2010年09月12日(日)

子どもと大人の知能検査 [IQ知能・技能検査]

画像(159x180)・拡大画像(490x552)

  

  ☆ 子ども(5歳〜16歳)の知能検査(IQ検査)を行    います。


  検査>  WISC−V 知能検査




  ♪ 言語性IQおよび動作性IQの測定ができます

  ♪ 優れている部分と弱い部分が把握できます

  ♪ 興味での計測も承ります

  ♪ 検査にかかる時間は個人差があります

 ☆ 17〜成人 対象

       検査>WAIS−V 知能技能検査



   ♪ この検査を通じて自分に向いている仕事分野と向いていない仕事分野が
    分かります


   ♪ 子どもの頃から学校での苦労が多かった、仕事がうまく出来ないなど
     大人になってから分かる発達障害のケースがあります
     ちょっと気になるようでしたら受けてみることをお勧めいたします


☆ 高齢者の知能・技能検査


    ♪ 物忘れが多くなり生活に支障がでるなど

    ♪ 認知症検査


    ♪ 必要に応じ安心できる脳神経外科医をご紹介いたします



   WAIS検査は頭の良さではなく、脳の持つ力を計測できると考えられるといいかもしれません。
人間は皆「得意分野と不得意分野」というものを持っていて自然です。

WAIS検査では

言語が得意であるとか、
耳で説明を聴くと理解しやすいとか、
イラストなど視覚を利用した説明の方が理解しやすいとか、
言葉よりも感覚派であるとか、

一般には意識しにくい詳細な箇所の個人の脳力の傾向を知ることができます。

今後の自分にあった勉強方法や
今後どのような仕事が自分の脳力に合っているのか
得意分野をどう活かしていけるのかなど
将来を考える上で役に立つことと思います。


FCCNでの検査では
専門用語ではなく、分かりやすい表現での口頭説明の他に

合っている職業の種類や

不得意分野を得意分野で補うようなアドバイスも合わせて
丁寧に行うことが特徴の一つです。

この機会にぜひ、ご自身の得意分野と不得意分野を知られるのはいかがですか?


  

画像(135x180)

各種検査(アセスメント)担当  高橋 律子

Posted by abe at 23時28分   Comment ( 5 )

コメント

こんにちわ

検査を受けて 自分の状態を自覚しました

自分一人では 受け止めきれなかった心のモヤモヤが少し晴れてきました

阿部先生りつこ先生
ありがとうございます
このばを借りて感謝いたします

もう一人のウッカリハチベイ(笑)
Aより

2011年12月23日 16時04分 [削除]

私もWAIS検査を受けて、すごく霧が晴れた経験をしました。
今後の自分の仕事で何が向いていて、何が向いていないのかが分かって
本当にスッキリです。
たかが検査、されど検査、本当に数値は嘘をつかないのですね。驚きました。
そして、育った環境の中からの脳への影響、深いですねーー。
思っていたよりもかなり能力が高いことが分かって、なんだか自信になりました。
自己肯定が低すぎて、自分を低く見積もっていたのですね。
気付かせて下さった律子さん、阿部先生、ありがとうございました。

H 2011年12月23日 21時30分 [削除]

今晩は。
FCCN 高橋律子です。
今は主にアセスメントを担当させて頂いております。

「自分一人では 受け止めきれなかった心のモヤモヤが少し晴れて〜」とおっしゃって
くださったウッカリハチベイ(笑)のAさん、

検査結果から、ご自分の状態を自覚できたとのこと、Aさんのお力を感じています。
とても嬉しいです。伝えてくださってありがとうございました。

<数値>という一見冷たく捉えられてしまうものの中に
その人が、そうなった理由や背景もあるのだということが分かり、
「検査」ですが、その人と向き合う思いで報告書を作成させて頂いております。
検査をさせて頂く側も、毎回多くの気づきや感動を頂いて本当に感謝しております。



「すごく霧が晴れた経験を〜」とおっしゃってくださった Hさん、

WAIS検査結果の感想をシェアしてくださってありがとうございました。
「数値は嘘をつかない〜」 驚かれたのですね。驚きますよね(笑)。
その数値の多くが、育った環境と関係しているなんて・・ね!
私も‟報告カウンセリング”の中で、数値から可能性として述べた内容について、
検査を受けられた方々が、生育歴を振り返り涙を浮かべて納得されうなずく姿に接し
下位検査数値の意味することに鳥肌が立つ思いを何度もしています。
調べれば調べるほど深いなぁと思えるこの頃です。

Hさん
自信になったようでよかった!です。
自己肯定感・自尊心、本当に大事ですね。
結果を漏れなく持ち帰ること(笑)が出来たようで嬉しかったです。


これからも
FCCNが目指す「アセスメントの姿勢」:「愛のある検査」の方向性をしっかりと守り、
また、検査を受けてくださる方々との出会いを大切にしながら
自分の役割を果たしていこうと思っています。

シェアしてくださってありがとうございました、嬉しかったですし励みになりました。


             FCCN 律子



FCCN 律子 2011年12月24日 21時32分 [削除]

Aさん、Hさん、お二方の柔軟さが羨ましくて仕方ありません…。
 
おいらは霧が晴れたりすっきりした感情は起きませんでした。
律子さんがおいらの性格を理解して下さっているので、「受け取ってもらえないかなあ…」といいながらお話して下さったのですが、その通り、まじすか!?状態でざるどころか枠で受け取れないで帰宅しました。
何なら笑って誤魔化すと云う…(笑)


なのに、翌日の仕事で「こんな所で留まっているような自分じゃない」とおかしな間違った自信と、「こんな事も出来ないのに他に何が出来るんだ!?」と云う自己否定とで、何とも身が入らず宙ぶらりんな1日でありました。

どうも両極端なおいらです…(泣)

AD/HD傾向とうつ傾向は妙に納得いく結果でありましたが(笑)

いつかこの結果が素直に受け取れる日が来るのかなあ…。

未だに笑いながら結果を読んでいる自分が居ます(涙)




2011年12月27日 01時27分 [削除]

草さんへ

コメントありがとうございました。
このような率直なコメントも、とっても嬉しいものです。


>まじすか!?状態で、ざるどころか枠で受け取れないで帰宅しました(草さん)


(笑)<枠>でしたかぁ!?
ザルどころじゃない<枠>・・・
とても分かりやすい、楽しい笑える表現ですね。
じゃあ、よい結果を大切に私が持っていることにしましょう(笑)。
草さんが、もう一回受け取りたいな・・と思ったら
うんと目の細か〜いザルか、またはボールを抱えて来てね(微笑)。


と、ジョークはさて置き
よい結果を素直に受け取れる日が来るかどうか不安なのですね。

良い結果や自分が褒められると居心地が悪くなる・・・
多くのクライエントさんが、そうおっしゃるのをお聴きしています。

・これまでずっと自分のよい結果を退けることで自分を守って生きて来た・・・
・よい結果を受け入れないことが、より安全だった・・・
・自分の気持ちや感情が分からない
・自分の気持ちや感情を出すのが恐い

などなど、理由はそれぞれですが、
いずれも過去における体験が刷り込まれ
現在でも<枠>を使わせてしまうようです。


<枠>って、傷ついた過去の自分かもしれません。
じゃあ、<ボール>って?
・・ん・・自己肯定感・自尊心かもしれません。


FCCNに繋がって癒しの道を歩んでいる草さん、
時間はかかっても、
<枠>が、<目の粗いザル>に
<目の粗いザル>が、<目の細かなザル>に
<目の細かなザル>が、やがて<ボール>に・・・

草さんが、その道を歩んでいることは確かだと思えます。
今は、そういう日が来るのかどうか不安ですよね。
個人セッションやWSなどで、何度も大切に扱うことがポイントのような気がしています。

率直なコメント嬉しかったです。

ありがとうございました。







律子 2011年12月27日 16時25分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

催し物案内
FCCN C.Cとは?
スタッフ紹介
活動記録
参加者感想
サイトマップ
関連リンク集
事務局から
本の販売と報告
会員制度
Care Support
主な相談内容
トラウマ回復
カウンセリング&精神療法
子どものカウンセリング
発達が気になるお子様
IQ知能・技能検査
専門家育成
お問合せ・予約
自助グループ
自死遺族
様々な依存症
トラウマ
不安・パニック
カラー・カード
その他いろいろ

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

FCCNは個人情報保護に関する法令およびその他の規範を順守します。

Copyright (C) 2007 FCCN C.C All rights reserved.