2009年09月20日(日)

<お知らせ>西尾先生のWS [事務局から]

東京のウィークリー滞在の阿部です。こんにちは。急なご連絡があります。
FCCNでは西尾先生のリプロセス・リトリートワークショップを今年は阿寒湖畔で
来年は伊豆、再来年はカウアイ島を予定していました。関係者の方には予告させて頂いていましたね。

実は昨夜先生のご家族が亡くなられ葬儀の関係で明日からの研修会などが一部中止になりました。
西尾先生によると
それに伴い来年の来日スケジュールにも影響が出たようで
FCCNで企画していた伊豆でのワークショップが難しいとの事です。
非常に残念ですが状況的に諦めざるを得ないと感じています。
予定としては先生の来日も来年で最後となるようです。
ということは・・・・

北海道での西尾先生のWSは今回の阿寒湖畔での開催が最後となるという事に
なります(>_<)

うげげげげ〜です。

とっても残念ですが
お身内の不幸があっての調整では、この現実を受け入れるしかありません。

来年の最後の来日となる可能性にFCCNでの企画の西尾先生WSは出来ないことになります。

カウアイ島は秋の来日以外の日程で組もうと思っていますのでまだ諦めていませんが
来年になるか再来年のままにするかは今後状況をを見ながら検討していくつもりです。

ということで今この状況に対応するために今回のWSを
20人定員の所、北海道最後ということもあるので
枠を広げ30人まで対応することに致します。

若干枠に余裕を出しましたので
この機会を活かされる方は遠慮なく問い合わせ下さいませ。

ご自身のトラウマのケアや癒しはもちろん
心理専門家の方、またはそれを目指す方なども参考として参加されるのもOKです。




Posted by abe at 21時03分   Comment ( 68 )

コメント

ゆかり先生 こんにちは。

今回で北海道の開催が最後になるとのことで、
とても残念に思います。
反面、次回のカウアイ島に行く良い機会になるかな、
とも感じています。

職場での有給休暇の関係上、今の段階で平日にお休みすることが難しく、申し込みしようと考えてましたが、
情況を照らし合わせると、ちょっと難しいです。

受けるべき時期が来たら、どこかで西尾先生にお会いできるのかな、と楽しみにしています。

rumiko 2009年09月25日 09時14分 [削除]

阿部先生こんにちは。

今回のワークショップに思いきって参加を決めて良かったです。
先生との食事会も企画して下さって感謝いたします。
私は自分に癒しが必要なのだという自覚を得てから、色んなものに参加させて頂いています。
阿部先生がおっしゃる通りグループ療法と個人カウンセリングの併用に、効果を感じています。
どちらも受けると決めるまで時間がかかりましたが、理由をつけては怖わかったのだと今は思えるようになりました。
勇気を持ってどちらも受けるようになって、成長が感じられるようになりました。
阿部先生流でいくと、自分自身に『えらい!』ですね(笑)
これからもカウンセリングも受けながら、グループ療法も併用していきたいので、たくさん企画して頂けると嬉しいです。
最近こうやって要望もアイメッセージで伝えられるようになりました。
少しずつですが生きやすくなっているのも感じます。

2009年09月26日 03時47分 [削除]

rumikoさん、参加を決められたさん


コメントありがとうございました。
私は今、今度は仙台に滞在しています(笑)

明日と明後日は東北会病院の研修(西尾先生WS)に参加させて頂くことになっています。

セルフケアもたっぷりすることができました。

仙台の研修を終えたら
北海道に戻り、いよいよ北海道での西尾先生のWSです。

西尾三昧&斉藤先生とも会えて
自己強化週間、ばっちりエネルギーチャージできました。


さて
グループ療法はやはり効果が高いですので
個人カウンセリングとの併用はとても理想的な回復へのプロセスだと思います。

アイメッセージで要望も伝えられるようになったとのこと
それだけでも生きやすくなりますよね。

コミュニケーションはとても大事なものですもんね。

西尾先生の再来年のカウアイ島も実現に向けて
準備したいと思っています。

abe 2009年10月02日 21時23分 [削除]

ゆかり先生、こんにちは。

きのうは有難うございました。

毎日人の前で話をする職業で、
今日の午後から睡眠薬を飲んだかと思うほどの眠気がして、話をしていると、いつも間違わないような所で
間違ったり、眠すぎて自分で何を話しているのか分らないほど眠いのですが・・。

昨日は睡眠時間5時間くらいです。
リトリートで脳を刺激して、疲れが出たり
混乱したりするでしょうか!?

立ったまま寝れそうです 苦笑。

rumiko 2009年10月08日 14時49分 [削除]

西尾先生のワークショップお疲れさまでした。
行ってよかったです!!の一言につきます!
泣いて、叫んで、笑って、遊んで、楽しんでの
感情をフルに経験できた感があります。
阿部先生のやってくれたゴキブリジャンケンゲーム最高でした!!
こんなに楽しんだのは初めてかもしれません。
うつの私に楽しめる能力の種を植えてもらえた感じがしています。
感謝です。
FCCNの皆様本当にごくろうさまでした。温かい方々で嬉しかったです。
これからもFCCNの企画を楽しみにしています。
西尾先生にもよろしくお伝えください。
生まれかわりのワークのせいか、新しい自分が生まれた感じがしています。
本当に貴重で素敵な時間でした。
共有できたことも嬉しいです。

2009年10月08日 21時43分 [削除]

阿部先生、FCCNのみなさま、
そして参加されたみなさま、
WSお疲れ様でした。
まだ自分の中で色んなものが混沌としていますが、
とにかく直後の感想を書き留めたくてコメントします。

開始してすぐ、西尾先生の指示で最初に横になった時・・・・
「自分の一番好きな風景」をイメージしたとたんに
いきなり大きく反応してしまいました。
その風景は、私が幼いころに住んだ土地の風景でした。
春から秋、畑仕事をする両親や祖父母の近くで、
よく弟と遊んでいた林や小川、畑やそこに通じる道・・・
色んな魚やヤモリや鳥、虫などの生き物たち、草や木、
そして、その頃の家族・・・
母に採ってもらった山葡萄やコクワ、
一緒に集めたクルミを埋めておいて、
冬にみんなで割って食べた。
めったに旅行なんてしたことなかったけど・・・
一度だけ、「スケートするぞ」って父が言って、
父と母と私と弟で、近くの凍った池に歩いて行ったことがあった。
とてもよく晴れた冬の日だった。
父はあっという間にかついできたスコップ1本で、
池の氷の上の雪をかいて、すごく大きな(と、私達には見えた)
スケートリンクを作ってくれた!
弟と二人で、思う存分スケートして遊んだ。
すごくうれしかった。
父はなんてすごい人なんだろうと思った。
母はなにか敷いて珍しくゆったり座って見ていた。
なんでもない帰り道も、とても楽しかった。
そんな、私の一番好きな風景・・・
・・・でも、すごく泣けて泣けて困って、
なんで泣けるか考えました。

それはたぶん、その風景を、私は喪失してしまったからだと思います。
家も、牛舎も、納屋も、
祖父母(祖母はまだ19歳だった)が入植して、
父と母が苦労して大きくした畑や土地も、
ひとつ残らず解体され、重機でけずられた・・・
うちのシンボルだった大きな「ほうの木」も、
「じゅうりょう梨」の木も、みんな切り倒された。
私達は移転し、見知らぬ人々が今はそこに住んでいる。
移転後に認知症になった祖母はよく、
家にいるのに、「もう、わし帰る。送ってってくれ。」と言った。
川も変形し、あの池は一体どこにあったのかさえわからない。

「故郷がダムに沈んだ人のほうがきっと辛いはずだ」と思うようにしてきたけど、
私には、このグリーフワークも必要だと感じました。
ウォンさんのコンサートの際、
「ふるさと」でナイアガラ状態になったのも、当然だと思います。

ああ・・・1回じゃとても書ききれない。

台風、ひどいです。
西尾先生は無事に次に待つ方々の所へ到着できたのでしょうか。

naka 2009年10月09日 00時30分 [削除]

おはようございます。

今までFCCNの企画にいくつか参加させてもらっていますが
今回はおなじみの顔の他に
たくさんの新しい顔があって
驚きました。
でも何だかとっても嬉しくてわくわくしました。
たくさんの方々と話すこともでき、たくさんの情報も得られました。刺激的でした。

30人はさすがに多いですね。
個人的には少ない人数のほうが嬉しいですが
多くて良い面もありましたね。

生まれなおしのワークや
ゴキブリは、私もめちゃ楽しかったです。

おけら 2009年10月09日 08時33分 [削除]

コメントを付けて下さったrumikoさn、湖さん、naka
さん、おけらさん

こんにちは。
西尾先生のWS、御苦労さまでした。
この様に感想などのコメントを付けて頂けると本当にありがたいです。
今回は30人ととんでもない多い人数になりましたが
多ければこそのワークも取り入れさせて頂いたので楽しかったですね〜!
多いのでリプロセスワーク(やり直しのサイコドラマ)は1人しか先生にやってもらえないというデメリットもありますがね。

rumikoさん
WSが終わってから立ってても眠れるような状況だったようですね。
確かにWS参加の後は人によっては眠り姫の様になる方もいらっしゃいますし
逆に覚醒して眠れないという方もいらっしゃいます。
うつモードになる人もあれば、ハイモードになる人もありで、やはり人ぞれぞれのようです。
でも西尾先生も注意事項の時におっしゃってましたが
ある程度のうつやハイは自然なことですね。
WSはたくさんの感情が起こる場ですし、感情を感じるって結構疲れますよね。
私も12年前に最初に西尾先生のWS参加の際には3泊4日だったんですが
もうヨレヨレヘロヘロでWSの休み時間に死んでました(笑)
当時は一人一人が先生にリプロセスワーク(やり直しのサイコドラマ)をやってもらえたので
自分の番が来る前には頭痛マックスでしたし
終わってからはそりゃ〜もうもう。20年近く自分でも気付かないで封印していた感情が出てしまったので
倒れました(笑)

湖さん
ゴキブリジャンケン楽しんで頂けたようで嬉しいです。
あれはサンフランシスコの研修で西尾先生に習ったワークです。
私も参加した時にはもうヨダレを垂らすほどの大騒ぎでした。
うつの状況の人や、子供の頃に機能不全な環境に育つと楽しむということが苦手だったりすることは
多くあるので、ワークの中であの様な活動で楽しめるという経験もとても大切ですよね。
ワークの時って脳が柔軟になっていますので、体験したことや起こった感情は本物ですし
脳にしっかり経験としてインプットされます。
その記憶だけでも昨日までの脳と違いますよね。楽しんだことで脳内に良いホルモンが分泌されるのは
想像がつくと思います。うつの薬位の効果かもですね。

nakaさん
最初のアンカリングのイメージの時に多くの反応があったようですね。
素敵な思い出の場所ですね。今は喪失していることに気付かれたようなので、寂しさや喪失感は感じますね、
とはいえ
ふるさとというものを心の中に持てているのは素敵なことだと思います。
お勧めのワークがありますので今度このテーマでグループワークの際に取り組まれるといいかもしれませんよ。
素敵なワークになること間違いなしです。

西尾先生は8日の日、無事飛行機が飛んで帰ることができました。
台風だったのでハラハラしましたが何とか無事飛ぶことが分かって
空港でホッとしました。手続きなどを終えて時間があったので
数人と山花リフレに行って散歩したんですよ。
私は喘息が出てしまったのでちょっとだけしか歩かず乗馬してました。先生たちは4キロ以上歩いたようです。

おけらさん
いつもありがとうございます。
30人、驚いたでしょう。
FCCNでは濃いワークを目指しているのでいつも8人〜10人のワークに設定させて
頂いているので今回も迷ったのですが、最後ということもあって
枠を広げて受付させて頂いたという経緯があります。
一時はどうなることかと思いましたが
さすが西尾先生、ちゃんと対応して下さいましたし、後半部分は私が担当するようにおっしゃって
下さっていたので普段できない大人数だからこそのワークを取り入れてみました。
ゴキブリワーク、個別でもたくさんの楽しかったというメールを頂いています。
楽しかったですよね〜。最後のゴキブリちゃんは西尾先生のメッセージとおまんじゅうをもらえて良かったですよね。
ゴキブリのまま終わったらトラウマになる??(笑)西尾先生と相談して
おまんじゅうとメッセージを用意しました。
ゴキブリのままの方が良かったかも(^^)v

生まれ直しのワークも昔から先生が取り入れられているものです
私も何度か経験していますが
進行させて頂いていても涙涙のワークです。
楽しいワークなのに涙が出る、不思議なワークです。
斎藤先生もサンフランシスコで西尾先生のWSに参加して
その時のことを何かの本に書かれていますが
このワークのことも面白いワークと書かれてましたよね、
斎藤先生もリプロセスワークの主役の経験があるとその本に詳しく書かれていました。
なんの本か忘れちゃったけど(>_<)

来年は西尾先生のWSがFCCNで行えないので、
再来年は行えたとしても西尾先生のWS、海外でのWSになりそうです。
みんな〜お金貯めておいてね〜!英語も習っておいてね〜!

abe 2009年10月12日 09時00分 [削除]

みなさん、こんばんは。

西尾先生のWS・・・・振り返ってみて、私は自分によいモノをたくさんあげられたなァって
しみじみと思えるんです。
3人組で、リプロセスワークをやった時に
以前にやった時と、少しですが違う反応が出ました。
終わってから、(あァ〜自分の中で何かが変化している・・・)と
探りたい気持ちになっていました。

何度でも同じ場面を、扱っていきたいとも今思っています。

西尾先生が行ってくださった一つ一つのワークの意味の深さを思って、
ただただ感動と勇気が湧いてくるのを感じています。
西尾先生の集大成の“スタディキッド”・・・ゆかり先生のサポートの下で
行える日が来るのも楽しみにしています。

30人という多くの人数でしたが、みなさんが自分のために、
この場を選択して来られたことに感動していました。
多くの仲間がいる・・・何て力強いものを頂けたか
この気持ちを伝えたくて伝えたくて、仕方がない自分を感じています。

西尾先生、ゆかり先生、そして多くの仲間のみなさんの存在に心から感謝しております。

それぞれが今自分の場に戻り、それぞれのペースで一歩一歩
螺旋階段を歩んでいることを忘れずに、
私も学びと自分の癒しを続けようと思っています。

本当にありがとうございました!

感謝を込めて   りんご











りんご 2009年10月13日 21時01分 [削除]

阿部先生、こんばんは。
お返事ありがとうございます。
西尾先生も無事に出発できたそうで、よかったです。

オススメのワーク・・・いつかしたいです。
他にも色々やらなきゃならないけど。
楽しみです。(←無知&こわいものしらず)(^_^;)

WSの「気づき」の つづき・・・

一番古いトラウマの場面の絵と、
親との「契約」を書いた紙、
やぶって捨てましたよね。
あの時、実は「やぶりたくない!」と思ってしまったのです。
自分でも「ありゃ?」と思いました。
躊躇して、すごく困りました。
たぶん、寂しかったのです。
契約を破棄することも、
あの場面をなかったこと?にしてしまうのも。
確かに悲しい思い出なのですが、
あの日があったから、今の私がいるとも思えました。
現実の親と、自分の中に取り込んだ「親なるもの」の
区別が私はまだできていないということなのでしょうか。
でも、確かに破り捨てたからといって、
実際の親と縁が切れたわけではないですしね。
悲しみを思いっきり感じて、
やり直しのワークもしてもらって、
その悲しみを少しは流せて、
そして少しは前へ進めているのでしょうか。
WSのあの日よりも。

それと、リプロセスワークで役をさせていただいた時・・・
自分のスイッチの入る早さに驚きました。
最初はどうしていいかわからなかったのですが、
始まったら一瞬で役になりきっていたと思います。
でも、同時に、畳にポタポタ落ちていく涙の形を
上から冷静に見つめている自分もいました。
子ども達を抱いて逃げる時は、ものすごく必死でした。
絶対に指一本触れさせない、という強い気持ちで抱いていました。
どういう感情かわからないまま、声をあげて泣きました。
ワークで役をさせてもらった場合も、
役をせずに見ている場合でも、
大きく反応する時と、そうではない時があるので、
今回のような激しい反応は、
きっと私自身にも何か大きな意味があるのでしょうね。
ああ・・・もしかしたら・・・
ああやって、私も誰かに守ってほしかったのかな?
う〜ん・・・そうなのかな・・・?(T_T)

ちょっと不謹慎かもしれないけど、
自分って不思議で、おもしろいと思ってしまいました。
そしてなんて健気!とも。
泣きまくりで疲れてヘロヘロになるんだけど、
それでもやっぱり、またやりたいと思うのでした。

naka 2009年10月17日 01時01分 [削除]

こんにちは
私も泣きすぎて疲れてヘロヘロになるのですが
何故かまたワークを受けたくなるのです。
きっと本当はたくさん泣きたかったのだと思います。私も自分の色々な反応からどんどん何かがクリアになっていく感じがして
目の前の霧というかモヤが晴れてきているのを感じています。
数年間まで何故なのか分からない中でも、なんとなく毎日生きているのが漠然と辛くて
対人関係でも疲れていました。
カウンセリングも受け始め、ワークショップも受けるようになって、漠然とした生きにくさが少し軽くなりました。
トラウマには、もういいかなと思うまで
逃げずに向き合います。
というか何がトラウマなのか分からないのもあるのですが(苦笑)
まあそれをカウンセリングとワークショップに出て
見つけていくのが快感になっています(笑)
自分を知れて、自分に必要な涙を流せてあげられる事が過去の私へのプレゼントですし、癒しそのものなのかもしんないです。
まだまだ自己投資するぞ!たくさん泣いてあげるからね−自分!

2009年10月17日 08時09分 [削除]

そうか・・・「自分に必要な涙」!
そうなんでしょうね。
安全な場所でああやってあふれてくる涙には、
必要のない涙なんて、きっとないんでしょうね。
今度はあれこれあまり理屈を考えすぎずに、
もっと感情をニュートラルにして、
流れにまかせてやってみたくなりました。
どなたかわかりませんが、ありがとうございます。

naka 2009年10月18日 01時59分 [削除]

りんごさん、nakaさん、泣いてあげるからね自分さんへ

こんにちは
コメント大切に読ませて頂きました。

西尾先生のWSを通じて、色々な経験をされてらっしゃるのが伝わってきました。

それぞれに色々なことを感じ、考え、自分に向き合い
ワークの中での気付きや経験、本当に素敵で
大切なものですね。

ここでこうして共有して頂けることも
とても嬉しく思っています。
心から感謝いたします。

私も自分がクライアントとして参加する時には
泣いて疲れてヘロヘロになるのですが
また受けたくなる一人です(笑)

日常では得られない気付きや自分の中の発見
そして癒しの涙、仲間との素敵な関係性
どれも癖になるものばかりですよね。

配役をやって起こる反応
仲間のドラマを見て起こる反応
どれも意味があると思います。

日常では気付き得ない所まで、WSは気付かせてくれたり
反応から自分を知ったり
WSは奥が深いですよね。

何度受けても
何度企画しても
斎藤先生と西尾先生のWSは私は大好きです。

そして
WSに参加されていらっしゃる方々の力を感じ
感動をおぼえ、同時にウカウカしてられ〜ん。と焦りを感じる私も居たりします(苦笑)


今回も斎藤先生同様、自分は企画側であり、リプロセスカウンセラーの立場なので
クライアントになれない寂しさはもちろんありました。
また同じく先生が帰った後、なんともポッカリ感もありました。
その状態を大切にしていると、またまた元気が湧いてきて
楽しく仕事が出来ています。

9月は自分強化週間が2週間も取れたので
存分に西尾先生と斎藤先生のエキスをもらってきた事も影響していると思います。

専門家になっても自分の癒しとメンテナンスは私の責任ですし
学び続けることも含め、これからも自分を大切にしていこうと思っています。

今年はあと11月にアディクションの学会にマネージャーの石山と福島まで出かけて
あとは
12月の宿泊型リプロセスワークショップの準備に入ります。
私が行う宿泊型WSはFCCNに名簿登録されている方限定の案内とさせて頂いておりますので
近くなりましたらご案内が届くと思います。
例年通り少人数制で行いますのでご理解頂けると幸いです。


abe 2009年10月19日 17時28分 [削除]

みなさま、こんにちは。りんごで〜す。

時間が無い!といつも思い、バタバタしながらも
こうして書き込みをしたくてたまらない私です、笑ってください。

苦しい時、心細い時、西尾先生や斎藤先生、ゆかり先生とのWSや
みなさんとの学びの場を思い出して
勇気や力を頂いて、またやろう!と頑張れる自分を嬉しく思っています。


>専門家になっても自分の癒しとメンテナンスは私の責任ですし
 学び続けることも含め、これからも自分を大切にしていこうと思っています(ゆかり先生)。

ゆかり先生のこの言葉、以前にもお聴きしておりましたが、改めて心に迫って来ています。
一生自分の責任で、自分を癒し、学んでいく・・・私も再度心に刻みました。
自分の問題から逃げないことが、自分を大切にすることだと確認しています。

私にとってこの場は、シェア出来る場 + たくさんの気づきと勇気を頂ける場 + 深い学びを得られる場になっています。

大きな声で「ありがとうございます!」と言いたい気持ちを込めて・・・りんご





りんご 2009年10月21日 09時42分 [削除]

遅くなりましたが・・
今回の阿寒湖WS、本当に参加できて良かったなぁとつくづく感じています。関西に戻り、自身の担当カウンセラーに、毎週WSの時のことや北海道で過ごした日々のことを話しています。でも、その中でもやっぱり私が一番心に残っているのは「ゴキブリ」です(*^□^*)

私はセラピーで、担当カウンセラーと遊びを通して色々な体験をしていました。しかし、途中私生活の中で色々なことがあり、夏前頃から遊びを止めてしまっていました。自分に、自分で遊ぶことを禁止していたのかなぁ。。Φ(..)

カウンセラーから遊びを誘われても、頑なに拒んでいる自分、でも本当は遊びたいと思っている自分・・心の中で随分葛藤していました。でも・・

今回阿寒湖WSでゴキブリという遊びを体験し、「私はやっぱり遊びたい!!」とハッキリ感じました。ゴキブリの説明を聞いている時、男性の参加者もいる中でゴキブリをするなんて・・と強い抵抗を感じていました。でもその反面、その遊びの内容に目をギラギラさせて真剣に聞いてる自分もいて・・

実際にゴキブリが始まったら、これはもう楽しくて楽しくて。他の参加者の方々も本気で遊んでいる感じが伝わってきて、私もその雰囲気に呑まれるかのように遊び始めました。じゃんけんの拳や掛け声、歓声にも自然と力が入り、夢中になっていました。ゴキブリ→犬→猿→人間と勝ち進み、西尾先生から黄色の冠を乗せてもらう時は、何だか勝ち誇ったような気分にさえなりました。


その後自宅へ戻り2週間・・
早速、セッションでそのことを担当カウンセラーに話しました。本当はWS後直近のセッションの時に、早速遊びたかったけど・・

WS前後で2週間セッションが空いてしまったから、積もる話しが沢山あったり、北海道の思い出の写真をカウンセラーと共有している内に時間はあっという間に過ぎてしまい。。しかも本当は箱庭をしたかったけど、調度自分のセッション設定時間と同時間帯に、他のクライアントさんが箱庭を使っていて、しばらく使えないかもしれないと言われ、「せっかく遊びたいと思えたのに・・」とショックな気分で帰りました(Tω\)

そして、WS後2回目のセッションが今日ありました。そしたら、今日は担当カウンセラーも、初めから遊びをできる準備を整えてくれていました!!また、クリニックの院長と担当カウンセラーが相談してくれ、箱庭をもう1台購入してくれることになり、来週のセッションまでには届くとの事\(^O^)/今日は、他のクライアントさんが使い終わった後、他のセラピールームから私のセラピールームまで箱庭を運んできてもらい、ようやく一緒に遊べました(^o^)v

「遊びたい!!」と自覚した時、箱庭で使えるように阿寒湖のスピリットを買っていこうと決め、旅館の売店で絶好のスピリットを見つけ、前回セッションに持って行っていました。なので、今日はこれも使いました。

「遊ぶ」って簡単なようで実は難しく・・「誰かと一緒に遊んだ」という経験が殆どない自分にとっては、一層難しいです。でもセッションでカウンセラーと一緒に遊べると、何故か心地よく、嬉しい感じがする・・どうやって遊ぶの?遊ぶってどうやるの?とか、箱庭自体も自分一人だとあの空間に何を置いたら良いのか分からなくなってしまい何も置けないのに、カウンセラーと「一緒」にすると、不思議と自然に置ける・・何だか不思議な感じです。でも自身にとって「一緒」というのが大切なキーワードなのかなぁとも感じています。

カウンセラーと自分と2人のセッションでは、ゴキブリのような遊びはできないけど、これからも沢山「カウンセラーと一緒に」遊んでいこうと思います!!

長文失礼しました。
P.S.何か2人でも出来る遊び、お勧めのものがあったら、是非教えてください(^ш^)/^

キャメル 2009年10月22日 01時05分 [削除]

りんごさん、キャメルさん 
コメントありがとうございました。
地方勤務でネットカフェからアクセスの阿部です。
タバコ臭いのでマフラーで顔半分を覆面の様にしながらこれ打っています。
(想像してみてください。かなり怪しいです^^;)

りんごさん

>私にとってこの場は、シェア出来る場 + たくさん>の気づきと勇気を頂ける場 + 深い学びを得られる>場になっています。

こう言って頂けるとこの場を運営管理させていただいている立場として
とても嬉しいです。

毎日すごいアクセス数で
関心の高さを感じています。

子供の頃の環境は選ぶことが出来なかったけれど
大人になってからの自分の人生をどう生きるかは自分の責任の範疇であると、12年前に西尾先生に教えてもらい
目からウロコの私は、その後も言われた「専門家になる以上、癒しと学びは一生ですよ。」の言葉を胸に
自分の生き方は自分の責任。と肝に銘じ日々生活しています。

こう思えるようになったら、過去の我慢ばかりで周りが悪いと文句ばかり言っていた自分が変化していきました。
今は本当に幸せです。
もちろん生きているから悩みもあるけど、それも成長のチャンスと受け止められるまでになりました。
自分のキャパを超えたら、セルフケアとしてカウンセリングを受けたり、スーパーバイズを受けたり、仲間と話したり、本当に以前と生き方が変わりました。


キャメルさん

コメントありがとうございます。
遠く関西から、この場にコメントを頂けてとても心が暖かく感じました。

北海道でのたくさんの思い出を感じて下さっているのが伝わってきました。
生まれも育ちも北海道人の私は嬉しいです。

さてWS、ゴキブリ楽しかったですよね〜。
私もゴキブリ参加ではなく、進行係りでしたが
めちゃめちゃ楽しかったです。

キャメルさん同様、みんなの歓声や雰囲気が自然な感じでした。

みながキラキラな眼差し(ギラギラもあったね)(^^)
歓声と、あの場の楽しむエネルギーとで私もたくさんのパワーをもらえた感じがしました。

キャメルさんも
担当のカウンセラーさんとも楽しい時間を過ごされていらっしゃるのですね。

私も子供とセッションをたくさん持っているので
その時はプレイ(遊び)がカウンセリングの媒体なので
たくさん遊んでいます。

2人でできる遊びとのことですが
無限大にありますよ(笑)

「スクイッグル」もとっても楽しいですよ、
お互いに一本づつクレヨンを持って、最初の一人が
クレヨンで適当なものを描いて、それをもう一人がそれを絵に仕上げるという単純な作業ですが
結構面白くて子供は喜びます。


ほかには
「まねっこ積み木」というのもあります
色と形がいくつかそろう積み木を2組用意します。
小さな四角の青、大きな四角の赤、円柱の黄色、三角柱の緑、大きな三角の赤、小さな三角のピンク、などなど
何種類かを2組です。
一組づつ互いに持って、机の前に向かい合わせに座るのですが、間にツイタテをおきます。
一人の人が最初にそれらの積み木を使って積み上げ形を作ります。
もう一人のほうはツイタテが開いてから制限時間内に「同じもの」(色も順番も形も)を作るというものです。
制限時間は短めだと面白いですよ。最初にモデルを作ったほうが数えます。
順番に交代してできます。

ほかには
「自分ふくわらい」ツイタテバージョン

これは
まゆげ、鼻、唇、めがね、りぼん、ほくろ、鼻水、ほっぺ、しわ などを画用紙などで作り、「2組」用意します。
それに両面テープを裏につけて
顔に付けられるようにしておきます。
そこでまたツイタテを真ん中に用意します。
補助に鏡も用意します。
作る顔のパーツは面白ければもっといいです。

先行の人が作ったものの中のどれを使ってもいいので顔にくっつけます。
その間、相手の人は目をつぶる、または後ろを向いている
OKが出たら、相手の顔とまったく同じ顔を自分にします。

このとき、ほくろや鼻水、しわなども同じ方向につける必要があります。
相手が右に鼻水なら自分も右です。
これ結構間違います。
これも制限時間ありだと楽しいです。人は慌てると高揚します。
正解は二人で並んで鏡を見て比べて同じだったらOK!!これも交代でやると面白いです。


ほかには
「せーの、ドン」です

何でも良いので物を2つづつ用意します。野菜だとしたらにんじん2、きゅうり2、ピーマン2、芋2、トマト2とかです。おもちゃのままごとの野菜でもOKです。
人形でも、手袋でも、何でも2つづつあるならOKです。
何種類か用意します。
最低5種はあったほうが良いです。
これをまた互いに用意して、ここでもツイタテを真ん中におきます。
先行を決めて、「せーの ドン」の合図で先行の人がその中のどれかを上に上げます。
相手のほうは同じものをせーのドンで出せたらクリア!
違ったものだったらノークリアです。
何回か合うまでやります。

これらのすべてに、勝敗を決めて、何か手作りの景品とかがあっても面白いですよ、
もちろん景品つくり作業も一緒にやると楽しいです。

ほかにもたくさんたくさんありますが
今回はこの辺で。
いつか子供のセラピーの手法の本を出そうと思っています。
ではまずは手始めに担当のカウンセラーとやってみてくださいませ、担当カウンセラーにくれぐれもよろしくお伝えくださいね。

abe 2009年10月22日 21時44分 [削除]

ゆかり先生、こんにちは。

1週間くらい前から夢日記をつけています。
朝起きたときに覚えている内容を書くのですが、
リトリートとセッションの相乗効果もあると思うのですけど、ここ最近気づきがあります。

今朝、宝ものは自分の中にあるのではないか・・
と言う言葉がぼんやりと頭に浮かびました。

同時に今までは何を大事にしてきたのか??
と疑問に思いましたし、自分の気持ちや心よりも
別のことを優先していたのかもしれない・・と、
なんとなく考えました。

今までに読んだ本を読み返してみたり、
アファメーションCDを聴いたときに、
以前とは違う受け取り方をしている自分がいると感じます。

これまでは、自分に優しく・・
とか自分に自信を持って・・
と頭では解っていても、どこか無理をしている感が
あったのですが、素直に
そうだよね・・と感じるようになりました。

ものすごく小さい変化かも知れませんが、
自分にとってはとても大きな一歩に感じています。

脳の神経回路って不思議ですね。
どこかで一つつながると、いっぺんに2つか3つくらい
これまでの事もつながってくる気がします。

rumiko 2009年10月23日 08時50分 [削除]

rumikoさんへ


こんにちはコメントありがとうございます。
レスがすっかり遅くなり恐縮です。

脳の神経回路、本当にご経験の通りで不思議ですよね。
目に見えないのでなかなか説明しにくいので
WSやセラピーなどに参加して、実際にこの変化を経験して、その上その事に気付くことで初めて認識されるものですからね。

でも自己認識なども
思考についても、セラピーなどによる脳の揺さぶりを経験し、そのあとに健全なものを入れるという一連の作業で
脳の回路が変わっていくことは事実のようです。
これらの効果があることが分かったので、私たちのような専門職の必要性が出たということになりますね。
WSは全体にこの作業が組み込まれているので
その後にアファメーションがすっと入ってくるという経験や
今まで降りてきたことのないような思いがふっと降りてくるというような経験を
される方が多いです。
例えば何気にふっと「こんな自分も結構好きかも」とかいうような思いです。
FCCNにいらっしゃって自分の問題から逃げずにちゃんと向き合ってらっしゃる方の多くに
この様なことが起こっているようです。これも皆本人の力なんです。

脳の回路は一つつながると2つも3つも変化というのも
本当にその通りなのだそうです。
なので基本的なトラウマ的なものに揺さぶりをかけて
良いものを入れていくことで、繋がってなかった回路がつながりだし、アファメーションなども日々自分に与えていくうちに、心地良い思考が生まれてくることも起こりますね。

本当に不思議です。

私自身が自分の経験からも感じていることですが
人間として同じなのに、12年前の私という人間とは別人の様な生き方ができるようになっています。
不思議でしょうがありません。
生きていてもしょうがないと思って、本当に常日頃死ぬ事、消える事を考えていたはずなのに・・・
今はもっと生きたい、色々なことをしたい、楽しみたい、語り合いたい、使命を果たしたい、豊かになりたいなどなど色々感じることができます。
不思議です。
私も脳の回路が変わったようです(笑)
自己投資してきて本当に良かったと思います。ワークショップなどは結構な出費ですからね。
無意識に不幸で居ることを好み、自分の幸せリミッター(制限してしまう)のを外せたというのもあると思います。

あと夢日記を付けられて
ふっと降りてきたものがあるのですね。
夢セラピーというのがあるので、次回のセッションで取り扱いましょうか。
きっと今回降りてきた
宝物は自分の中にあるのではないか
というのは事実だと思いますよ。夢って自分に気付かないことまで
しっかり気付いていてくれて必要なアドバイスを夢を通して送ってくれるものです。
どんな夢であっても必ず夢を見る人にとって「建設的な意味」があるそうです。
実際にそうです!マジで!

abe 2009年11月03日 08時32分 [削除]

西尾先生のWSで、最後までゴキブリだった私です。
なぜあんなに夢中になったのか、不思議なくらいあのゲームを楽しんでいました。
 ゴキブリ、犬、猿まではじゃんけんで勝てることもあったのに、どうしてもまた犬、ゴキブリに戻るんです。だから、ほとんど床ばかりみていて、気がついたら部屋の壁がわに金の輪を頭につけた「神様」がずらーっと並んでいるのを見たときは、ショックでした。
 「私、ずっと何してんだろう〜」
 ゲームの終わりに西尾先生から渡された手紙、その中に書かれていたことばをみなさんとシェアしたいと思います。

  「一歩 一歩
    ゆっくり進んで行きましょう
              K.Nishio Oct’09 」

 

izumi 2009年11月04日 14時32分 [削除]

ゆかり先生へ

こんにちは♪

レスありがとうございます。


>今はもっと生きたい、色々なことをしたい、
>楽しみたい、語り合いたい、使命を果たしたい、
>豊かになりたいなどなど色々感じることができます。
不思議です。

こんな風に大きく気持ちの変化があるのですね。

私も自分自身が今の苦しい時期を乗り越えて、
また前向きな自分に戻れるのを希望にしています。

結婚のことで大きな台風に巻き込まれるまでは(笑)
(自分から巻き込まれたのか、
その辺りは解りませんが;)
今のゆかり先生のように、
色いろな事に意欲を持ち、努力したり乗り越えたりして、楽しく生きてきたと思うのですが、
どこで何がどうなって、こんな苦境に身を置いているのが自分でもよく解りません ><

希望を持って、もう少し進んでみようと思います。

どうもありがとうございます ☆

今日は金曜日ですね。
楽しい週末になりますように^^

rumiko 2009年11月06日 09時08分 [削除]

izumiさん、rumikoさん


こんばんは
コメントありがとうございます。
私は今週福島で4日間過ごし、今日は東京のホテルに滞在しています。

izumiさん、ゴキブリで頂いた 西尾先生のメッセージ
この場で共有して頂けて感謝です。ありがとうございました。
最後までゴキブリ大変でしたね。途中で神様に昇格した仲間のことも目に入ったようで、焦りますよね(笑)
私もアメリカでこのワークに参加した時は、もうもう負けるたびに焦って
ヨダレを垂らす勢いで騒ぎましたもの。絶対にゴキブリのままは嫌〜って(笑)でも楽しかったです。

izumiさんも最後までゴキちゃんだったけど
夢中になれたようで、仲間との楽しいひと時でしたね。
あの様な経験で、人間の脳内でとても良いホルモンが分泌されるとのことで
特に精神的に良い影響がおこると言われています。
意味のあるワークなのが分かりますよね。
特に子どもの精神の成長にあの様な「キャッキャ体験」はとても大きな意味をもつと言われています。
子どものセラピーの中では「キャッキャ体験」そのものがセラピーになりえるんですって。
子どもの頃にこのようなものが無かった場合、大人になってから補ってあげることもできますね。

rumikoさん 昔は今の私の様に色々なことに興味を持ったり、楽しく過ごされていらっしゃったのですね。
結婚を機に辛い思いをされたようですのでそれなら、どうしてなのか考えちゃいますね。
人は傷つくとエネルギーが無くなってしまいますし、簡単に無気力になったりすることもあると思います。
ある意味それは傷ついたことによる健康な反応でもあります。
一時期そうなっても、以前楽しんでいた事実があるのでしたら、自分をケアしていくことできっと以前のような自分とまた会えるかもしれませんね。
人は皆赤ちゃんの時は天真爛漫なエネルギーに満ちているものですから、例えどんなに過酷な過去を持っていても、自分を見捨てずに癒していったり、ケアをしていくことでほんとに自分を取り戻せるということはよく言われていることでもあります。
また逆に人は日々刻々と変化していく生き物だからこれからの自分もまた変えられるとおっしゃる専門家もいます。
どちらも言えることだと思います。

さて楽しい週末を、とのコメント嬉しかったです。
rumikoさんのコメントの威力で(笑)めちゃめちゃ楽しい週末でした。
土日福島で嗜癖行動学会が開催されてマネージャーと共に参加してきました。
私は少し早く福島入りをして、18年前に福島にお嫁に行った高校時代の仲良しさんの家に初めて遊びに行かせてもらい、観光もしてきました。
初福島だったのですが、家の裏に柿の木があって柿の実がたくさんなっているんです!!
もうそれだけで感動(笑)
道路の横にはリンゴが一杯なってる!
日本って広い〜を感じる瞬間です。
金曜の夜には一人で映画も観てくることができました。
マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITです。
生前は特にファンというわけでもありませんでしたが、映画を観ている間も涙がどんどん流れてくるし、最後にもたくさん泣きました。
亡くなってから彼の音楽的な才能の凄さを垣間見た感じです。
生きている時から音楽は聴いたことがありますが、整形の繰り返しや浪費アディクト、本当かどうか知らないけれど小児性愛の噂などを耳にしている中で
「幼少期のトラウマを持って後遺症が現れている」という意味で同じ仲間だなとどこかで思ってもいました。
今回の映画は、彼の才能の凄さを感じた感動などもありましたが、多くは仲間の一人が「自分のトラウマの癒しをするなどの自分をケアする」ということに繋がらずに亡くなってしまったなという喪失感がありました。ある意味での後遺症からの短命だったように感じてなりませんでした。
専門家の中では色々な後遺症からくる問題行動が、ある方向からは「間接的な自殺」という捉え方をする側面もありますが、そのことを感じないではいられませんでした。
彼の世界への影響はものすごいものがあるでしょうから、彼の死に対する考えや意見も様々なものが出てくるでしょうね。
今回のコメントはあくまでも私個人のものであることをご理解して読んで頂けたらと思います。心からご冥福を祈ります。
同時に、彼が映画の中で言っている地球を救っていくのをいつかではなく今やろうと言うようなメッセージ、私も私に出来ることをささやかながら引き継ぎたいなと感じました。
映画はお勧めです。
天国でコンサートをしているとしたら、きっと私の母は見に行っていると思います(笑)

さて学会では
恩師のS先生ともお会いすることができましたし、新しい出会いもあり、心理精神分野での人と人とのネットワークの大切さや偶然の凄さなども感じました。
人の温かさや愛もたくさん感じることができました。(私も成長したな〜)←遠い目

土日はマネージャーとも一緒で、買い物行ったり、プチ観光も行けたり、学会の内容も勉強になることもあったし、学会懇親会や2次会も連れて行ってもらい、めちゃめちゃ楽しい週末でした。生きていることに感謝。
自分を見捨てずに癒し続け、学び続け、ケアし続けたことに今更ながら、自分にも周りにも運にも、全てのものに感謝。そんな週末でした。
また北海道に戻って頑張るぞ〜。

abe 2009年11月08日 22時05分 [削除]

阿部さんこんにちは

お久しぶりです。
キャッキャ体験の効果、本当にそうですよね。
私も数年前にこの効果について習った時、半信半疑でしたが
臨床現場に戻って、このことを取り入れてから
情緒の発達に成長や変化を感じます。
子どもだけではなく、大人も効果があると思っていましたが
やっぱりそうでしたか。
N先生も「楽しむ力」って言いますが、これは本当に「力」がないと楽しめなくて私自身苦しかった経験があります。
冷めてるというか・・・
楽しんでるように見えて、どこか空虚だったり
自分はその場に合わせているだけなのかとか・・
色々考えさせられてました、自分自身の体験上では。
でもこんな私もこの8年、様々な学びと癒しなど
ワークショップも受けてきた中で
阿部さん同様、ずいぶん成長して本当の自分を取り戻せたと思っています。
完璧ではないけど、十分な位、自分でいられるようになりました。
一緒にいる相手によっては心から楽しめるようにもなりました。
今回は、学会参加できませんでしたがまたどこかの学会でお会いできるのを楽しみにしています。
お互い臨床の場で楽しくやっていきましょう。
阿部さんのこのサイトは落ち込んだ時に訪れて元気と勇気をもらえています。ありがとう。

umi 2009年11月09日 06時34分 [削除]

umiさん


お久しぶりです。お元気そうですね。
コメント付けて頂けて嬉しいです。ありがとうございます。

キャッキャ体験、本当にそうですよね。
私も習った時に、キャッキャ体験が情緒発達を促すと聴いて
なるほどと思いました。

実際の効果はやってみたら分かりました。

特にカウンセリングの場面で出会う子供たちには
必須な経験に思います。

恐怖や不安、傷つき体験で情緒が縮んでいるとイメージした時に
セラピストとの面接時のキャッキャ体験は
すごい心の解放という感じが見て取れます。

笑いすぎて涙出そうになっている姿も見られます。

活動によってはキャッキャではなく
きゃ〜きゃ〜あはははと盛り上がる事もありますが
とても良い表情をします。

そして尚、ラポール関係が更に深まるのを感じます。
その活動をすることで突然
子供から深い話しをしてきたりすることもよく起こります。

凄いですよね。キャッキャ体験。

先日の西尾先生のWSでもさせて頂いたゴキブリワークも
大人キャッキャ体験なので、凄く盛り上がりましたもの。
大人数ならではのキャッキャ体験でした。

umiさんも同じく、カウンセリングやワークショップ、学びに癒しにと取り組まれてきてらっしゃいますもんね。
やっぱ成長しますよね〜ホント。
その時はなかなか気付きにくいものですが
振り返ったらその変化に感動したりね(笑)

こちらこそまたどこかの学会やワークショップでお会いできるのを楽しみにしています。

abe 2009年11月12日 07時25分 [削除]

今さらかもしれませんが・・・
質問させて下さい。

リプロセスワークってどのようなものですか!?

コメントを読むたびすごそうっ。と感じます。
参加した方たちがヘロヘロになるくらいの気づき。
ヘロヘロは大好きなのでとても興味があります。

一対一のカウンセリングではなく、みなさんで行うものなのでしょうか。
そうだとしたら、その効果は一対一とはどう違うのでしょうか。

私は摂食障害ですので、とくに摂食や依存症への効果に興味があります。

misa 2009年11月13日 20時19分 [削除]

こんばんわ。
このコメントやFCCNのHPなのに、私事のリンク紹介をして良いものか悩んだのですが。。


私は最近ブログを始めました。その中には、自分の個人カウンセリングの様子や、リプロセス・リトリート、ワークショップのことなども書いていっています。今後も自分のカウンセリングの様子や、アダルトチルドレン・AC、自身の問題についてなど色々なことを書いていこうと思っています。

そこで、あくまで私の主観の内容ですし、自分のこんなブログですが、誰かの何かのお役に立てば・・と思い、書かせていただきました。よろしければ、のぞいてみてください。コメントなども是非是非入れてください。

※ワークなどの内容に、参加者のプライバシーや個人を特定されるような内容は書いていないので、どうかご安心下さい。

※先生、勝手に申し訳ありません。もし不適切であれば削除しますので、ご連絡下さい。


http://blog.goo.ne.jp/my-camel

キャメル 2009年11月13日 21時33分 [削除]

立て続けに申し訳ありません。

「http://blog.goo.ne.jp/my-camel」

のブログのURLを載せましたが、直接リンクできるような表示にはならないようです。
が、投稿者の名前の部分「キャメル」とある部分をクリックすると、このURLのブログにリンクすることができるようです。

よろしければどうぞm(_._)m

キャメル 2009年11月13日 21時36分 [削除]

misaさん、キャメルさん

質問とフォローありがとうございます。
返信が遅くなり恐縮です。
毎日が「あわわあわわ」している感があります(もう少し落ち着ける様にしたいです)

misaさん、グループ療法(ワークショップ)への質問ありがとうございます。
今回企画させてもらっている12月のWS、限定先行案内をさせて頂いてもらったのですが、受付開始から20分で定員全て埋まってしまいました。
定員以外の方の申し込みもある状況です。
このことでも想像ついて頂けると思いますし、様々な生き難さをテーマにして
治療および、回復の観点から考えると効果が高いと言われていることが多いです。
もちろん賛否両論なのは世の中当たり前ですが、私は自分の依存症や自殺願望などなど、トラウマからの後遺症と考えられる様々な生き難さからの回復において
グループでのセラピーを受けたこともとても意味を持ちました。
キャメルさんもご自身の経験をブログで書かれていて
それを紹介して下さっているので参考になりますね。
キャメルさんありがとうございます。
全く問題ないです、むしろフォローしてもらえた感があって嬉しかったです。



個人とグループの違いですね

そうですね。
どちらもそれぞれに効果はあると思いますし
どちらもあった方が理想的と思います。
まぁどちらもメリットデメリットあると思います。

個人だと、自分の問題にじっくり向き合うこともできますね、また自分の整理が進んだり、直接的にその場が人間関係構築の場にもなります。また、グループに比べてかかる経費が安いです。グループ療法のフォローアップ(気付きのシェアなど)が出来、一人の話に耳を傾けてもらえるというメリットもありますね。
デメリットは、グループより刺激的ではないので、気付きや回復は比べると違いがあるかもしれません。また別の仲間との出会いもないですし、情報も少ないでしょうね、グループよりも。

グループは、刺激的ですし、何よりも仲間との出会いがありますし、情報も得られる、他の人のトラウマなど知ることができる、自分ひとりではないことに気付き安心する、ゆさぶりが多いので効果があがる、
反対にデメリットは、かなりのエネルギーを消耗するのでヘロヘロになる。宿泊があった方がよいかもしれない。などですね

では今回はこのへんで。
地方勤務に出かけます。(あわわあわわの阿部^^;)

abe 2009年11月18日 07時10分 [削除]

ここでコメント出すのもおこがましい感じもあるのですが、色々考えた結果、誰かは特定できないので
コメントしても大丈夫だろうと思い、思いきってレス付けさせて頂きます。
グループセッションと個人セッションの違いは、確かにあると思いますが、経験上どちらも必要であると私は思っています。
最初は個人だけだったのですが、何度かグループに参加するようになって、ますます個人セッションが意味を持つようになった感じです。
グループで消化しきれなかったことをテーマにして聴いてもらえたり、セラピーとして扱ってもらったり、私の場合はどちらも補い合うというイメージです。
個人で出きれない自分の感情をグループの中では簡単に出せるということもありました。
また自分では認識していなかった様々なトラウマが自分にあると気付けるのもグループの仲間のワークから得ることもありました。
私としてはどちらもとても効果を感じています。
確かに揺さぶりが大きい分、グループは効果が高いと思います。
西尾先生も言っていましたが、その分参加後のフォローアップは大事な作業になるとも思っています。
グループワークの後って、放心状態になる感も私にはありましたが、その後何だか説明出来ない良い意味の変化が自分にあった気がしています。
個人のセッションも1年位やっていますし、相乗効果が私の場合あったと思います。
おこがましいかもですが、出てみたら何かを感じると思います。
もし揺れが大きくて苦しいようでしたら個人だけにしてみるのも選択肢としてあると思います。
私の仲間はそうしているみたいですよ。でも私にはAC仲間がたくさん居るのですが、グループ併用者の方が生き生きしていくのが早いように感じています。証拠はないけど。ただの私の感覚で感じるだけですけどね。
では失礼します。阿部先生もし不適切でしたら削除お願い致します。
先生とっても忙しいようですね。私の仲間が先生のカウンセリングを受けるようになって凄く変わりましたよ。どこがって説明できないのですが、笑うようになりました。
今は月1のカウンセリングが待ち遠しいようです。
仲間も一緒に回復していく姿は本当に嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

のん 2009年11月18日 22時02分 [削除]

阿部先生、のんさん、みなさまへ・・・

私も、個人カウンセリングとワークショップの相乗効果を感じている一人です。

先日のカウンセリングで、
先生が大きく一歩、介入?して下さいました。
もう、ついに来たー(T_T)・・・って感じで、
とてつもないことに気づきました。

講座やワークショップも今まで何度か受けていますが、
色々たくさん出てきて整理つかずにいたことが、
まだ一部だろうけど、一本つながりました。
私は「依存症者の孫」として、じいちゃんとの関係の中では果たせなかったことを、
他の相手を見つけてはずっと再挑戦してきたのです。
子どものときは知識も力もなくて出来なかったこと・・・
相手を救うことや、変わってもらうこと、幸せになってもらうこと・・・。
私を励まして、優しくしてくれるじいちゃんになってほしかった。
私達をビクビクさせたり、母さんをひどい言葉でののしったり、
お酒飲んでばあちゃんや父さんに辛い思いさせない、
そんなじいちゃんになってほしかった。
本で今までもたくさん読んでたんです。
「再挑戦」「AC」「共依存」・・・
西尾先生のWSでも、「両親」や、じいちゃんの「依存」には目がいってたけど、
親より前に「じいちゃん」なんですね、私の場合。
機能不全家族で育ってても、ACという自覚が持てなかったのです。
ネットで見たらやっぱり「アダルト・グランドチルドレン」って言葉、見つけました。
・・・私、それでした。
そしてずっとこれも無意識で否認してきたのかな・・・
私、じいちゃんのこと、実はすごく好きだったんですね。
だって、この世でたった一人の、私のじいちゃんなんだもんね。
(T_T)だからこそ怒って、戦ったり、守ったり、メッセンジャーしていたんですね。
(↑今もやってることばっかりだー!)
そしてつまり、WSでの「役」、あれはまさに「私自身の役」だったんです。
ああ・・・疲れた・・・でも、まだまだ書ききれない。

カウンセリングとWS、他にも、本や講座や講演などで知識を得ること、
仲間とシェアすること、回復のためのCDなど、
一人で内省することや、リラックスして自分を大切にしたり・・・
きっとどれも相乗効果があるのではないでしょうか。
あと、「泣くこと」も・・・かな。

(つづく?!)・・・(^_^;)

naka 2009年11月21日 10時59分 [削除]

レスつけてくださってありがとうございます。

グループと個人の相乗効果・・・!
どちらも合わせて行うイメージがつきました。

グループの中では、感情が出やすかったり気づきを得られやすくなる というのも魅力的に感じます。


最近なんだか
誰といてもセラピーを受けていても、
どこかむなしくって寂しくて。

しかもその場で むなしい とは感じていなくて、
後で一人になってから感じるから厄介です。

少ない知識で狭い分析ばっかりして、
素直な感情を出せずにいるというか・・・
本当はどんな風に感じているの?ということが自分でわからなくなっています。

グループで仲間の助けをもらって、
いろんな感情を感じてそこにとどまってみたいな。

そして、回復していく姿を喜べるような仲間に私も出会えたらいいな。

キャメルさんのHPを見て、先生やみなさんのレスを読んで、
参加している自分をイメージしています。

本当にありがとう!

misa 2009年11月21日 11時15分 [削除]

みなさんのコメントを読んでいたら、自分も書きたくなったので(笑)
コメントさせていただきます。

私も個人とグループ両方の効果を感じています。

私の場合は、初めてワークショップに出た時、こんなに自分と向かい合っている仲間がいるんだ!という事にまず感動を覚えました。

それまでは自分のまわりに、心理に興味を持っている人も少なく、孤独を感じていましたが、ワークショップでたくさんの仲間に出会えて、とても嬉しかったです。

そして、他の方達のトラウマに触れることによって、いろんな人生があるんだということを実感出来たこと、自分だけじゃないという安心感を持てたこと、そして何よりもその中で生き残って、自分に気づき、今ここで同じ場所にいる!ということに深い感動を覚えました。

ワークショップでは、自分だけではなかなか出せない感情も、涙も、私はいともたやすく出てきます。
昨年12月のワークショップにも参加することが出来ましたが、その時はもう立っているのがやっとなほど泣きまくりました。お陰様で、ものすごいヘロヘロ状態になりましたが、そのヘロヘロ感がある意味快感?で、また受けたくなります。


個人・グループ併用して一年ほどケアを続けてきて、今までの間で一番の変化は、私は10年前に父親を自死で亡くしていますが、それからずっ〜とあった自責感が無くなったことです。ある時ふと、それまでのように自分を責めていないことに気がつきました。その変化は自分にとってとても大きな、大切な変化でした。

10年ずっと抱えてきた自責感がなくなったことで、やっともっと大きな問題に取り掛かることが出来そうです。そのためにこれからもケアを続けていきます。

R 2009年11月22日 02時54分 [削除]

昨夜放送されたTVですが・・「ニッポン人の忘れ物」をキーワードにあるドラマが放送されました。その内容が、何だかリプロセスに似てるなぁ・・と思いました。

【概要】
海外へ単身赴任中の企業家の父、夫の不在中くらいわ!と翻訳の仕事に没頭する母、父のような企業家になることを目指し(両親に期待され?)勉学に励み、両親共から大切にされる息子、その反面、母から「いらない子」と言われ罵声を浴びせられ放置(ネグレクト)される娘。

ある日その娘が声を失った。奥が深く全てはここにかけないけど、最終的に母にもトラウマがあることが発覚。そのトラウマには、その母親の両親(声を失った娘の祖父母)は気付いてなかったけど、あるきっかけを機に知り、その母に父が謝罪。きちんと自分の非を認めていた。その後、その母は、自分の父親に自分の思いを、泣きながら打ち当ててた。それをきっかけに、その母はトラウマが癒されたかのように回復していった。そして、ある日、実家に預けた娘を引き取に両親揃って帰省。その時、その母は自分の両親・実家に「ただいま」と笑顔で言い、両親に「おかえり」と出迎えられ、母親に思いっきり抱きしめてもらいながら、「今まであなたの気持ちに気付かなくてごめんね」と謝罪を受ける。その後、今まで抱きしめてあげたことのなかった自分の娘を思いっきり抱きしめてあげていた。そして、ようやく家族4人の団欒ができるようになった。


と簡単にはこんな感じです。
いかにトラウマへの気付きや、表現(話すこと)や、リプロセス(やり直し)が大切かを、こもドラマで再度感じました。きっと西尾先生の提唱しているリプロセスを元に作られた話ではないだろうけど・・でも、きっと表現や方法はある程度違えど、そういう癒しの道のりが必要だということだなぁと思いました。そんなふうに感じて見たのは、私だけでしょうか・・どうしてもこれを書きたくて、またコメントしてしまいました。

キャメル 2009年11月22日 19時17分 [削除]

私もコメントしたくなってしまいました(笑)

同じように、個人とグループの併用の効果を感じている一人です。

いいですよね〜どっちも。

私はFCCNにつながってから1年半になりますが
今、振り返ると自傷行為が止まっているんです!
阿部先生は自傷行為を止めなさいとは言わないでいてくれました。
それが嬉しかったです。
だって止めたくても止められないから辛かったんですもの。

でも、止めなさいと言わないのに
なんでだろう・・・止まっちゃった(笑)
気がついたらやらないでいられるようになっていたんです。
私ってすごいかもって思えましたし、阿部先生に一杯褒めてもらえました。

先生のおかげだと思っていたら
先生は、残念ながら私のおかげではなく「自分の力」がメインですよと言ってもらいました。
半信半疑だったけど、でも先生に言われたとおり
確かに、FCCNを見つけてつながっているのは自分の力ですもんね。
でも阿部先生に会えて本当に私はラッキーだなと思います。
だってFCCNにつながっていたから
斎藤先生にも西尾先生にも会えましたし。奇跡です。

自傷行為は止まったけど
これからも自己の成長のためにしばらくはお付き合いして頂けると嬉しいです。

グループ療法もたくさん参加していきたいです。

M 2009年11月22日 21時15分 [削除]

みなさん、こんにちは。
つづきを書きたくてまたコメントします。

私はつながってまだ半年たってないくらいですが、
それからの自分は本当に色々とツイてます。
もう、恐いくらい、ツイています。
(実は元々恵まれていることに、ちゃんと気づけたってことかもしれないけど?)
成長もしてる・・・と、思う。
自信も・・・ついてきてると、思う。
勘や感覚も、けっこうあってるみたい。
先生に「信じていいんだよ」って言ってもらえたし。
そして、無力だった子どものころとは違う力を
持ててきていると、思う。
でも、決して魔法じゃないんですよね。
意識10%で無意識は90%らしいので、
少しずつ、グループ療法と個人療法で、
90%の一部に踏み込めているのでしょうか。

で、こないだの続きですが、
ふだん絵本やよみものを自分で読んだり、
小学校で子どもたちに読んであげていて・・・
すごく泣けるものや、読みたいと思うものって、
やっぱり自分にとって特別なんですね。
先生にも、「もちろん!」って言ってもらいました。
そしたら、色んな過去が、違う意味を持ち始めました。
私が最近高学年に読み聞かせていた本は、
ベトナム戦争の話です。
PTSDを持った元兵士の体験談です。
朝から重々しい話なんだけど、読んでいます。
うちのじいちゃん、戦争に2度行って帰ってきてます。
一番泣ける絵本には、おじいちゃんと本の好きな女の子が出てきます。
去年行きたくて行った旅行先に、じいちゃんの故郷を選んでました。
大好きな漫画家サイ○ラさんの夫は、依存症で・・・
しかも!戦場ばかり歩いていた方です!(T_T)
卒論で無意識に選んだ作家に、実は両親を重ねていたことは、
当時の教官に教えられて驚いた記憶がありましたが。
じいちゃんもなんだ・・・・(T_T)
つまり!子ども達に読んでる私達のほうが、
実はやっぱり癒されているんです。

あと!・・・「子ども」!
色んな子に、自分の子どもだったころの姿を見ている。
きっとそうだ、と思いました。
たぶんそれは、「健気にがんばってる子ども」です。
だからほっとけないんです。泣けるんです。
本の中に登場する子ばかりでなく、
実際に知ってる子も。その親も。ほっとけないんです。
でも、自分のことわかって、切り替えて、
責任までとっちゃわないで、巻き込まれずに、
愛をもって距離をおく・・・これが今の私の課題かな。

そして!・・・WSや講座で知り合えた仲間がいること。
私がこうやって気づいたり、成長できているのだから、
決して毎日会えるわけじゃなくても、
毎日メールしなくたって、
きっとみんなもそうなんだろう・・・と思える。
この安心感は、個人カウンセリングだけでは得られませんよね。
おまけにネットでも、こうして会ったことなくてもシェアしあえるし。
(実はどこかで会ってるのかもしれないけど!)

先生とみなさんへ 
今日も感謝をこめて・・・

naka 2009年11月23日 13時02分 [削除]

皆様こんにちは!うみです。
こうして皆でシェアし合えることに喜びを感じている一人です。
カウンセリングを受けるようになって私も確実に変化を感じています。
何がどうって分かりにくいのですが、振り帰ってみるとすごく成長している自分を感じます。
もちろんまだまだですけどね(苦笑)
でも実はずっとみんなにシェアしたかったことがあるのです、、、、
自分でも半信半疑だったのですが、私は半年の間に6回のカウンセリングを受けただけなのに、、、
薬を飲まなくても眠れる様になったのです!
これって私にとって凄い事なんですよ!
高校生の時からずっと薬が無いと眠れなかったのにです。
なんでか説明できないのです。
阿部先生から直接薬を飲まないでも眠れる様にと指示を受けたわけではありません。
先生とのカウンセリングの中で泣いたり笑ったり、、
ワークショップに参加したり、、、
そうして気付いたら飲まないでも眠れる様になっていたんです。
不思議です。
でも、過去に向き合ってたくさん泣いたことは大事な作業だったと思えます。
これからもどんどん泣いて笑って、たくさん語り合って
楽しめるように訓練していこうと思っています。
先生にはリハビリ期だと思って取り組めるといいねと言ってもらって
楽になりました。私にとって人間関係そのものがリハビリです本当に!

うみ 2009年11月23日 20時58分 [削除]

阿部先生、全国の皆さん今晩はーーーー。

冬眠からやっと今めざめました。いつもまちどしく、そ

して怖々のぞいていました、そしてある時は、そうそう

有る有る、ウンウン、ある時は、あまりにぴったり自分

にはまりすぎて、うわわわっーーーー。

でも同じ思いをして以前は、それがなんなのか分からず

にただ生き苦しさになすすべもなくただもがいていたで

も阿部先生、との「出会いが事の始まり」、、それから

というものは、講座、コミュニケーションを何回も受け

注ーー皆さんは、多分何回も必要ないと思う・・「笑」

長ーーく暗いトンネルから微かに光が差すの見た。

そのときの私驚きわかりますか・・・・。

毎日の生活の中で思い煩う事は、有りますが「対処」の

仕方を知っているのと知らないのでは、随分変わって来

ますよね。

あの日の阿部先生の笑顔に感謝しています。



今日もシンデレラ・・・明日の朝も・・・・・。

todoroki 2009年11月26日 00時30分 [削除]

todorokiさん&皆様へ


出勤してまずはFCCNのHPをチェック(笑)
今日も仕事の合間にこっそりの私の楽しみです。


今回のコメントのやり取りは盛り上がりましたねー。
私も参加させて下さいな。

todorokiさんの書いていることに超共感です。
私も、最初に心理学講座を受けた時
一筋の光が見えました!懐かしいです。
そして受けたコミュニケーション講座、、、、こっちは
身体に稲妻が走りました(笑)

コミュニケーション講座を再受講している人何人か知っています。
何度でも受けたくなりますよ。あれ

一人で練習より相手が居て練習した方が身につきやすいですし。
なんといっても、、、内容が濃いですよね。

今回このコメントが盛り上がったきっかけはmisaさんの
個人とグループの違いというものでしたよね。

私はワークショップも個人も必要なものだと思っている一人ですが
FCCNでのいろんな講座も外せませんよ(笑)
グループや個人ともまた違う「心理学を理解する」
これは絶対に役に立つと思います。

なのでこの場もその代わりになっていると思っています。

私なんて癒しの作業や学びをするために仕事して給料を得ているといってもいいくらいです(笑)
だって自分が楽になっていけるのですもの。こんな良い事はない。
もちろんそのうち卒業していくのでしょうけどね。
でも、斎藤先生が阿部先生にWSの時に言ってたことを
忘れませんよ。

短期療法なんていうアメリカのやり方はしないで
関わった人、ケース、家族の一生の流れをサポートするつもりでやりなさいと
言ってましたよね!
あれ聴いて、え??私FCCNを卒業しなくていいの???
何かあったらずっと見てみらえるの??と
一人にんまりしていた私です(笑)

斎藤先生が阿部先生に命令してるんだから
いいですよね???私それに乗っかっちゃっても(笑)

阿部先生、FCCNさん、これからもよろしくです。

M 2009年11月26日 08時37分 [削除]

のんさん、nakaさん、misaさん、Rさん、キャメルさん、Mさん、うみさん、todorokiさんへ

代表の阿部です。
熱海で研修を受けて、今日戻ってきました。

たくさんのやり取りがなされていて嬉しいです。
すっかり乗り遅れてしまった感がありますが、皆様同士のやり取りの場として
この場を使って頂けるのはとてもありがたいことです。


個人やグループについて
それぞれの意見や考えをシェアして頂けてとても嬉しいです。

個人やグループ以外に
このHPそのものの記事やトピックで気付きが得られるという意見もありましたね。
記事によってコメントが盛んにつくものと
アクセス数は凄いあるのにコメントが付かないというものもあります。

アクセス数は毎回管理者なので把握できるシステムなのですが
その数に驚いています。
関心が本当に高い分野だと思います。

そのほかにFCCNでの講座での学びも良かったと言って頂けて嬉しいです。
再受講の方は多いです。
私も同じものを何度でも受けてきて良かったと思っている人間なのです

個別の返信は今回させて頂きませんが
情報提供して頂けた方
自分の考えを伝えて下さった方
自分の体験からシェアして頂いた方
コメント頂けた方、皆様心から感謝いたします。



abe 2009年11月30日 15時26分 [削除]

こんばんは。りんごで〜す。

久しぶりに覗いて、みなさんのやり取りに感動していました。

Ⅿさんの
>私なんて癒しの作業や学びをするために仕事して給料を得て いるといってもいいくらいです(笑)
 だって自分が楽になっていけるのですもの。こんな良い事は ない。

読ませていただいて静かな感動が湧きました。
何て意識の高い人なんだろう!って。
人って、生活するためにある程度のお金がかかりますよね。
それと同じレベルで、自分の心の回復にお金をかける意識を持つことって、
けっこう価値観が変わるくらいの出来事や出会いが必要かもしれません。

私は、数年前のゆかり先生の地域の講座に出会ったことが、
それにあたるなぁと思い出していました。
もっともっと、心の仕組みを勉強したい!と思いながら
ゆかり先生のいろいろな講座に参加させていただいて
今に至っています。

今や、勉強も自分の癒し・ケアは一生続ける!続けたい!と
思えるようになりました。
Ⅿさんのおっしゃるように、自分が楽になり、
生き方も変わったと思えます。

これからも、まだまだみなさんと一緒に勉強や癒しを
続けていこうと思います。
よろしくお願いいたします。

りんご 2009年12月01日 22時18分 [削除]

りんごさん

コメントありがとうございます。
Mさんのコメント、私も読ませて頂いて気持ち良かったです。

同じ様に自分に向き合って
成長されている仲間の声は嬉しいものですよね。

私も自分の心をテーマに色々向き合ってきて
自分の過去とも向き合い
様々な学びや、カウンセリングの数々、ワークショップの数々
気がつけば12年が経とうとしています。
ひょえ〜です。

でも12年たって私も今後自分の人生をより良く、楽しく、幸せに生きていく為に
自分のケアは一生続けますよ。
ワークショップも受けますし
カウンセリングも受けます
そして研修も、スーパーバイズも、セミナーも

そして今よりももっともっと幸せを感じて
生きていきたいです。
今も幸せだけど、どんどん幸せを欲張ります(笑)

abe 2009年12月02日 21時53分 [削除]

全国的にーーーおはようございます。

mさんもう着きましたか。
今日もおしごとごくろうさまです。私もきょうから通じようの生活にもどられそうです。今年はおおくの事をまなびました。そして多くのしんらい、あんしんのできる阿部先生と友がいてとても心強いです。私もwsと個人
カウセリングを受けています。どちらも私は、yes・・・
ハイになるほうかな、、、。

ごく最近「いかり」の感情に気ずきまして・・・ハアー
オオオ―ーーコリ矢ーーーー私にしては、なあんねんぶりごぶたさたの友に再会ですものいやいや毎日夜中まで
お話ししていてもつきません。楽し事、くやしこと、おしいこと、はらのたつこと、、、たつこと、、、、。
でもこの気ずきにとても【感謝】しているのです。

それは、私が少しずつ確実に前に進んでいる事dすから、、、まあときとしてすぐ元の位置に戻るときも多い
にありますがその時は、また少し休んで歩き出せばいい事ですよネ。
阿部先生には、いつも褒められるのですがはじめは、素直にうれしく思えず私は、ほんとうにひねくれているのかなと思い他の人が素直に「ありがとうございます」と
いえるのがどうしたら私には、言えないのか、、、どうしたら私にもいえるのか、、、不思議でした。[大笑い]
それは、素直に自分を認められないことがはじまりでした。それは、子供のころから私が認められずに長いあいだ生活習慣病としてすごしていたことでしようね。
阿部先生に「なれていないからなのョ//」
と言われてそういう事なのかと気ずかされてからはテレくさいけれども嬉しく感じるようになりつつあります。
感情論でした。

今回は・・・≪感情論≫について応募おまちしています。

寒くなりましたので風邪にご注意ください。

2009年12月07日 09時57分 [削除]

こんにちは
感情論、面白いトピックですね。
私も最初は褒められても居心地悪かった時期もありました。
でも、阿部先生には色々認めてもらえているうちに
自分も健気で頑張ってきたジャン!と思えるようになっています。

それから意識してアファメーションの本をいつも持ち歩いて読むようにしています。

セラピーの中でも怒りや悲しみ、恐怖などなど感情三昧しています(笑)

そのおかげで自分の感情が生き生きとよみがえってきている感じがしています。
感情って大切ですね。

2009年12月08日 23時18分 [削除]

ゆかり先生へ

ありがとうございました。
たくさん涙が出ました。
どうして、この場面で涙が出るのが自分でもビックリ
する所で反応していました。

帰ったら隣の市に住む甥っ子二人が来ていました。
今までもかわいかったけど、もっと愛情が沸きました。

子供と同じ目線で言葉遊びが出来て、
大人も笑っていいんだ♪とか、
子供と同じポイントで笑えるって楽しいなと
思いながら6歳の子供と大笑いして本当に楽しかったです。

仕事のことも、まだハッキリと何か決まった訳では
ありませんが、希望が持ててきました。

そして、やっぱり今やらなければ!!
と言う思いが強くなっています。
あとは、行動あるのみ。

1回の人生。
思い残すことがないように、
自分の出来ること、やりたいこと、
実現したいこと、行ってみたいと思っているところ、
行動力がある所と落ち着きがないの紙一重な
性格ですが、慎重さを兼ね備えつつも
充実した時間を持ちたいと思いました。

今日は月曜日ですね。
これから1週間、素敵な時間になりますように。
ゆかり先生にも、みんなにも、わたしにも!

rumiko 2009年12月14日 08時38分 [削除]

ここに書いていいのか不安なのですが
rumikoさんのコメントを見て、どうしても書きたくなりました(笑)
今回の阿部先生の川湯での癒しのワークショップ、参加して本当に良かったです。
たくさんの仲間のワークや言葉、会話からたくさんの事を気付かせてもらいました。
是非毎月開催して欲しいです。
きっと今回この場で案内掲示が無いのもカウンセリングを受けている私たちで
すでに定員が埋まったからでしょうね・・・。
一般の方々になんとなく罪悪感を感じつつ、おそるおそるコメントつけてます(苦笑)
でもどこかで一般向けではなくてカウンセリングを受けてる私たちだけ限定のワークショップであったらいいなと凄いことを考えている私もいます(汗)

2009年12月14日 22時46分 [削除]

rimokoさん、川湯のWSに参加された方へ


代表の阿部です
恐ろしく返信は遅くなり恐縮です。

年末年始にたっぷり休みを取る為に12月はそのしわ寄せで
怒涛の日々を過ごし、そのまま年末年始の休暇を過ごしていた私です。

今年は家族で京都や神戸、東京、横浜など美味しいものを食べるツアー←勝手に我が家で
作ったツアー(笑)
に出かけてきました。

楽しくそして美味かったです。
実家も年末に少しだけ寄ってきました。
相変わらず病んでいる機能不全な家族なのは変わらないけど
私自身がこの12年で変わったので、今はほとんどその
「害」や「毒」を自分の中に入れないで
居られる様に成長&変化している自分を
味わってきました。
不思議な位でした。
といっても長く滞在するのは不向きな環境です。

さて
お二人とも川湯のWS、参加できて良かったですね。

rumikoさん WSの後に甥っ子たちと素敵な時間を過ごせた上
味わえたようで、読ませて頂いてとても感動しました。
子供との時間って素敵な時間ですよね
一緒に居すぎるのも問題が生まれる場合もありますが
一緒に居る大人側の心が少しでも癒されていると心に余裕が生まれてくることは
多いですし、共に心から楽しめたり共感し合えたり
素晴らしい時間となる可能性は高いと思います。
脳や情緒の成長にキャッキャ体験がその効果を促すことは専門的にも
知られていることで子供のセラピーにも取り入れられていますが
WSに参加すると大人でもこの経験で情緒が発達というか「解凍」
されていくように感じています。

色々な環境が心を凍結させて何も感じない
表現できない、冷めてしまっているというような
事は起こりますからね
私もそうでした。12年前の私は感情鈍磨女で
唯一出せるのは「怒りの爆発」でした(汗)
これは感情ではなくて暴力です(汗汗)破壊です(汗汗汗)

今はこれが無いんですよ、あっても1〜2年に1回程度
あとはきちんと怒りを感じて
必要があれば冷静に相手に伝える事ができるようになりました。
怒りを感じないのでもなく
怒りに飲み込まれるのでもない
怒りを感じ、受け止め、大切にし
何が起こっているのか自分を見つめる機会にしていますし
相手の暴力(言葉や態度も含む)攻撃に対し
自分をしっかり守る必要を感じた時には
何について怒りを感じているのか伝えることがその場で出来るようになっています。

さて話は戻りますがrumikoさんもご自身が今やりたいこと
今やらなければと思えたこと
素敵なひらめきですね。
自分の「直感」は素晴らしい能力を持っていますから
その直感を信じて進んでいかれることを遠くから祈らせて頂いています。
応援していますよ。


WSに参加された方、御察しの通りここで今回の川湯のWSの一般公募していないのは
FCCNですでに講座やカウンセリングなどを受けておられる方たちへの
先行予約で定員があっと言う間に埋まってしまったからです。
ここにそのことを書かれることに戸惑われたようですね。
案内していないことを書くのは戸惑いますよね。
事実を伝えましたので大丈夫ですよ。問題ありません。
罪悪感って湧きますよね。
企画者としても湧きますもの(^^;)

もちろんFCCNで行う私のWSはもっとたくさんの方に
参加できる機会を与えさせて欲しいとは思っています
効果が目の前で分かりますからね
グループで行うセラピーはパワーが違います。
といってもパワーがある分、セラピストの私もエネルギーをかなり消費するので
ヘロヘロ感は深くて大きいのも事実です
その為、私の他のスケジュールや仕事との兼ね合い
体力、気力、などを考えると頻繁に出来ないのが現実です。
毎月できると本当に素晴らしいですね。

個人セッションもすごい人数をこなしていますし
将来の為に専門家育成教育も行っています
そのほか、執筆や関西の方とのコラボ
スーパーバイズに自分のカウンセリング
休暇、セルフケア
これで一杯一杯(笑)
なかなかうまくいきませんが、出来る限りやれることをやっていけたらと
思っています。

4月には他の方が主催するリプロセスのワークショップが箱根で開催される
予定ですが、そのセラピストに内定しているので
全国デビューを果たしてくる予定です。
こうなると金額も相場になるのでFCCN価格の安さを知る事になると思いますが
今回は2泊3日で企画されるようですので深いものとなると思います。
企画される出版社の方のお計らいでFCCN関係者の方
(カウンセリングや講座を受講されてる方)には
特別先行予約枠を数名用意して頂けるみたいです。
希望者全員とはならないと思いますが
詳細が決まりましたらご案内させて頂けると思います。

今回の川湯のWSの主役ありに外れてしまった方々優先受付で
春までに1DAY短い時間でのワークショップを行おうと思っています。

abe 2010年01月11日 09時44分 [削除]

ゆかり先生
丁寧なご返答ありがとうございました。

年末年始はご家族で充実した時間を過ごされたということで、良かったですね。
わたしも年末に旅行に行きました。
格安ツアーで食費を削る・・と言うことをした結果、
栄養失調なるトラブルを引き起こしてしまいましたが;;
事故に巻き巻き込まれることもなく、とても有意義な体験をすることが出来ました。

子供との時間ですが、
一緒にいすぎるのも問題が生まれるのですね。
幸い、甥っ子は離れた土地に住んでいるのでその心配はないのですが、将来自分の子供が産まれたとき参考にさせていただこうと思います。

ゆかり先生がいろんな経緯を経て回復の道を辿ったからこそ、わたしたちが今その恩恵を受けることが出来ている。
世の中って不思議ですね。
そして、この出逢いをありがたく受け止めたいと思います。

相手の暴力に対するIメッセージの伝え方は、
自分で出来ていない部分なので、
今後コミュニケーションの講座を受ける機会があれば、嬉しく思います。

今、やりたいことについてですが、
直観は感じるものの、
浮かんだアイテムが直線状に結びつきません。
やはり、人とのつながりで実現していくものなので、
本当の使命があれば出逢いも用意されていくのだろうか、と考えながら地道に本を読んだり調べたりを繰り返しています。

応援ありがとうございます。

rumiko 2010年01月13日 09時23分 [削除]

todorokiさんへ

今日お話し下さったメールのアドレスですが、確認いたしましたが、この場に登録になっていないようです。お手数ですがinfo@fccn.usまで何か送って頂けるとアドレスが分かるので今日話していたチラシが出来次第送付することができます。お手数ですがよろしくお願い致します。夜遅いのと、明日朝早くから地方に泊りで仕事なのでこの場をお借り致しました。阿部

abe 2010年01月14日 00時47分 [削除]

rumikoさんへ

コミュニケーション講座、各地から要望が来ています。
人数的に一番多いのは北見地方なので、次の開催が北見の事務所でが濃厚です。
コミュニケーション講座はカウンセリング基礎講座に相当します。再受講で何度も練習される方が多いです。私も何度も受けた経験があります。本と同じく何度読んでも入ってくる箇所が毎回違ったり、深まったり、やはり回数を重ねても損はないようです。

abe 2010年01月14日 00時51分 [削除]

ゆかり先生へ

コミュニケーション講座楽しみにしています。

最近、脳がすごいスピードで変化していくのを
感じます。
自分の身にいったい何が起きているのだろう・・!?

rumiko 2010年01月17日 13時25分 [削除]

私もカウンセリングを受け、ワークショップにも参加するようになってから、頭というか何というか、凄い勢いで何かが変化していく感覚を感じています。どんどん開花されるというか何というか、、、成長として考えたらまだまだと思ってしまうのだけど、でも明らかに何かが剥けていく感じで、とても運が良くなりました。手前みそですが最近綺麗になったねって言われる事が多くて戸惑っています。阿部先生にも褒めてもらっちゃいました(照)ずっと暗黒の世界で生き、自分はダメな人間だと思っていましたが最近の私は結構自分が好きになれてるのです!凄い変化です。やりたいことも見えて来て将来像も描けるようになりました。rumikoさんのコメントに刺激を受けて携帯からレスさせてもらいました。

2010年01月17日 23時45分 [削除]

こんにちはsoraです。
実は私も阿部先生にカウンセリングを受けてから
綺麗になったと言われるようになりました。
阿部先生の書かれた本にも書いてましたよね、、、心のケアをすると
なぜか皆魅力的になっていくので先生自身も不思議で
興味があると書いてましたね。
理由は私本人も分からないですが、でも精神的に楽になっていくことで人はオーラが変わるように思います。
違うでしょうか?
自分自身のことも好きになれて来ているし、
自分は悪かったのではなく精一杯生きてきていたのだと気付いただけでも
表情が自然に変わるのは分かるような気がします。
そう考えたらカウンセリングって心だけでなく外見にも影響を与えるものなのかもしれませんね。
私の友人も受けていますが、凄く生き生き綺麗になりました。体形とはあまり関係ないですね。表情や生き方かな。人間の魅力って。

sora 2010年01月18日 16時20分 [削除]

rumikoさん、綺麗になった方、soraさんへ


コメントありがとうございます。

皆様カウンセリングやワークショップを受けられるようになってから
それぞれに変化を感じられていらっしゃるようですね。

頭や脳、感覚、容姿までも変化が訪れることは確かに多々あるように思います。
何がって説明つかないことの方が心理の分野は多いでしょうね。

中にはコメント下さった方の様に
すごいスピード感で開花される感覚を持たれる方もいらっしゃいますね。
実は私もその一人なんですけどね(^^;)

ゆっくり成長変化していく部分もありますが
激変してくる部分もあり、両方の場合もありますよね。

運が良くなられたとコメントがありましたが
本当にそういうことってあると思います。
私自身も強運の持ち主ですが、カウンセリングやワークショップなど受けて自分のケアをするようになってから
強運になりました。
私の所にいらっしゃる方の多くも、強運の方が多い事に驚きます。
引き寄せの法則ってありますが、それが言っている事は確かにそうだと思えます。

逆にトラウマの後遺症をそのままにしておくと
わざわざ破壊する方向に無意識にしてしまうということも多いですので
カウンセリングやワークショップ、学習などでそのことに気付いていくことはとても役に立つように思います。

人の魅力についてのコメントがありましたが
体型と考えてしまうのは文化的に当然の成り行きですが
確かにsoraさんのおっしゃる通り、表情や生き方が大切なポイントの一つでもありますね。

カウンセリングに来た当初と数回後の表情が激変していることは珍しくありません。
中にはワークショップの最初と帰りとで表情が違ってくることも多々ありますよ
本人が気付いていないでしょうけど、周りから見たら一目瞭然です。
不思議でしたよ〜10年以上前から。
当時WSを企画開催していた専門家の方も同じ事をおっしゃっていました。

心のケアって生き方だけでなく、考え方、オーラ、容姿まで効果があると考えるのは自然なことのように思います。
脳内の変化があるのですからね。
科学的に証明している著書もいくつか成功哲学系で読んだことがあります。

子供のカウンセリングを担当させて頂いても
そのスピードの速さには驚かされてばかりです。
ちょっとしたセラピーが凄い効果の広がりを感じることが多々、ほんと〜〜〜〜に多々あります!

子供が母親に言った何気ない一言でそれを感じたり
学校に行けと言ってないのに
いきなり行き出したり、リスカでひきこもりを長年していたのに
好きな事見つけて弾けたり、本当に感動します。
今年もそんな感動をたくさんもらえる事はハッキリしているので、とても楽しみです。

abe 2010年01月19日 09時15分 [削除]

ゆかり先生へ

強運の話についてですが、
以前の私はネガティヴ言葉を多く使っていました。

周りから私を客観的に見ると、
努力はきちんと実って評価されているし、
私の受け止め方が悲観的としか思えないと批評されたこともあります。

当時のわたしは、確かに努力相応の結果を手にしていたと思うのですが、それを幸せと感じられなかったのは振り返ってみると2つ原因があったように思います。

一つは、望んでいない方向に努力しているので、
その結果が高い評価を得たとしても私自身は全く満足できない。むしろプライベートの時間が減り、ますます欲求不満に陥りフラストレーションが溜まる。

2つ目は・・やっぱり私自身の受け止め方がネガティヴだったのかなと思います。
最近、同じ他人から同じ言葉を言われても受け止め方がポジティヴに変わっていると自分でも発見します。

例えば、楽しみにして行ったラーメン屋さんが臨時休業だった時・・以前のわたしなら、「ツイてないな〜」と文句を言っていたかも知れない場面で、(実際、一緒に行った友人はツイテない!と口にしました)
とっさに、「次に来る楽しみが増えてラッキーだね♪」
とその友人に向かって言葉を返しました。

本当に細かいことなんですが、
脳の変化がこう言う日常の場面で感じられるのです。

こんな話すら、ほんの数年前の私は、
へ理屈だ・・と思っていたくらいですから、
自然とこんな受け止め方に変わっている自分に驚きました。

成功哲学などに色いろな事が書いてありますが、何冊読んでも実行出来なかった過去の自分から卒業出来て、少しだとしても成長出来ていることを、とても嬉しく思います。

何歳になっても人は変わろうと自分が決意すれば、
変わる事は出来るんだと身をもって体験したことも、
今後年齢を重ねていく上で、希望につながると思います。

他の方からも同じような感想がコメントされているのを拝見し、とても励みになりました。
ありがとうございます。


rumiko 2010年01月19日 14時31分 [削除]

私も!ネガティブ言葉からポジティブ言葉になりました。
以前は猜疑心で一杯、不平不満で一杯
いつもムカついていました。
でも
自分をケアするようになってから自尊心が少しづつ付いてきている様に感じています。
最近では先生とのカウンセリングでも少しづつ涙が出せるようになってきています。
時間は人よりかかっていると思いますが、これが私の成長と回復なのだなと思っています。
ラーメン屋さんの話、私も最近その路線で受け止められる様になっています!
彼氏にもカウンセリング受けて確かに変わったねと言ってもらえました。

みんく 2010年01月19日 18時19分 [削除]

rumikoさん、みんくさん

コメント大切に読ませて頂きました。
みんくさんはrumikoさんのコメントに刺激を受けられたようですね。

本当に人はいくつになっても成長していけるのだ
変わっていけるのだ
そう思います。

私のところにカウンセリングやワークショップに参加される60代の方でも
どんどん成長され変化されていかれるのを目の当たりに見せて頂いていますが
私自身そのことで勇気や希望さえもらえています。

そして
年齢を重ねても
自分の心のケアに立ち向かう勇気
自己投資していく認識の高さ
本当に素晴らしいなと尊敬さえ感じてしまいます

他にも多くの父親の立場の方との面接をする機会もあるのですが
お子様が未成年であることでFCCNでは養育者のカウンセリングが必須になっているので
いらっしゃって下さるのですが、仕事を調整して時間を取って出向いて下さったり
私という年齢が下でしかも女である私の質問に
自分の過去の事なども話して下さることや
心を開いて下さることに
ひそかにものすご〜く感銘を受けているのです

それは自分の父や夫はケアを受けていないということが私の心の背景にあると思っています。

なので男性がまだまだ心のケアの分野には姿が少ないですので
カウンセリングやワークに参加される男性を見ると
それだけで尊敬の念がフツフツとひそかにですが湧いてしまいます。

力や柔軟性があるなと・・・

カウンセリングやワークを受けているうちに
だんだんポジティブに考えられる様になるということは
よくあるように思います。
すぐなる人もいるし
時間のかかる人もいますけどね。
でもカウンセリングを受けること自体
その人に力がある証拠ですからね(そもそも)

あと
最近このHPの場所で
私に会えたからとか、私に感謝というコメントが多いように思っていますが

この場を借りて再確認させて頂きたいと思います。

自分のケアをしていくうちに
元気になったり希望を持てるようになったり
生きて行こうと思えるようになったり
夢を見つけたり
色々変化してきて
そのことに感動されるのは当然と思います。
そして
その時、きっかけをくれたこういう仕事をしている先生に目が行くのは自然な事と思っています

でも
そこがミソなんです

「先生がいたから私はこうなれた」
「先生のおかげ」
「先生凄い」

というのはある意味では間違っていないのかもしれません

でもよ〜く考えて下さい。

その表現では「私だけのおかげで」私だけが凄いようになってしまいますが

私を見つけたのは自分の力
私に繋がってきたのも自分の選択
トラウマに向き合う選択をしたのも自分の力
多くの情報の中からFCCNを選択したことも自分の力
FCCNや私を見つけたのも自分の運

そこを忘れないで欲しいと強く思います。

だって
たくさんの情報が蔓延している世の中ですよ
その中から「ご自分で見つけて」
「ご自分で選んで」
「ご自分で投資して」
「ご自分で繋がってきた」
のです

先生の存在や活動にばかり焦点を当てて感謝しがちですが
じっくりこの部分は忘れずに
知っていて
自分の力に気付いて認識していて欲しいものです。

そして
私も凄いですよ(笑)
多くある情報の中からアメリカに居る西尾先生を見つけて10年以上繋がってきたこと
斎藤先生にもひどい仕打ちを受けながらも(笑)絶対に離れないと繋がってきたこと
道東に住んでいながら東京やアメリカにもどんどん出向いて
たくさんの心理の学びと癒しに自己投資してきたこと
貯金もすっからかんになり
スナックの掃除のバイトをしながらなど
本当に地道に10年以上やってきたこと
これは私の力と選択だと思っています。

ということは
私も凄いけど
皆も凄いってことですね!(^^)v



abe 2010年01月21日 09時21分 [削除]

ゆかり先生&みんくさんへ

みんくさんへ

とっても心強いコメントありがとうございます。
正直、こんなことを書いたら、
また訳の解らないへ理屈をいって・・と見た人から
思われるのではないかと不安な気持ちがありました。

やっぱり自分の感覚を信じて、自分に忠実であろうと思いましたよ!


ゆかり先生へ

先日お話したように、またシンクロが起きました・・。
きのうコメントをしてから夜、本屋さんに行きました。
その本を今朝読んだら・・・・

自分が頑張って周りから高い評価をもらっても幸せを感じられない自分がいた1番の原因は、、、、、

自分のことが嫌いだったからでした。。。。

ほんとーにビックリするタイミングで答えが用意されているかのように現れます><;

はぁ。

ビックリし過ぎてコメントしてしまいました。

読んでくださってありがとうございます。


rumiko 2010年01月21日 13時00分 [削除]

先生、みなさまへ。

先生の、「私も凄いけど、みんなも凄い」って
・・・本当にそうだと思います。
「自分が本当に必要で求めていたもの」を自分で見つけて、
自分の責任でケアすることを選択して、投資して、つながり続けて、
そして成長と変化を遂げていってるんですから。
勇気を与え合っているとも思えます。

ようやく「あたしACですよね」なーんて言ってるレベルの私ですが、
こうしてどんどん自分の周囲を安全にしていって、
否認が解けて、まだこれから一体何が出てくるのか??
恐くて、楽しみで、武者震いします。
ドMです。

先日、以前のWSの時のことをカウンセリングで扱ってもらいましたよね。
今日またひとつ、気づきました。
久しぶりに、大きなお風呂に一人でゆっくりつかってきました。
そしたら、見えたんです、「傷」が・・・。
私も大きな「傷」をたくさん持ってるんです。
もちろん実際に毎日見てはいます。
整形外科医が切ったことになっているけど、
大ケガが私の無意識の防衛規制だったとしたら、
やっぱり「自らつけた傷」ってことですよね。

あ〜あ・・・健気なわたしの無意識様(T_T)。
でも、その手段も限界だというサインが出ているようなので、
やはり、さらにハードなケアをする段階にきたということだと思います。
そして、自分が大きく反応するとき、
自分にどういう背景があるからなのか・・・?
これを探ることは実に価値があるし、おもしろいですね。
もちろん気づいたらすごく痛いし泣いちゃうけど。(ドM)
WSとカウンセリングで気づいたいくつかのことが、
こうしてまた一本につながりました。
でも、先生に「教えてもらう」んじゃなくて、
自分で気づくからこそ、「おいしい」んですよね。
まさに、「機が熟して」自分でもぎ取るのでないと。

う〜ん、私もだいぶ自分に焦点が合ってきたような気がします。

naka 2010年01月23日 23時09分 [削除]

rumikoさん&nakaさん


コメントありがとうございました。
大切に読ませて頂きました。

私も凄いけど、皆も凄い
この事を理解して頂けて安心しました。
どうしても先生をしている私にだけ賞賛の焦点が当たりがちですからね。
こういう仕事をすると当然起こってしまうことの一つなので覚悟はしていますが
私は皆より少し前に自分のケアと心理の学びを始めただけなんです。

阿部先生凄いと思ってもらうのは
皆の力を忘れるなよ〜!!気付いてもらいたい気持ちになります。
もちろん気付いてもらうだけで私自身も皆と同じように
自分の責任で自分を癒して努力してきたのも事実なので
否定はしたくないです。
必要以上に自分を低めたくないですからね。

要するに阿部は癒しと学びが
皆よりちょっと早かった。
これだけのことです。
なので皆も、12年経ったら後に続く人たちに
「凄い」と言われてしまうと思いますよ(笑)
先ゆく仲間はある意味凄いですからね。


シンクロ

これは本当に心理の世界でもよく耳にする言葉です
私自身もこういう思いを持ったことは山ほどあります
なのでrumikoさんの
必要な時に必要な答えが見つかるというのは
よく分かります。

これを引き寄せの法則と唱える流派もありますし
脳のプログラミングから唱える流派もありますよね。

私はどちらも同じで
どちらも共感できるものです

私は夢を次々叶えていくことが出来るようになったのは
トラウマの癒しを始めてからです。
メンタルな部分のケアが進んでいくうちに
自分自身のことが少しづつ好きになれてきた
これはrumikoさんが気付かれた「自分を嫌いだったから」これに通じますよね
私もそうでした。好きだと思っている「つもり」だったけど
いつも自分を責めていましたし
自分は人に嫌われる人間なのだと思いこんでいましたから
自分のこと好きなわけないですよね(笑)

でも癒しを始め、学びも始め
色々なことが見えてきて、気付いてきて
自分の未来を明るく考えられるようになってきたら
どんどん夢が叶う様になりました。

それらについても
いつも目の前に必要な言葉や必要なもの
必要な出会い
すべてが用意されるような気持ちになっています。

シンクロです
出会うわけない方と出会えて繋がれてきています。
映画を手掛けようと思ったら
映画関係の方が目の前に
自費出版しようと思ったら
自費出版を手掛けている人が
事務所が必要だと思ったら目の前に物件が
しかも7年間誰も住んでいない上、賃貸物件にしていなかったのに急に
賃貸物件になったもの
マーケティングを学ぼうと思ったら、やってる人と知りあう
突然であった本からセミナーに参加して運命の出会いをする
などなど
書ききれないほどのシンクロ、引き寄せ、などが起こっています
不思議ですよね〜




「機が熟して」というのも本当にその通りだと思います。
私は今多くの方のケアに携わらせて頂いていますが
皆、FCCNを知ってから繋がるまでの年数が違ったり
ケアを受け始めてからの進み具合も本当に人それぞれです
突然様々なことで中断される方もいらっしゃいますし
一休みされる方もあり
一気に進む方もあり
本当に色々です

このどれもみな、その人にとっての「機を熟す」なんです。

3年かかって気付く人もいますし
すぐリプロセスワークに繋がってどんどこ癒しに取り組まれて社会適応力をアップさせる人もいらっしゃいます

ただ一つ私が恩師の先生から学んできて理解している事は

全てはクライアントさんの力だと言う事
セラピストとしてクライアントさんの力を信じていたら

トラウマに向き合える時が来る人は来る

来たらサポートさせてもらうだけ
後は勝手にクライアントさんが治って成長、変化していく

セラピストはそれを見せてもらえるだけ

本当にその先生のおっしゃる通りでした。

色々な理由を付けて
深いセラピーを受けない様にされる方もいらっしゃいますが
その理由も、その方に必要な事
今は時期ではないという事なだけ

仮にずっと理由を付けて受けないとしても
その人にとって必要なプロセス

力があればいつか向き合うでしょうし
必要がなければ向き合わないという選択も必要な選択

どっちであっても
本人の責任ですからね。

nakaさんもご自身に焦点が当たってきて
様々なことが本当の意味で見えてきたことも
いつも見ていた傷が違う意味で見れたのも
全て自分の力、
時間がかかったのも必要なプロセス

今だからここまで気付くことが出来たのかもしれませんよね。

本当に人間の無意識ちゃんって
凄い賢い奴ですよ!
あっぱれです。



abe 2010年01月25日 08時53分 [削除]

ゆかり先生へ

とても細かく返答くださり有難うございます。


>これを引き寄せの法則と唱える流派もありますし
>脳のプログラミングから唱える流派もありますよね。

>私はどちらも同じで
>どちらも共感できるものです

そう言うことだったんですね。
引き寄せの法則の本は何冊か持っています。
dvdも買いました。

成功哲学系が好きな友人と話をしていると、
ゆかり先生に教えてもらった心理学とリンクしていると感じた場面が多々あったのは当然のことだったのですね。


>私は夢を次々叶えていくことが出来るようになったのは
>トラウマの癒しを始めてからです。
>メンタルな部分のケアが進んでいくうちに
>自分自身のことが少しづつ好きになれてきた
>これはrumikoさんが気付かれた「自分を嫌いだっ>たから」これに通じますよね


そうすると、私の夢がエゴではなく世の中にとって貢献できるものであったとき、夢は少しずつ叶い始めるということなのでしょうか。

今の段階では、まだ半信半疑で、
心のどこかに夢は夢・・と現実とは区別している自分がいます。

自分を嫌いだった自分にようやく気づき、
周りからの高い評価によって自分の価値を確かめていた私は、自尊心が低かったということなんでしょうかね。


>私もそうでした。好きだと思っている「つもり」だった>けど
>いつも自分を責めていましたし
>自分は人に嫌われる人間なのだと思いこんでいましたか>ら


自分を責めることは、私も趣味みたいなものになっていました。
友人にも自虐的な性格だと指摘されたことがあります。
後悔しては苦しくなり、ダメな自分を見つけては落ち込み、自分で自分をダメにしていると、前のパートナーにも言われました。
自分でも思い当たる節が大ありです 笑


せっかく上手くいっている仕事や物事を
自分からダメにしてみたり、
わざと断わってみたり、、、
明らかに破壊的ですね ><;


>でも癒しを始め、学びも始め
>色々なことが見えてきて、気付いてきて
>自分の未来を明るく考えられるようになってきたら
>どんどん夢が叶う様になりました。

>それらについても
>いつも目の前に必要な言葉や必要なもの
>必要な出会い
>すべてが用意されるような気持ちになっています。

色いろな事に希望が持ててきました。
まだまだ自分をブロックしている部分はありますが・・。

早くスッキリ前に進む自分だけになりたいです。

rumiko 2010年01月26日 13時02分 [削除]

rumikoさんへ


こんにちは
ここのアクセス数は凄い数になっているんです。
コメントが付くとどんどんアクセス数が伸びるのが特徴のようです。
なのでコメント嬉しいです。


自分を責めることや
自虐的だという指摘
心当たりがあると思えたのは凄いことですね。

気付くことは回復や成長のスタートラインと言われていますからね

私も気付いてスタートラインに立つまでは
超自虐的でした(汗)




>せっかく上手くいっている仕事や物事を
>自分からダメにしてみたり、
>わざと断わってみたり、、、
>明らかに破壊的ですね ><;



大きな気付きですね!
これに気付けると気付けないとでは
のちの人生が大きく変わると言っても過言ではないと言われています。

無意識がやっていることとはいえ
ぶっちゃけ
成功や幸せなど心地よい状態になることを
破壊しているわけですからね。

私も色々やらかしましたなぁ(遠い目)
今は懐かしいです。

目の前ではたくさんこの様なことに
遭遇します。
過去の自分なので愛おしくも感じるけど
その方を救うのはその方自身ですからね。

気付き
そこがやっぱポイント、分かれ道でしょうね。

まだまだブロックしている部分があることにも
意識が向いてらっしゃるのも凄いことだと思います。

一気にブロックが解けるより
少しづつ無理なくが
また自分に優しいのかもしれませんね。




abe 2010年02月02日 21時16分 [削除]

ゆかり先生へ

コメントが続いてしまい恐縮なのですが、
この感情をシェア出来る場所がほかにないので、
図々しく書かせてもらっています。--;


ここ2・3日は、
シンクロ日記が書けるのではないかと思うほどです。

きょう、前回のセッション以来久しぶりに夢日記をつけました。
眠りにつく前は何もせずに寝付いたのですが、
朝起きたときに夢をはっきり覚えていて、
とりあえず急いでノートに記録しました。

その中から自分が象徴と思われる3つを絞ったのですが、1番目に出てきた象徴が、
海に浮かんだ氷でした。。。

そして、朝ご飯を食べながらニュースを見ていると、
今朝、流氷接岸初日のニュースが ^^;

ついに予知夢を見るようになってしまったのか!?
とザワッとしつつ、これは単なる偶然かもな〜
と心を静めました。

それから、お昼休みにホームページでラジオ英会話を勉強していると、、、
「ありのままの自分を受け入れてくれた○○は、
真の友達・・・」
と言うような意味合いのストーリーが。

英会話にそんな期待はま・・・ったくしていないのですが。


今週末、友人と話をしていて、とても心がネガティヴになることを繰り返し言われました。
それがずっと心に引っ掛かり、
勇気を出して、「もう言わないでほしい」
と伝えました。


その友人が離れていったらどうしよう・・;;
と気が気ではなかったのですが、
今朝になり、これからもよろしくねと、
返信が来ました。

ありのままの自分・・これを出してIメッセージを伝えるのは勇気が要りました!

やっと出来た率直に話せる友人だったし、
とにかく嫌われたくないし。。


ほっとした所に、この英会話のストーリー。

偶然で片づけてしまえばそれまでですが、
こころに響くものがありました。

2つも3つも重なると、
これは単なる偶然ではなくシンクロニシティなのかな〜。
と感じます。


単なる偶然と偶然の一致(シンクロニシティ)、、、
違いの見分け方はどうすればよいのでしょうね。

長くなり、失礼しました。

rumiko 2010年02月08日 12時52分 [削除]

rumikoさんへ

北見のネットカフェから阿部です。

シンクロ
本当に鳥肌が立つような時ってありますよね。



友人に対して勇気を持って伝えたことで
不安に感じられたけど
これからもよろしくと言ってもらえた経験はとても貴重ですね。


ネガティブな言葉などを言われると
結構傷つくことってありますからね
勇気を持って伝えられて良かったですね。

それは自分を大切に出来たということですよね

自分を大切にしている人には
安全なオーラが出てくるので
人も、寄ってきますし
魅力的に見えるものですよ。


コミュニケーションのアイメッセージも
伝えた後に罪悪感を感じたり
不安に感じたりするのは当然ありますが
今回の様に、離れていかないということを
何度もあちこちで経験し始めると
自分を大切にすることの効果を感じると思います。

英会話のストーリーも
すごいシンクロですよね

私もかなりシンクロが多い人間なんです
二人でシンクロ手帳でも作りますか(笑)

abe 2010年02月12日 21時19分 [削除]

ゆかり先生へ

ご返信ありがとうございます♪

>自分を大切にしている人には
>安全なオーラが出てくるので
>人も、寄ってきますし
>魅力的に見えるものですよ。

そうなんですね^^
何だか、とてもワクワクします。

最近、胸の真ん中にポカポカと
あたたかいモノを感じます。

過去に心が傷ついたときは、
心臓が痛くて胸を押さえながら目覚めることがありました。

人間の体と心ってつながっているんだなぁ、
と実感します。

ポカポカする感覚を大事にしたいと思います。


>コミュニケーションのアイメッセージも
>伝えた後に罪悪感を感じたり
>不安に感じたりするのは当然ありますが
>今回の様に、離れていかないということを
>何度もあちこちで経験し始めると
>自分を大切にすることの効果を感じると思います。

そうなんですね。
まだ1回なので、これからを楽しみにしています。


少しずつですが回復してきました。
生きてることが、楽しくなってきました。

本当にありがとうございます。

rumiko 2010年02月17日 09時16分 [削除]

rumikoさんへ


心と身体って本当に繋がっていますよね
私もここ数年これを実感しています。


ぽかぽかしている感覚があるとのこと
素敵な感覚ですね

少しづつの回復を実感できていることも
生きるのが楽しくなってきたことも
読ませて頂いて
ウルウルします。

本当にそうだと思います。

私もこの仕事をさせて頂いて
それぞれがそれぞれにあった形と速さで
このように変化されていかれるのを何例も見せて頂いています。

本人の持つ柔軟性と回復力なのですが
本当に感心させられます。

abe 2010年02月18日 08時58分 [削除]

ゆかり先生へ

インターネットのYOU tubuで
ヒーリングミュージックを検索したら
キロロの さよなら大好きな人 が
オルゴール版で出てきました。

これを聴いた瞬間、どうしてか涙が止まりません。

人ってあたりまえだけど、
いつか必ず天国に行くんですよね。

大好きな人が、親や、兄弟や、子供や、友達や、
どんなに引き留めても、別れる瞬間はどんな人にも
平等に、必ず訪れるんですよね。

本当に当たり前のことだけど・・・。

そう解っているのに、
どうして人は人を傷つけたり、
罵ったり、殺しあったりするのでしょうね。

いま目の間にいる大切な人を、
この瞬間に大事にしなくて、
いつするんでしょうね。

意地なんて張ってる場合じゃないと、
思いました。

ほかの方のワークで配役をもらったとき、
自分のワークより涙が出ることがあります。

気づいていなかったけど、
今の自分に必要なメッセージを受け取るために、
そうなっているとしか、言いようのない不思議な感覚に襲われる時があります。

そう考えると、
本当に、一緒に参加してくださった方には、
ものすごい感謝です。

本当に、ありがとうございました。

(話しがそれてしまって、ごめんなさい)
今感じたことを、思いのままにコメントしたら、
こんな文章になってしまいました--;

rumiko 2010年02月23日 16時37分 [削除]

rumikoさんへ


こんにちは
「さよなら大好きな人」ですか。私は知らない曲です(^^;)恐縮です。
オルゴールはとっても大好きなので是非聴いてみたいですね。
とはいえ・・・お別れの曲なのですよね???
むむむ〜〜「おくりびと」が怖くて観れていない私ですから、この曲もちょっとスイッチ入ってしまいそうで怖いです(苦笑)
さんざんワークに出て、カウンセリングなどでも泣いているのに
いまだ人との別れとか死がテーマなのは
ちょっと厳しい(^^;;)
1週間休みを取って、がっつり泣くぞ!というシチュエーションでも作って聴いてみますね(笑)


ワークショップに参加されたことで
一緒に参加してくれた人へ感謝したくなる気持ちになったようですね。
本当にそうだと私も思います。
参加された方には分かると思いますが
なんとも言えない暖かなもの、もらえますよね。
参加者の存在そのものだけでもね。
不思議ですよね。本当に。

そして自分以外の人のワークを見たり
役割をもらったりして参加している中ででも
涙が出ることは本当にたくさんの意味を持つと思います。
自分が主役の時はもちろんですけど主役でないときも
たくさんの癒しが起こりますよね。

私もセラピストとしてそこに居ますが
WSが終わった後。一人で静かにたくさん泣くんですよ。
悲しみの涙ではありません。
参加者の方への敬意の気持ちで一杯になるんです。
トラウマから逃げずに向き合う姿は本当に心を打たれます。
そこに自分姿も重ねているのだと思います。
私は主役が出来ないので終わった後に泣く事で癒されるのかもしれません。
何より、その後のフォローアップも担当させて頂くことが多いですが
成長と回復には目をみはるものがあるんです。

うかうかしてられ〜〜〜〜〜ん。と妙な焦りも感じたりして・・f(^^;)てへへ。

abe 2010年02月28日 22時14分 [削除]

ゆかり先生へ

こんにちは。
先日はありがとうございました。

さっそく夢を記録しました。
自分で意識することで、夢を細かく記憶する能力が
育っている様に感じます。

そして、メッセージもすんなり理解できる速度が速く
なってる気がします。
(気のせい!?かどうか解りませんが−−;)


さよなら大好きな人は、あれから気づいたのですが、
花*花の曲でした。
そして、亡くなった方を思って歌った曲だそうです。

送りびと・・は、
ちょうど祖母が亡くなり告別式を終えた年に上映されたので、その姿を重ね合わせながら映画館で見てきました。

その時は、まだ癒しが進んでいなかったので、
映画に感動した涙なのか自分の辛さがごっちゃになって
噴出した涙なのか解らず、手元にあったポケットティッシュでは足りなくて、ハンカチで鼻水を拭きながら泣いていました。

一緒に行った職場の人は、とくに表情も変わっていなくて、おそらくあの映画館であんなに泣いたのは、私くらいだと思います。


花*花さんの曲を聴いたときや、
送りびとの映画を見たとき。


私は、死に直面すると言うのは、
とても大切な時間だと感じています。

これは、ある年齢に達してからと言うより、
世代の若い方にも共通していることだと
感じています。

アメリカでテロがあったとき、
平均寿命より若い方が、大勢亡くなったと思います。

あした生きている保証は、
じつは誰にも、どこにもないと思うのです。

逆説的ですが、だからこそ、
今日一日を大切に生きようと思います。


・・・とは言え、向かい合うのに適切な時期と方法
があると思うので、その人に合ったベストタイミングがあると今の私は思っているのですが。。。

まだ、そこまでの感情にはなっていないけれど、
いつかやってくる寿命を、平和な気持ちで、
穏やかに受け入れられる自分になっていたいなぁ、
と、今はぼんやりと考えています。



本当に、ワークでは皆さんからあたたかいモノを
頂いた感じがしています。

この花*花さんの曲を聴いたときも、
実は前回のワークで御一緒した、
ある方を思い出していました。

ひとり静かに思っていましたが、
この曲が届けばいいな〜
という気持ちでいっぱいになりました^^


回復と成長、自分では解りませんが、
ゆかり先生から見て、
回復しているなぁ、とか
成長している
と映っていたら、とても嬉しく思います。


長い文章、読んでくださりありがとうございました。

2010年03月01日 13時11分 [削除]

Will I get paid for overtime?

Grace 2013年07月22日 21時41分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

催し物案内
FCCN C.Cとは?
スタッフ紹介
活動記録
参加者感想
サイトマップ
関連リンク集
事務局から
本の販売と報告
会員制度
Care Support
主な相談内容
トラウマ回復
カウンセリング&精神療法
子どものカウンセリング
発達が気になるお子様
IQ知能・技能検査
専門家育成
お問合せ・予約
自助グループ
自死遺族
様々な依存症
トラウマ
不安・パニック
カラー・カード
その他いろいろ

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

FCCNは個人情報保護に関する法令およびその他の規範を順守します。

Copyright (C) 2007 FCCN C.C All rights reserved.