じてしまい絶望した気分になりますよね。
 薬を飲むのも、仕事を休むのも、今の御自身には必要があることなのかもしれません。
 布団の中で、色々なことを考え、自分自身に向き合える貴重な時間となるとも思います。
 辛いけれど「うつ」もマイナスばかりではないんですよ。
 自分に向き合える時間にもなりえますし、何かメッセージが身体から出ているのかもしれません。
 これからも不行き届きがあるかもしれませんが、この場にしょっちゅういらして下さいね。


Aたっちんさま

 コメントありがとうございます。
 ご自身の体験をここで伝えて下さったこと感謝いたします、
 この場で言いたかったこと、ちゃんと私には伝わりましたよ。
 本当にその通りだと思います。
 私のコメントより、的を得ていましたf(^^;)
 カウンセラーを変えられ、とても良い出会いと
 発見があったようですね、
 専門家と相談者にも相性があります。
 相談者とセラピーの技法にも相性があります。
 色々な考えの方が存在する世の中です。
 相談者の方も色々な方がいらっしゃるのは当然ですけど
 専門家にも色々な方がいらっしゃいます。
 余談になりますが
 専門家の中には、過去の傷を掘り起こすのは良くないというお考えの方や、心の傷は語らなくては、いつまでも後遺症を抱えてしまうことになるから、過去は語り必要な癒しをした方が予後が良いというお考えの方
 はたまた、解離性同一性障害(多重人格)は存在しないという専門家も居れば
 性的虐待なんて日本に無いとおっしゃる専門家もいらっしゃいます。
 私はこのどちらも存在すると考える立場です。
 このように同じ専門家でも考えが様々なのです。
 驚きました?
 私は個人的に驚きました(笑)え〜?????性的虐待が日本にないって本気で思ってるのぉぉ????信じられない!って。
 色々な考えを尊重するって難しいですね。
 私は未熟者なので修行が必要です(笑)
 FCCNをこれからも応援してもらえると嬉しいです。

2006年12月12日 22時53分 [削除]

こんにちは。


単純に疑問を感じています。
「リピータ否定説」「専門家の、ご自分のカウンセリング続行疑問説」について、不思議です。

だって、世の中には、実に様々な専門家(学者、医者、研究家、、、)がいますよね。学者は、もっと探求するために、模索し続けるでしょう。医者も、日進月歩で発達する医療技術を身につけるために、勉強し、より良い
医療で、患者さんを救うために、常に勉強しているでしょう。研究者も、新しい発見のために、試行錯誤しつつ、追い求めるでしょう。
立派な専門家であれば、当然のことと思います。
普通のサラリーマンだって、OLの
方だって、仕事につまずいたら、反省したり落ち込んだり、自分を振り返って、立ち直り、頑張ろう、と思うでしょう。そして、新しい成長するでしょう。

例えば、20年前に最新の医療技術を身につけていた外科医が、その状況に満足し、その後は、研究したり、自分の在り方に疑問を持たずに、20年後の今も、そのままのやりかたで、当たり前に接する医者だったら、怖いです。
20年前の知識しかもたない、車の整備士に、新しい機能を備えた最新の車の整備を任せるのは怖い。

常に、探求し、自分の現状を見つめて、より良い状態に持っていく努力するのは、プロとして、当然だと思います。

なのに、心理については、何故、例外的に受け止めるのか不思議なのです。何故、心についてメンテナンスを繰り返すことに、疑問をもたれるのか、不思議です。

どんな最新式の機械だって、どこか故障したり、壊れたりして修理が必要になることは、身近ですよね。時には、自分で分解修理もできて直る場合もありますが、難しい場合は、修理専門業者に頼みますよね?

歯医者に通って、とりあえず、痛む虫歯を治療しても、その後も、別の歯が虫歯になって、また、通院することも、日常ですよね?全然、不思議ではありません。

ですから、心のケアのために、何度も専門家に通う必要があるのも、全然不思議ではないと感じています。そして、プロの方も、当然、より良い状態であり続けるために、カウンセリングや、セラピーを受けるのも、探求し自分の状況を見つめなおすことを続ける、プロ意識の高い、専門家として信頼度の高い証拠だと感じます。

何故、「心」に関してだけ、こんなに、特別に疑問に感じる方がいるのか、個人的に、本当に不思議です。私にとっては、ものすごく、「当たり前」のことのように思
うのです。

2006年12月15日 00時36分 [削除]

代表の阿部です。

コメントありがとうございます。

ひじょう〜に、ごもっとも(>_<)
私の考えとJUST同じ!
読んでいて、気持ち良かったです。
このように、理解していらっしゃる方が、存在している事を知り、安心しました。
同時に、意識の高さと現実検討の鋭さを感じました。


世の中ですから、色々な考えの方がいらっしゃって
そのどれも理由があっての事でしょうから
出来るだけ尊重出来ればいいなと思っています。

同時に、心理の専門家としてこれだけ自己投資をし
プロとして恥ない、力のある有能な専門家
苦しんでいる人にとって適切な対応が出来る専門家を目指し
日々努力している自分にとっては
リピーターへの疑問説と専門家が完治していないことへの疑問説は
この世界「心理のプロ」を理解されていない気がして
正直ガッカリきたのも事実ですから、このコメントは
とてもありがたいものです。

そして
とても的を得た説明があり、読んで傷ついていた
相談者側の立場の方も、同時に専門家の立場の方も
納得がいくものだったのではないでしょうか。
本当にその通りだと思いますから、
同時に違う考えを持つなとは言っていませんので、誤解のない様にお願いしますね。

実際変な専門家もいます。
プロとしての誇りが無い人ですね。


これからも
私は、受けた教育にのっとり、また倫理規定を守るためにも
専門性を維持し、高めていくよう
自己投資をして、自分を見つめて行き
過去の自分の様に、苦しんできていらっしゃる方々へ
適切なサポートを提供できるよう努力したいと思います。

本当に貴重なコメントありがとうございました。
感謝します。


2006年12月15日 16時19分 [削除]

色々な考え方があるという阿部さんの考え、
本当にその通りだと思います。


なので、私の意見も、そのうちの一人として
存在する事もこの場で宣言させてもらいます。


私は、阿部さんのように
自身の生い立ちを隠すことなく、そして経験の一つ一つを正直に開示していること
弱さも認め、偉ぶることなく、
公表している所が、信用できるポイントの一つなんです。
自分は完治したとか、または問題なんてないわとか
自分は完璧とか言ってるような専門家は信用出来ません。
本当の意味で、サバイブしてきた「先行く仲間」だからこそ
私も相談したくなるのです。
きっとこの人なら分かってくれると思えます。

完治とか、問題ないとか言ってる専門家には死んでも相談になんて行かないと思います。

私達傷ついてきた人間は
専門家を見る目は厳しいです。

うわべだけとか、ちゃんと勉強していないカウンセラーなんて1回カウンセリング受けただけで分かります。

勉強だけでなく、自身がセラピー体験をしてるからこそ
私たちの気持ちやその場の体験を分かってくれると私は判断しています、
自分の問題に向き合ってもいない専門家が、勉強だけの判断で、私たちの苦しみを分かる訳がありません。
言い切れます、
同じく苦しんできたからこそ。そして
自分もカウンセリングを受けてきたからこそ
より良い形で、カウンセリングやセラピーを提供出来るようになると私は思います。

阿部さんの言うように、世の中には色んな考えの人たちがいるのだから
中には、完治してない専門家と見下したり
リピーターするのは専門家が悪いとか、考える人が居ても不思議ではないけど

私の様に、専門家が自分を見つめる作業をし続けてくれるということ、同じ傷ついて生きてきた人間であること
ことは
資格より何よりの信用度が上がる事だと考える人間もいると
いうことを知っていて欲しいです、

阿部さんが、等身大で居てくれるからこそ
私もこんな自分ももしかしたら阿部さんみたいに
なれるのかな・・って希望もらえるんです。

実際、私の友人がこのブログのやり取りを見て
私、この人にだったら相談してみたいって言ってました。

特に、今回の一連のやり取りでも
くじけず、ちゃんとしっかり相手も尊重した上、この場を守る発言もされ
おまけに、完治してないリピーターか?の問いに
勇気を持って「YES」と答えていた阿部さんに
惚れそうです(苦笑)

2万人も観ているサイトだって知っているのにです。
すごい勇気だと思いました。
私も頑張ります。




2006年12月15日 19時24分 [削除]

代表の阿部です。


コメントありがとうございました。

今の私の気持ちは、言葉よりも

(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)←こんな感じです。


嬉しいですし、とても光栄です。

生い立ちの中にたくさんの傷つき体験があることに気がつき、その事が大人になった私という人生において、とても多くの影響があることを実感した時、実は途方にくれた時期もありました。

でも、逃げずに専門家の力を借りて
ここまで向き合ってきて、カウンセリングの場で大泣きこいてきて(すいません言葉使い悪いです)良かったと、本当に思えます。

こうして、そのことを良い意味で信用して頂けるのは
私にとってとても光栄なことです。

確かに、自分が辛かった経験の一つ一つが、今カウンセリングで取り扱ってきたからこそ、
同じような経験をされている方のお話を聴かせて頂く上で
動揺して取り乱すことなく、共感させてもらえる等
非常に役にたっているのは事実です。

とても暖かな言葉、心から感謝いたします。

今回は、思いのほかコメントのやり取りが盛んで、たくさんの方々のお考えを垣間見る事ができました。

そして、勇気を持ってコメントに参加して下さったこと
言葉の数々、そこには
人を支える、勇気を与える、大切なものがたくさんあったと感じています。

たくさんの支えと理解と応援にこの場を借りて、心より感謝させて頂きます。

ありがとうございました。

PS〜私のようになれるかも・・ということについてですが、なれますよきっと。私も尊敬する専門家たちを見て「この人たちみたいになれるかな・・」がいつしか⇒「この人たちみたいになりたい!!」に代わりました。行動や言動も良い方向へ向いてきている気がしています。


2006年12月15日 22時58分 [削除]

渡島地方に「暴風・波浪警報」が発令され、解除されるまでの天気が気になるところです。
「うつ病」経験者の症状や痛みは異なるでしょうが、闘病生活4年が過ぎ、「こころの病」を代表するうつ病を患って良かったなと思うことがあります。有識者がさまざまな著書を出していますが、読んでいてもピンとすぐにわからないことがあります。しかし、自らが患っているうつ病に関しては、誰よりも一番本人がわかっています。誰にもわかってもらえない苦しさによる孤独を味わい、普段通りの表情をしているために、将来の進路について周辺も焦らせるし、もちろん私も焦りました。
そして最初に勤めた施設で退職する決意を固めたのは、「あんたがいなくても、ここの施設は動くということだけはよく覚えておくように」です。こうしたひとのこころを痛めつける言葉は、忘れることができません。加害者は全く記憶にない事実であっても、被害者はしっかり記憶している事実がある。
相手の気持ちを察しながら思いを伝えることは難しいことですが、そのような配慮が一切なくて相手に思いを伝えることは簡単ではないでしょうか。それも年齢に関係なくです。最近になって言葉が時として「鋭い刃物」の役目を果たすことがわかって恐くなり、気をつけるようにしています。難しいことですが・・・。

Yoshihiro 2007年01月06日 17時43分 [削除]

皆さんのお話を最初からず〜っと読み進めて行きました。

心や精神の、恐らく目で見ることのできない部分は
もちろん脳の働き云々という意味合いでは
見る事が出来る部分もあるのでしょうが、

例えば、手に傷を負った場合、薬をつけたり
バンソウコウを貼ったりして治して行くのですが、
治ったその部分の皮膚やその内側は
傷を負う前の肌では無く、自身の皮膚ではありますが、
決して元通りになった訳ではありません。
機能性が以前とほぼ同じになった様に見えますが、
まったく同じではありませんよね。
しかし、毎日生活をするのに支障は無い様だとすれば、
そこまで来た時点で妥協をして行きます。
(小さい指の傷でそこまではいつもなら考えませんが・・・)

心の中も同じなのではないでしょうか。
一度、壊されたり、傷つけられたりした部分は、
少しずつ、傷つけられる前の心に近づいて行く
可能性は勿論あるのでしょう。
ですが、以前と同じという訳には行かない。
心には傷つけられるというやはり目には見えない経験なども
負のものとして付加されてくるからだと思います。


そして、人間として
妥協する事や
まあ、この位でいいだろうという部分から
一番遠いところに存在するのが心ではないかと
思うのです。

元通りにしてくれるのがセラピーでは
無いと感じています。
元通りは本来、存在していないのですもの。
体の一部も。
心も。
時間も。
人間関係も。

私は阿部さんのずっとセラピーをお受けになる、
そのお気持ちに引っ張って頂いているのだろうと
思います。
私にしてみれば、阿部さんは魔法使いです。^^

うしたまご 2007年05月18日 20時33分 [削除]

代表の阿部です。地方から戻りました。またすぐ出かけてしまいますが(苦笑)

うしたまごさんへ

コメントありがとうございます。

心は元通りはない・・・ごもっともだと思います。

過去は変えられませんものね。


過去が変えられるのなら・・・ホントの魔法使いだと思います(笑)
残念ながら私は過去を変えられないですし
元通りにも出来ないので
魔法使いのように感じられるかもしれませんが
それは大きな誤解で「皆と同じ人間」です(笑)

とはいえそのお気持も理解できるつもりです、
だって私にしたら斉藤学先生や西尾先生など尊敬する先生は
魔法使いに見えますもの(^^;)

オーラで癒される気分になることも多々ありましたし
他にもそうおっしゃる方もたくさん知っています・・

でも実際は私たちと同じただの人間・・・・。


不思議ですね・・・(笑)


ただの人間でも
この仕事をさせてもらっていると
セラピーを受けにいらっしゃる方に出会い
トラウマからの後遺症を抱えて苦しんできたことと
その回復の道のりを見せて頂くことが出来るのですが
そんな時人間の持つ力の凄さに感無量になることがよくあります。

皆それぞれに自分の過去からの後遺症を
自分なりの症状で表しているものです。

人からひどい目にあったことがあれば
猜疑心が大事な友達になっていますし
本当に様々ではあるけれど
サインは限りなく出ているのも共通しています。
私は自殺願望とフラフラ居なくなること
そして抑うつ気分と彼への悪態と(−−;)
女性集団への緊張と好きな男性への嫌いなふりと
その他多々ありました(^^;)

心って不思議ですね。

abe 2007年05月21日 21時26分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

催し物案内
FCCN C.Cとは?
スタッフ紹介
活動記録
参加者感想
サイトマップ
関連リンク集
事務局から
本の販売と報告
会員制度
Care Support
主な相談内容
トラウマ回復
カウンセリング&精神療法
子どものカウンセリング
発達が気になるお子様
IQ知能・技能検査
専門家育成
お問合せ・予約
自助グループ
自死遺族
様々な依存症
トラウマ
不安・パニック
カラー・カード
その他いろいろ

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

FCCNは個人情報保護に関する法令およびその他の規範を順守します。

Copyright (C) 2007 FCCN C.C All rights reserved.