2010年04月27日(火)

恋愛依存症〜決断のポイント〜 [様々な依存症]

画像(108x180)・拡大画像(240x400)

お久しぶりです。
マネージャーの石山です。
我が家の庭に福寿草がかわいらしく咲きました。
毎年福寿草の花を見ると「あぁ春だねぇ(*^^*)」
という気分になります。
朝はラジオ体操、夕食後にはウォーキングを始め(今回は珍しく割と続いている:笑)春の息吹を感じている今日この頃です。


さて今回は「恋愛依存症シリーズ」最終回ということで、「決断のポイント」についてお伝えしたいと思います。
参考図書は、伊東明氏の「恋愛依存症」(講談社α文庫)です。

これまで恋愛依存症について、特徴や恋愛パターン、鍵と鍵穴のように惹かれあう
共依存と回避依存についてとその2者による恋愛のサイクル
そして前回そのサイクルから抜け出す3つのキーワードについてお伝えしてきました。

今回は、恋愛依存の関係性に対してどう決断するか、これまでの関係に終止符を打つのか、
それともこのまま継続するのか、この決断のポイントについてお伝えしたいと思います。
どちらを決断するにしても、「私、どうしたらいいのぉぉぉ(><)」ってなるのは
当然だと思います。
だからと言って自分で決断できないから他人に決めてもらっても
「じゃあ別れなさい」って言われて
「はい、分かりました」で済むなんてことはありえないわけで・・・(^^;;)

この場合に限らずですが、自分で決めるべきことを人に決めてもらったり、決められてしまうと
「あの人に言われたから」というような責任転嫁になりかねません。
それは自分の人生を自分の責任で生きていないことになりますよね。
だからはやり自分の人生ですから、自分で決断するしかないのです。

そこで、どちらを決断するかは自分の選択になるわけですが、
参考図書によると回避依存症者をパートナーに持つ人の決断のポイントとして
5つ挙げられています。


@いつものパターン〜それでいいのか?

Aどうして惹きつけられるのか?

Bまず変わるべきは「彼」か、「自分」か?

C自分をいじめたいのか、幸せにしたいのか?

Dどこまでなら許せるのか?



著者は回避依存症者との関係を今後どうしたいのか決断する際に、
この5つのポイントを自分が納得するまで問いかけて欲しいと言っています。


私が過去にこのような恋愛依存症の特徴そのままに、恋愛のパターンやサイクルを
長年に渡って繰り広げてきたように、この場を訪れてくださっている方の中にも、
同じような経験をされていた方や、
「私、恋愛依存症かも・・・?」と気づき始めている方、
そして現在その真只中にいらっしゃる方など、
色々な状況の方がいらっしゃるかもしれませんね。

パートナーとの関係性について、不安や恐怖や悲しみを抱えていたり、
いつも「自分が悪い」と罪悪感や自己嫌悪を感じていたり、
相手に振り回されて無力感や孤独を感じている自分に少しでも気づいているとしたら、
きっと「私はこのままでいいのかな?」
「本当に私、今のままで幸せなのかな?」
と思ったり考えたりすることがあるのではないでしょうか?


同じ恋愛パターンを繰り返している場合、自分でコントロールが効かなくなっており、
気がついたら恋のスタートやプロセスが同じパターンであったり、
新しい恋が始まるたびに「この恋は違う」「今度こそ本当の恋だ」など色々自分を
正当化する傾向がありますが、実際にはパターンは同じであることがほとんどです。

また相手が変わったとしても恋愛依存の場合は相手は関係なく、
同じく回避依存や恋愛依存であるのは相手を変えても結局パターンは変わらず、
100人が集まるパーティでお互いに離れた場所にいても強く惹かれあってしまうのです。


「それでいいのか?」
「あなたは本当にそれでいいの?本当にそれで幸せなの?」

すぐに答えを出すのはとても難しいし、その時は「このままではダメだ」と思っていても、
目の前にある関係性を切ることの切なさや寂しさに目が向いて
「やっぱりこれでいい」と思うことや
気持ちが揺れ動くことも当然のこととしてあると思います。

また、自分自身の中でも「別れたほうがいい」と思っていても、
どこかで「やっぱり別れたくない」と思っていて
その狭間でもがき苦しんでいることも少なくないと思います。
この場合、すぐに答えを出すことはとても難しいことですし
揺れ動く気持ちの中でいろんな感情が湧いてきて混乱することもあるでしょう。
でも、ここで現実を歪めないでありのままを見つめた上で、
自分に「これが本当の私の気持ちだ」と自分が納得いくまで問いかけてほしいと著者は言います。

さらに、鍵と鍵穴のごとく惹かれあうパターンやサイクルを繰り返すといったメカニズムは
運や偶然ではなくきちんと理由があるので、それをしっかりと認識して欲しいとも言っています。


また、ポイントBでは行動についても挙げられています。


「あの人さえ変わってくれれば・・・」
「あの人のここさえ変わってくれれば・・・」
なんだかこの台詞、私よく言ってた気がしますが・・・(苦笑)

恋愛依存症者に限らず、人と言うのは自分にも問題の責任の一端があるのに、
それをなかなか認めたくない傾向があるそうですが、パートナーに対しての自分の行動が
パートナーの問題を助長したり、黙認したりしている場合があるそうです。

例えば、自分は全く悪くないのに謝ったり(私、超得意でした:汗)
無理な要求を受け入れてしまうなどです。
「嫌われたくない」とか「相手を怒らせないように」という思いから
こういう行動に出てしまうこともありますよね。
でも、こうした行動は「そういうあなたの行動は、私にとってOKです」と
無意識にメッセージを伝えていることになるのだそうです。
相手の都合のいいように
自分が動いてしまっているということなんですね。

だから、「あの人が変わってくれれば・・・」と相手が変わることを期待したり
望んでいるのではなく、まず自分の行動パターンを変えれば何かが変わるのだそうです。

「相手ではなく、まずはあなたから変わること」というのが
人間関係改善のための鉄則だと著者は言っています。
人と言うのは、自分の行動パターンを変えるのを嫌がり、なにより相手のせいにしているほうが楽と考える傾向があるそうですが
更に恋愛依存症の場合は、過去の深層心理で決定されてしまう強力な行動パターンがあるので
行動を変えるのは容易ではないと言われています。
しかし「自分が変わって、初めて相手を変えることができる」ということを
しっかり覚えておく必要があるようです。


更に、「当たり前のこと」を認識することも大切なポイントのようです。

ここでいう「当たり前のこと」というのは
・怒鳴り散らされない
・恐怖に怯えさせられない
・搾取されない
・行動をがんじがらめに規制されない
・優しく、愛を持って接してもらう


こうしたことは、一人の人間として幸せな気持ちで日々暮らすための
当然の権利であると著者は言っています。
しかし、どう考えても自分をいじめているとしか思えないような恋愛をしている
ケースが非常に多く先に述べた「当たり前のこと」、当たり前の権利を自ら放棄してしまっている
可能性があると言われています。
ですから
「一人の人間として幸せな気持ちで暮らす権利がある」
ということを自分に認めてあげることも、決断する際のポイントとして挙げられています。


では、「なんとか頑張って、改善のために努力しよう」と思ったり
とりあえず結論は持ち越そう決めた場合、その時にもポイントがあります。

「どこまでなら許せるのか?」
自分で「ここまでなら許すし我慢するけど、それ以上は絶対にダメ!それを超えたら必ず別れる」
というラインを決めておく必要があるそうです。

たとえば
「口で言っているうちはいいけど、手をあげるなどの暴力をふるうのはダメ!!」
「貸すのは月に1万円まで!」
などという感じです。

そしてそれ以上にもっと重要なのは、その誓いを実行に移すことだそうです。
1万円までという約束を破って「もう1万円」と言われたら即刻別れる
少なくとも相手と距離を大きく置くことが必要となるそうです。
そうしないと、相手に「口ではあんなふうに言ってるけど、結局大丈夫なんだ」
と思われて、更に行動や要求がエスカレートしていくことになりかねないそうですが
きっぱりと制限を設けておくことで、少なくとも今より状況が悪化することはないそうです。


以上、5つのポイントをお伝えしましたが、みなさんそれぞれに
色々な感想を持たれたのではないかと思います。
私も参考図書を読み返して、「むむぅぅぅ、キビシイ><」と感じたり
「わかっちゃいるけど、それがなかなかできないんだよねぇ」と思ったりしていました。


私は数年前に「関係に終止符を打つ決断」をしましたが、その決断までには何年もかかり
その間もいろんな決断をしてきました。

「どんなに辛くても、私はこの人についていく!!!」
と信じて疑わなかった時期

「あれ?なんだかちょっと疲れてきた・・・でもきっと最後には私を選んでくれるハズだから!!」
と自分を奮い立たせていた時期

「私、このままで幸せになれるのかしら?」
と疑問を感じ始めた時期

「私、この人と一緒にいても幸せになれない
楽しくない、居心地が悪い!!」とはっきり自覚した時

カウンセリングやセラピーを受け、自分に向き合っていく中で
私は少しずつ自尊心が上がってきて、少しずつ自分を大切にすることを覚えて
少しずつ今までの関係性に疑問を持ったり、自分を傷つけてきたことに気づいて
やっと「当たり前の権利」を自分に与えようと思えるようになりました。

そしてしっかりと地に足をつけて決断できたことの1つに、信頼するセラピストから
良いタイミングで背中を押してもらえたことも、私にとっては大きな力になったと思います。

何かを決断することは、本当にとても勇気がいるしエネルギーも使うことだから
そんなに簡単にできることではないですよね。

たくさん迷い、悩み、揺れ動く自分の気持ちを感じる時間もとても大切で
必要なことだと思います。
人それぞれプロセスも違うし、考えたり悩んだりするのに必要とする時間や
行動を起こすタイミングもみんな違います。

自分の人生ですから自分のペースやタイミングを大切にしながら
どんな選択や決断も責任を持って生きていきたいですね。

Posted by fccn at 23時51分   Comment ( 30 )

コメント

石山さんの恋愛依存のトピックは
とてもとても恐ろしいシリーズで(苦笑)
特に前回などは
当てはまっている事が分かっているのに
必死に
「いや、違うし。全部に当てはまんないし。」
こんな風に全力で割引否定しておりました。

ちょうど自分の恋愛パターンが
一定の共通した状況を繰り返し
その大元が父性との関係のやりなおしであったと自覚した矢先でしたので
頃あい良いタイミングでまたこのトピックに出会えてとても嬉しく思います。
これも何かの思し召し・・・と初めから読み直しまして…痛いですねえ(冷汗)
特に前回に書かれてあったキーワード「再挑戦」

前回私は一体どこを読んでいたんだろう。
まんま書いてあるのに
無意識が「スルー」していたんですね。

「恋愛依存していた事は理解できた。
でも、じゃあ
これから先はどうしたらいいんだろう?」

そんな心の揺れを感じていたので
今回の
5つのポイントを納得するまで問い続ける…という取り組みは
とても参考になりました。


ある程度
時間を経なければ答えが出ないのは分かっていても
少しでも確かな手ごたえや方向付けが欲しかった。

とりあえず
ここに書き込めただけでも一歩前進だと思っています。
それまでは
恋愛依存していることを認めたくなかった。

できればこれで終わりにしたい。
同じような人には勇気を持って境界線を引けるようにしたい。
そして今度は
誰にでも自信を持って紹介できる人と
惹かれあう事ができたらなあ…。

これからのオンナ人生における
大きな宿題がまたひとつできました。

恵里子 2010年04月29日 23時37分 [削除]

恵里子さん

とてもとても恐ろしいシリーズ担当 石山です(笑)
コメントありがとうございました。
大切に読ませていただきました。


恵里子さんにとって、今回のシリーズはとてもタイムリーなトピックだったようですね。


「無意識がスルー」ってありますよね。
以前読んだ時は全く意識していなかったことが、少し時間がたって読み返してみると、そこに自分にとってすごく大切なことが書かれていたなんてことは、私も結構経験があります。

私も、恋愛依存真っ只中の時に、この参考図書を読んだんですが、その時にピンとこなかったことが、今こうして記事を書くのに読み返してみたら、ドンピシャなことがたくさん書かれていて、ぶっちゃけ今のほうが変な汗を書いたり、妙に正座したくなるような気持ちで読んでいる自分がいます(^^;)


恵里子さんも記事を読んで必死に割引したり否定したりしながらも、
そして、怖い、痛いと感じながらもトピックを読み直して、更にいろんなことに気づかれたんですね。
そして、今回お伝えした決断のポイントについても、参考になったようですが、この先どうしたらよいかと心の揺れがあるときに、何か自分に確信になるものや、方向付けになるものがあると心強いですよね。

そう言ってもらえて、私もこのトピックを扱ってよかったなと思います。

地に足をつけて問題に向き合っている恵里子さんの姿が目に浮かび、私もパワーをもらっています。

この場にコメントを書き込んでくださったことも、恵里子さんにとって大きな大きな一歩前進ですね。
この場に訪れてる方にも、きっと大きなギフトになっただろうと私は感じます。


これからのオンナ人生かぁ・・・(ぽわ〜ん)
おっと、遠い目になってる場合じゃない!!!(苦笑)

私も、恵里子さんの言うように、
誰にでも自信を持って紹介できる人と惹かれあいたいなぁ・・・と思います(*^^*)


コメント ありがとうございました。

ishiyama 2010年04月30日 16時55分 [削除]

石山さん
はじめまして。
記事を読ませていただきました。
一字一句、自分の事が書かれている!と思い、冷や汗かきました。

なかなか抜け出せないこの問題。
どうしていったらいいのかと途方にくれています。
えーん!

石山さんが書かれた文章を読むだけでなく、
ノートに書き写してみました。

書く事によって、思い当たるできごとをたくさん思い出しました。

まだその渦中にいてもがいていますが、
この記事に出会えてよかったです。

本当の幸せを体験、体感してみたいと思いました。

たくさんの気付きを与えて下さってありがとうございました。
乗り越えられるよう頑張ります!

みな 2010年06月10日 06時46分 [削除]

みな さんへ

コメントありがとうございました。
大切に読ませていただきました。

このシリーズは、本当に冷や汗や変な汗をかくようですね(笑)
まぁ、記事を書いた私もたっぷり変な汗をかきましたが・・・(^^;;;)


みなさんは、この記事を読むだけでなくノートに書き写してみることで、更にたくさんのことを思い出したり、気付きがあったんですね。
読むことに加えて、書くことでまた更に情報を脳にインプットすることができるので、更に気づきも深まりますしとても良い方法ですね。


今はまだその渦中にいてもがいているとのことですが、気づきがあったということは、すでに回復の一歩を踏み出しているということになりますね。


「自分はこうなりたい」という強い気持ちを持っていれば、いつかその思いが実現すると私は考えます。
みなさんの「本当の幸せを体験したい、体感したい」という思いも、いつか実現すると良いですね。


遠くから応援させていただきますね。
このトピックが、みなさんのお役にたてて私も嬉しいでです。

シェアしてくださってありがとうございました。

ishiyama 2010年06月10日 16時45分 [削除]

始めまして
恋愛依存症と検索してこちらのサイトに辿り着きました。私はこの間まで回避依存症の脱走者タイプだと思われる男性と付き合っていましたが振られてしまいました。
彼のようなタイプの人とうまく付き合うにはどうしたらよかったのか自分の中で納得のいく答えがでません。
私はどうしたら彼とうまく付き合うことができたのでしょうか。

かな 2011年02月12日 15時27分 [削除]

かなさんへ

FCCNの石山です。
コメントありがとうございました。
大切に読ませて頂きました。

恋愛依存症というトピックで検索して、この場につながったのですね。
これも何かのご縁ですね^^

さて、お付き合いされていた男性に最近振られてしまったとのことですが
きっと今はとても寂しくて辛い状況なのだとお察しします。
好きな男性に振られるのはとても悲しいことですし、今彼とのお付き合いを思い返し
自分がどうしたらうまく付き合えたのだろうという疑問に答えが見出せないでいるんですね。
回避依存の脱走者タイプと思われる男性とお付き合いをされていたとのことですが
脱走者タイプの男性は、親密な関係性や束縛を極端に恐れている傾向があるので
お付き合いする上で距離感や関係性を築くことがなかなか難しいですが
好きな人と関係性を継続したいと思うのは当然のことなので、自分がどんなふうに
彼に接していたら、振られないでお付き合いを続けられていたのか考えてしまいますよね。


私も、以前回避依存傾向の男性とお付き合いをしていたことがあるので、
彼に対する私の接し方をどう改善したら、彼がまた私のほうを向いてくれるか?
どうしたら、彼のようなタイプとうまく付き合うことができるのか?
こういうことよく考えていました。

結局私は9年かかって答えを出しました。
上記の問いの答えというより、別な問いを自分に向けその答えを自分なりに
追求しました。

「どうして私はこういう恋愛パターンが身についたのだろう?」
「どうしてこういう男性に惹かれるんだろう?」

この作業は私一人では難しかったので、専門家にサポートしてもらいながら
取り組んできましたが、本当にいろんなことに気づかされました。
過去の恋愛を振り返ってみると育ってきた環境、親との関係性、自尊心の欠如など
様々な問題が今までの恋愛パターンに大きく影響していたことがわかりました。

自分の問題に取り組み、自分を癒す作業を続けてきて、結果的にその彼との関係性は
自分には必要ないという結論に至り、関係性にピリオドを打ったのですが
自分が何かの犠牲になるのではなく、自分が自分らしく幸せに生きるための
選択ができたと思っています。


その後しばらくトキメキも恋愛もなかったのですが、ここ最近久々に
トキメキがありました。
実は、またまたちょっと問題ありそうな男性に惹かれています(><)
どうして惹かれちゃうのか?
わかっちゃいるけど、もう惹かれちまうもんはしょうがない!!
だってそういう人にしかときめかないなんですもん・・・(開き直り)
まだ、何も始まっていない片思いの恋ですが、以前の私とは違って今は
自分の恋愛パターンに気づいているので、色々と自分の中で対策を考えることが
できます(笑)
自分の恋愛パターンを知るということは、今後の恋愛にも活かせる重要な
ポイントだと私は思います。


長くなってしまいましたが、今私がお伝えしたことはあくまでも私が経験して出した
私なりの答えなので、1つの参考にしていただけたらと思います。

きっとかなさんには、かなさんの答えがあると思います。
今はちょっと悲しくて辛い時期だと思いますが、失恋の悲しみをたっぷり感じ
涙をたくさん流すこともとても大切な時間だと思います。

自分に優しく、そしていつか自分の中で答えを見つけることができると良いですね。

ishiyama 2011年02月14日 17時26分 [削除]

石山さん、こんばんは。
いろいろ読ませていただきました。
誰にも相談できないので、石山さん、話を聞いて下さい。アドバイス良ければしてもらえますか?
私は恋愛依存症のタイプだと思います。主人は少し回避依存ぽい人です。
 友人ではっきりわかるような回避依存の人と少し仲良くしていたのですが<深い関係ではありません>たまに話せるのがうれしくて、でも友人が距離をおきたがっているのを察して、私が先に友達やめるようなことを言ったのです。<振られるのがこわかったから>そしたら、急にやさしくなりましたが、その友人と友達してるのもつらいことばかりなのでこれを機会に会うのをやめることにしました。でも、完全に嫌いじゃないので、5カ月位したら、ほかの人との会う機会とかで顔位見るのはいいですかね。たまに遠くからでも見ていたい気持ちがあるんです。仲良くすると私がつくし過ぎてしまうのがわかるので、近ずきすぎず、でも遠くから見ていたいです。どう思いますか。
 私は気が多いのでしょうか?少し回避気味の夫はやさしいですが、やはり感情はあまり表にだしません。でもそばにはいてくれます。

恋愛依存症の人はたくさんの人を好きになるものなんでしょうか?やっぱり私に満たされていない何かがあるのでしょうか?私は女同士の友情をあまり信じていません。だから、恋愛に依存してしまうのでしょうか。

意見していただけたらうれしいです。お願いします。

さくら 2012年03月26日 00時54分 [削除]

お久しぶりです 石山です^^

FCCNを退職してちょうど1年になろうとしています。
私も一人の仲間として、このHPを楽しみに拝見させて頂いています。

今回は、私がFCCN在籍中に書かせて頂いた記事へコメントを頂いたということで
FCCN代表のゆかりさんからコメントに対する対応のご依頼を頂きました。
今回は実名で投稿させて頂きますが、あくまでもここを訪れる一人の仲間として
コメントさせて頂きますのでご理解を頂けると助かります。


さくらさん、コメント読みました。
今 回避依存の方との関係性で、色々悩んだり疑問が湧いたりしているんですね。
自分の中でどうしたらいいか決断出来なかったり、答えが出ないのは苦しいですね。
自分で「これでいいのか?」と不安な時は、誰かの承認が欲しくなったり
背中を推してくれるアドバイスが欲しいなぁと思ったりしますよね。

さくらさんにとって、私のコメントが直接的なアドバイスや意見にはならないかもしれませんが
実はタイムリーにも、偶然私にも最近ちょっとした色恋沙汰がありまして・・・(笑)
こんな仲間もいますよ〜ってことで、その経験を書かせてもらおうと思います。


実は、自分が恋愛に飲み込まれそうになっていると感じて、この恋愛依存症のトピック
最初から最後までじっくり読み返してた時がありました。
えぇ 例のごとく変な汗かきながらです(苦笑)

私も共依存傾向があるので、かなりの確率で回避依存傾向の男性に惹かれちゃいます。
「今回惹かれちゃった相手は搾取者タイプっぽいな」とトピック読みながら
分析したりしてました(笑)


今回の相手も完全に私の一目惚れです。(私はいつも一目惚れです)
と思いきや、どうやら彼もそうだったみたいですけど・・・。
この時点ですでに危険な感じです(苦笑)

何度か会ったり食事はしたけれど、思いっきり惹かれつつも、今回はどこかで
「こりゃ あかん!またサイクルにハマっちゃいそうな危険臭がプンプンだ!」
ということを察知できたので、強く惹かれている自分と
問題を割引して突っ走っちゃいそうな自分とで激闘を繰り広げ、
結局離れる選択をしました。

今になってみると、この選択は自分にアッパレと言ってやりたいくらいですが、
その時は強く惹かれる気持ちもあるわけですから、最初はやはり精神的にしんどいし
近年稀に見る落ちっぷりでした。


「会いたい」と思う気持ちがムクムク湧いてきて、それを感じることがすごく辛かったです。
でも、まだ気持ちが完全に整理できてない時に会うと、結局自分の感情や行動の
コントロールができなくて、見事にサイクルにハマってしまった経験があるんです
実に何度も・・・恋愛サイクルの繰り返し、これが依存症っていうやつだなと思います。

今まで「会わない選択をした辛さ」より「会った後の辛さ」のほうが大きかったでしょ?
と何度も自分に言い聞かせました。
わかっていてもやっぱりシンドイから色々紛らわしました。
健全な方法から、不健全な方法まで色々です。
久しぶりに摂食障害や不眠、自傷行為とも言うべき症状もあったので
自分が過去に逆戻りしたように感じ、ものすごく不安になったりしながらも
とりあえず、たっぷりひっちゃかめっちゃかもがき苦しんだ後、観念してセラピー受けました(笑)

でもやっぱりセラピー受けたり、夢を見た時はセルフセラピーしたり
今の自分に必要だと思う本を読んだり、着物着たり(今はこれが結構気分転換になります)
これらの選択肢が私の中である程度定着していて、それを選択できることは
すごく自分にとって宝だなと思いました。


今回の経験で、恋愛依存の根深さを痛感しました。
理想では安定した平和な恋愛を望んでいるのに、現実は危険臭プンプンな
回避依存の男性にグイグイ惹かれてしまうこのギャップ(苦笑)なんじゃこりゃ?です

でもそれと同時に、自分の変化や回復している部分を垣間見ることが出来ました。
最近、全然トキメキがなかったので、久々のトキメキでいろんなことに気づけました。
まだまだもっともっと自分の癒しが必要ってことで、その癒しの作業の中に
なんじゃこりゃ?の答えやヒントが隠れているんだと思いました。


石山砂緒里 2012年03月28日 17時22分 [削除]

石山サンのご登場に興奮しました。笑

ちょうど一年経ったのですね☆この間に私はどんな成長をしたか振り返るきっかけを頂きました。

yogaの資格を取り、アメリカに行きyogaクラスを始めた…良かったちゃんと成長してました♪

恋愛傾向は…?
私も数年ぶりにときめきが最近ありました。

さおりサンと同じように会った後がつらい…。
完璧相手の想うツボでいわゆる都合のいい女になってます。
それでもいいから会いたいと思ってしまい暇な時に呼ばれては普段放って置かれて悲しい思いをする…。

依存ですかね。
一年前お目にかかった以来…あれからそんなに月日が経ったのかとしみじみ思いました。

k 2012年03月28日 21時37分 [削除]

kさん こんにちは

興奮しちゃいましたか?(笑)
私もドキドキしながら、コメントしましたよ^^


kさんもyogaの資格を取ったり、アメリカに行ったりと
充実した1年を過ごされていたんですね。

私も大好きな日本文化に触れながら、今は着物のことを
中心に新たな学びを始めたところです。


本当に1年あっという間ですね。
私も「1年経つんだなぁ」とちょっと感慨深いものが
あります。

恋愛・・・お互いに色々ありますね(^^;)
色々あって嫌になることもあるけど、でもトキメキや恋する気持ちはいつまでも持っていたいな〜と思います。



いしやま 2012年03月29日 09時02分 [削除]

何度もすみません(^^;;)

私は今はFCCNのスタッフではないので、記事についての質問等には対応できませんが、ここを訪れる一人の仲間として、時々ここに存在します(笑)

どうぞよろしく!!

いしやま 2012年03月29日 09時05分 [削除]

石山サンのおかげで…一年を有意義に過ごそうと自分を大切にするきっかけを頂きました☆

ありがとうございます
(^人^)

好きになった人に振り回され何が何だか解らないまま一年がすぎ…気がついたら精神的に病んでいた…

何てことではなく
今年の目標を立てたいと改めて思います☆

2012年は
香港とインド出来たら両方せめて片方は行くようにする☆(yoga友と)

いま気になっているセラピーの資格を取る

有機ヤサイのカフェを開くオーナーさんと連絡をとって将来の夢実現に向けて足元を固める

さおりサン登場してくれて有り難うございます☆

k 2012年03月29日 15時00分 [削除]

前回コメントしたとおり…

3ケ月の間好きになった人に振り回され…
何が何だかわからないまま精神的に病んでいたに
なるところでした 汗

本人気づいていないけど周りの友人から
変だよ、おかしいし病んでるんじゃ
と言われてしまった。

いまこの本を取り寄せてますが、
私が共依存、彼が回避依存、独裁者と搾取タイプを
併せ持つ彼と推測します。

うすうす気づいていたけど恋愛依存だったのですね。
別れた夫と付き合っていた時も、うまく行かないと仕事に支障出たり、付き合いを優先しすぎるあまり友達から敬遠されたり・・・

そしてまた似たような傾向を持った別の人に惹かれる
周りには反対される、条件がぴったり揃いまくってます。

もう抜け出したい!
今度こそと思ってつきあったのに。
私は、ここで言うところのしがみつきタイプで
同じ人とサイクルを繰り返すパターンのようです。

夫と別れた時、やっとこのサイクルから抜けだした
と思ったけど、相手を変えて似たようなことを繰り返していたのですね。

もう傷だらけで、体力、気力、精神力ぎりぎりです… 苦笑

k 2012年08月27日 16時00分 [削除]

初めまして。回避依存をずっと検索していてこちらを拝見しました。元彼が回避依存の脱走型と思うんですが、良くない関係になってすぐ、このパターンは、いけない、毎度のパターンだ、私自身幸せになれないし、彼も不幸にさせる…とすぐに別れを決意しました。しかし数ヵ月でしたがメールや言動がおかしいと気付き、本で調べたりし別れた後、延々悩み元彼に回避依存症の話をしました。元彼が近く他県に行ってしまうので話だけでもして友人として力になりたく。彼自身も自分はおかしいかも?このままじゃいけないとは思うんだけど…と以前から言ってたもののまだ半信半疑。自分でも検索したみたいで当たってると驚いてはいましたが。ただ変わるのは彼自身の意志しかないですし、無理矢理は出来ないのも分かってるんですが心配でなりません。他県へ帰るまで後、少し。本当に治したいなら一緒にセラピーやらもと思ってす。私自身も変わりたいし幸せになりたいので、2度と元彼と関係は繰り返さない意志でいますが友人として気にするのはダメなんでしょうか?。今後どう接したら良いでしょうか?。ご意見聞かせて頂けませんか…?お願い致します。

まゆ 2015年01月10日 00時15分 [削除]

まゆさん初めまして。スタッフの佐倉雅(さくらみやび)といいます。現在この分野の担当をさせて頂いている、元どっぷりの恋愛依存症者だった私がコメントさせていただきますね。
まゆさんのコメント大切に読ませていただきました。
付き合っていた元彼が回避依存なのではないかと思い、色々検索してこちらにたどり着いたとのこと。毎度のパターンに気づいて別れを決意し、その後も元彼と恋愛依存症について話し合ったのですね。別れを決意するときも、その後も、たくさんのエネルギーが要ったでしょうし、様々な感情が湧いたことと思います。辛いですよね。
元彼が変わるためには彼自身の意思しかないけれど心配でならない、そして今後彼とどう接していけばいいのか、とても悩んでおられるのですね。また、まゆさんご自身も「変わりたい」「幸せになりたい」と思う気持ちがあり、様々な迷いがあるのですね。
「相手に変わってほしい」という気持ちは、多くの人が持っても当然のことだと思います。
同時に「自分が変わりたい」と思えてこの様に何かしらの行動を起こせるという方は、それだけでかなり力があるので変化や成長しやすいとも言われています。
様々な恋愛依存症者は一見他の人には理解されにくく、たんに「あの人は異性関係にだらしがない」「あなたはいつも相手に尽くしてばかりね」などと周囲の人から非難されがちかもしれません。
当の本人もなぜ自分がいつも同じパターンに陥るのか、なぜ辛い恋愛から抜け出すことができないのか分からず、人知れず苦しんでいることが多くあると思います。
まゆさんもおっしゃっていたように個人セラピーを受けたり、自助グループやグループワークショップに参加したり、様々な方法や場所があるので色々試してみるのもいいと思いますし、恋愛依存について書かれている本を読むことで、気づきを得られることも多いので、「自分を知る」「相手を知る」「何が起こっているのかを理解する」ということでとても良い方法だと思います。こちらのコーナーでも紹介されていますが伊藤明著の「恋愛依存症」や、ロビン・ノーウッド著「愛しすぎる女たち」もおススメです。私も知識を得ることによって、人生が大きく変わった一人でもあります。
これらの本は、もしかしたらときに、読むことが辛く困難かもしれません。ちなみに私の場合ですが・・・・
どちらの本も、最初は読んでいて無性〜〜に腹が立ち、読みながら「フンッ!」と鼻で笑ったり、著者にムカついてみたり、という連続でした(>_

佐倉雅 2015年01月13日 15時29分 [削除]

佐倉です。文字数が多いのか、途中で切れてしまうので続きを書かせてもらいますね。

〜続き〜
著書にムカついてみたり、という連続でした。
あまりにも自分のことが書いてあったので。
自分と恋愛相手との間でいつも繰り返されるその恋愛パターンが、なぜか著者にバレており、そしてそこに隠された驚くべきカラクリが書いてありました。だんだんと解明されていく真実に、ときには涙しながら目を皿のようにして夢中で読み進めました。他にも、ピア・メロディ著「恋愛依存症の心理分析―なぜ、つらい恋にのめり込むのか」など、恋愛依存について書かれた本がたくさんあるので、読まれてみるのもいいかもしれませんね。

そして「自分や相手を知り、何が起こっているのかを知る」後に今度は「繰り返してしまう」というスパイラルから抜けるために必要になるのが「自分の癒し」と言われています。
書にも書いてありますが私たち恋愛の仕方に特徴がある人の多くは生育歴にヒントがあることがとても多いです。私もその一人でした。
著書を読んで知識を得て「認知を変えた」後、今度は「行動を変えていく」ために「自分の癒し」としてセラピーやカウンセリングはとても役立ちました。当センターではスカイプでも「恋愛専門プログラム」も有料ですが私が担当で行っていますのでこの機会に対応させて頂くことも可能です。
ちなみに回数も決まっていて、「自分を知る」「相手を知る」「何が起こっているのか理解する」そして「自分を癒す」セラピーなどもセットになっているプログラムです。回数は限定されていますので一度受けてみて回数延長希望の場合も対応させていただくこともできます。
まゆさんにも、何かのヒントやきっかけになるといいですね。では、長くなりましたがこの辺で。

佐倉雅





佐倉雅 2015年01月13日 15時35分 [削除]

アドバイスありがとうございました。実は伊東明サンの本は回避依存を調べた際によくでてきたので取り寄せ読みました。お陰で私自身が共依存とも分かりました。ただ…元彼に来週会うんですが、彼はさ来月には転勤で離れてしまいます。会った時に以前話した回避依存の件について再度聞くつもりです。彼自身、受け入れて変わる気持ちがあるか?無いか?。以前話したり伊東サンの本もさっと読んでましたが半信半疑なよぅでしたので、今まで浮気してもバレず、社会的には普通にやれ、このままでいぃゃ〜と思うなら私はこれ以上は私からは触れない、彼から手を伸ばして来ない限りは…と思ってます。回避依存について話しただけでも彼にとっては土足でドカドカ踏み込まれる感じだったと辛かったでしょうし。コンプレックスも聞いてると酷く、自分にたいして過少評価、でも周りには出さない。変わりたいなら協力したいですが。次回会った時、聞くのはどう思われますか?。間違いなんでしょうか?。もぅ時間が無く、周りには反対され心底悩んでます…。逢うと元彼からの誘惑?に揺らぐ心もありますが、私は幸に何なりたい!同じ恋愛パターンは繰り返さない!!と言い聞かせてます。繰り返せば私も元彼も不幸になると気付いたので。長々すいません。

まゆ 2015年01月15日 23時34分 [削除]

まゆさんへ
こんにちは。すでに伊東明さんの本を読まれていて、ご自身が共依存だというとても大きな気付きがあったのですね。
元彼が手を伸ばして来ず、「このままでいい」と思っているならまゆさんからはこれ以上は触れないけど、もし彼が「変わりたいと」思うなら協力したい気持ちがあり、どうしたらいいかとても迷っておられるのですね。

彼の回復に協力したい気持ちがあるけど、同じ恋愛パターンは繰り返したたくない・・・悩みますよね。

今までのパターンを変えてスパイラルから抜けるのは本当に大変ですし、勇気がいることだと思うので、心底悩むまゆさんの感情も当然のことと思います。

本にも書かれていますがスパイラルから抜けるために「まず自分(や相手)を知る」ことが必要と言われています。
悩む気持ちや、幸せになりたいというご自身の気持ちも大切にしながら、
まゆさんが納得のいく答えが出ると良いですね。

佐倉雅 2015年01月23日 18時51分 [削除]

ごく最近に私が共依存症だと気付きここにたどり着きました。彼は回避依存の脱走型です。実は彼と付き合うのは2度目です。1度目はなんと23年前、20から26歳まで付き合っていました。ジェットコースターのような恋愛でしたが私が疲れて終わらせました。ところが数ヶ月前にNETで再会し、よせばいいのにまた同じサイクルに。再会当初は驚くほど優しく、昔の関係について後悔を語っていましたが、少し落ち着いた今、また距離を置きたいような、けれども私が置くのを許さないような感じです。私を強く思ってくれているのは十分わかりますが、昔同様、去られて傷つくのが怖く、近づきすぎないよう警戒しています。ここまでは本人が認めていますが、自分が回避依存とは認識していません。この先、私が決して去らないと納得させることで関係は変わるのでしょうか? それともやはり無理なのでしょうか? もうお互いいい年で、これも何かの縁ですのでなんとか上手く行かせないかと考えています。

coco 2015年02月15日 23時56分 [削除]

COCOさん、こんにちは。スタッフの佐倉です。
地方での仕事でバタバタしていたり、研修でオーストラリアに行っていて
コメントが遅くなりました。
オーストラリアは夏だったのですが、ここ道東は凄まじい大雪で
気候の違いを感じています。
さて、コメント大切に読ませていただきました。
回避依存の脱走型と思われる彼と二度目のお付き合いをなさっているのですね。
一度めは20歳から26歳までお付き合いされていたとのこと。
若い頃に6年間という長い年月を一緒に過ごされていたのですね。
ジェットコースターのような恋・・・純粋に、私は素敵だと思いますよ。
そして当時、6年間付き合っていた相手と別れる決心をしたこと、辛く大変な作業だったのではと思います。
そして23年経った今、その彼と再会してしまい同じサイクルになってしまっていると
感じているのですね。
COCOさんが書いてくださった「よせばいいのに同じサイクル」
これ、本当にその通りなんですよね。
わかっているのに、やめられない。
私も長い間そうでした。そして自分の恋愛サイクルに隠されたカラクリを知り、愕然としました。
自分の恋愛パターンと、そのカラクリを知る。これが回復への第一歩でした。
COCOさんはその彼と縁を感じ、なんとか上手く行かせたいと思っていらっしゃるのですね。
若いころにジェットコースターのように恋に落ちた相手ですもの、そう思うのは当然だと思います。
そしてCOCOさんはご自分を共依存だという気づきがあるのでしたね。
相手のことだけでなく、そのように自分のことに関しても気づきがあるCOCOさんの力を感じています。
共依存症者にとって、何らかの依存傾向がある相手にとても魅力的を感じるのは、多くの恋愛依存の本に書かれている通りです。
なのでCOCOさんが23年経ってもその彼に惹かれるのは当然のことと思います。
私は重度の恋愛依存からは回復していますが、魅力を感じるタイプは基本、昔とあまり変わりません(笑)
ですが、魅力を感じるだけで留まることができます。
私の場合は学ぶことでなぜ惹かれるか、その理由がハッキリ理解できましたし、理解した上で自分の成育歴と向き合い癒しを進めていき、一瞬魅力を感じてもそれ以上惹かれることは、今はほぼありません。
細胞に染み込んでしまった「惹かれるタイプ」なので、ムリに手放そうとは思っていませんし、今はそんな自分を恥じてもいません。
理由が理解でき、自分を知り、向き合い癒しを進めていくことで、多くの人がこれまでのサイクルから自然と抜け出すことができると思います。
癒しには長い年月と、たくさんの作業が必要かもしれませんが、確実に幸せな方向にチェンジできると思いますよ。ときには辛くて痛い作業もあるかも知れませんが。
COCOさんがその彼とまた巡り合ったのも何かの意味があるかもしれませんね。どのような結果になっても、この場に繋がってこられたCOCOさんは力のある方だと思いますので、これから良い方向に流れが向くと良いですね。

佐倉雅 2015年03月03日 08時11分 [削除]

今晩は。以前も悩みを出させて頂いたんですが、今年に入りメールやり取りを回避依存症の元彼と友としてしてるんですが、変わらず逃げがポツポツ出ます…。昔行った旅行に又、行きたいとか、したいとか、もし独身になったらどぅする?とか。その都度、もし付き合っても同じループ繰り返しお互い幸せになれないんだょ・自信持って・過小評価しなくていぃんよと励まし、ずっと友達でいたいよと繰り返しいい続けてはいます。友達としてどんな事でも受け止めるし、去らない一ただ線を越える事だけはた出来ないからね!!と。でも毎回スネては同じ話の繰り返しです。今、私がやってる事は正しいのか?、人として信用して貰える過程なのか?、分かりません…。回避依存症は簡単に治るものじゃない事はよくよく分かってますがややってる事が逆に元彼に良くないのか?分からず…教えて下さい。

まゆ 2015年03月18日 21時48分 [削除]

重度の恋愛依存症でした。
ずっと既婚の彼と別れることができなくて、でも彼が大好きでほんとにほんとに辛かったです。
ですがfccnで癒しを始め8年がたち、今年健全な形で別な人と再婚に至りました。
今ふと既婚彼との思い出の曲が耳に入って、突然涙が出ました。自分でも驚いたのですが、この涙は思い出して辛いとか、やっぱり既婚彼が好きとかじゃなくて
あの時の恋愛が完全に終止符が打たれたというけじめの涙のような気がしました。
もう過去なんだ。という。

切なかったな、生い立ちが関係した恋愛とはいえ大好きだったな、楽しい時間もあったし、その時必要な愛も貰った、学びもあった。彼とのことがあったから出会えた人たちもいた。

はっきり言って泥沼恋愛だったのに、振り返るともう
今の私を作ってくれた大切なプロセスなんです。

そして、今の夫と結婚できました。

この8年 自分と向き合い癒して、そして許して
やっと恋愛依存症者 からは脱却出来たようです。
雅さんがコメントしてたように惹かれる相手は相変わらず私も回避依存な方です(笑)だから気をつけるのは一生かな(笑)
夫は回避依存では全くなく物足りないけど(笑)私を大切してくれて、愛をくれて超愛してます(笑)

心が揺れて、吐き出したい気持ちだったのでシェアさせてもらいました!

start 2015年03月20日 09時26分 [削除]

まゆさん、こんにちは。以前コメントに書いてくれた元彼との関係で悩んでおられるのですね。まゆさんもおっしゃっているように回避依存症を含む恋愛依存のパターンを変えるのは簡単ではありませんね。相手も、そして自分も含め。

今、まゆさんはご自分のやっていることが逆に元彼にとって良くないことなのか、どうしたら良いのか、分からない状況なのですね。教えてほしい・・という気持ちになりますよね。そのように悩むということ自体まゆさんが変化したい、変わりたいと思っているということなので、もうすでに少しづつ今までのパターンを変えて前へと進む準備ができている証拠だと思いますよ。以前まゆさんが書いてくれていましたが、ご自身も共依存の傾向があると自覚していらっしゃいましたね。自身への気づきは回復の大きな大きな第一歩と言われています。まゆさんはもうその第一歩を踏み出されていますね。共依存と恋愛依存の人は、まさに「鍵と鍵穴」のように強烈に惹かれあうと言われています。ですが、他の方もコメントしていらっしゃるように、自分への気づきがあった後は、自分の癒しをしていくことによって、そのパターンは変えることが出来ます。そしてその時には、他の方がコメントしてくださっているように、どんな泥沼な恋愛も、自分を作ってくれたプロセス(過程)だったと理解できる日がきます。私も数年前まだ癒し始めの頃、自分の恋愛に自信がなくて、担当セラピストに「私のやっていることはまた同じことなの?!ダメなの??教えてください!!」と言ったことがあります(^^;)なのでまゆさんのお気持ちは当然だと理解することができますよ。まゆさんが「教えてほしい」とこの場を訪れたその辛い気持ちも大切に感じてくださいね。そして少し先行く仲間として、ここから見守らせていただきます。コメントありがとうございました。

佐倉雅 2015年03月24日 00時15分 [削除]

startさん、こんにちは。
まずは、再婚おめでとうございます!
fccnで癒し始めてから8年が経っているのですね。
そして健全な形での結婚。心からおめでとうを伝えさせてください。
過去の既婚彼との思い出の曲を聴いて突然の涙、そしてそれがけじめの涙だと感じたのですね。辛いとか悲しいときや嬉しいとき以外にも、けじめの涙ってありますよね。過去の自分を褒めたいときにも涙って出るんだなぁと私も驚いた経験があります。泥沼な恋愛だったから無駄な時間だったとか悪い部分にばかりフォーカスするのではなく、楽しい時間や必要な愛を貰ったこと、今のstartさんを作ってくれた大切なプロセスと思えていること。感動とともに、同じ元恋愛依存症者として尊敬を感じています。本当に素敵なことですね。きっとここを訪れる多くの仲間にとっても、希望になると思います。
そして「気をつけるのは一生かな(笑)」
本当にそうですね(笑)私も、専門家としても、一人の回復者としても、学びと癒しは一生続けていくつもりです。シェアありがとうございました。


佐倉雅 2015年03月24日 00時16分 [削除]

今晩は。以前回避依存症の元彼の相談させて頂いた者です。あれからかなり経ちますが、元彼は異動は無くなり今も同じ場所にいます。あれから私自身、前向きにやってます。元彼とは友達です。ごくたまにご飯やラインをしてますが、浮気症でもある人なので変わらず、旅行楽しかったなぁ·いつか結婚するならどんな人が理想?·俺とならイメージ湧く?·家行きたいなぁなどなど。勿論、ダメな事はダメとキッパリ言ってますし、私自身幸せになれないし、プラス、あなたの為にも良くない、幸せになって欲しいからそれは出来ないんだょとその都度答えてます。ご飯中には奥さんの話もし、1度目の浮気を許してはくれず、子供もいないし家で二人きりだし会話は普通にするが、ダメなんだよなぁと。ただ都度都度浮気しても一時傷口癒すだけで本当の解決じゃないょ、と。ただどんな格好悪い姿やあなたの思う存分負を出しても友達には変わらない、この先お互いもっと歳とっても応援してると言い続けてますが、これでいいんでしょうか?。浮気症もすぐに治るモノではありませんが、まず、人を信じて貰う事、去らないものもあるって事、自分のダサイ面を出してもいぃんだと思って欲しいなと。ただ、面と向かっては言えないようで、ラインになるとイチャイチャしたい、添い寝だけでもして欲しい、まだ俺の事好き?、私といるとしたくなってしまうなど。散々友達でしょと言ってても、ライン上では、先程も書きましたが、もしもシリーズ(笑)をよく聞いてきます。もし?独り身になったらどうする?みたいな。毎回又それー?と一応返事してますが、ライン上の妄想話で少しは癒されるの?と聞くとそぅらしく、、、現実逃避だなぁと。これからも少しづつ話ていこうと思いますがこんな感じで大丈夫でしょうか?。やり方間違ってませんか?。

まゆ 2015年09月10日 00時03分 [削除]



まゆさんへ


こんばんは。
最初にコメントくださったのが1月なので、もう8カ月が経ちますね。
豪雪に見舞われっぱなしだった道東の冬も終わり、夏も過ぎ、クリニックのある弟子屈町はもうすっかり秋です。

以前に書いてくれた元彼は異動がなくなったのですね。
たまに会ったときやLINEでのやり取りでなされる「もしもシリーズ(笑)」や誘惑にもキッパリと断ることができているんですね。
過去のパターンを変えたいというまゆさんの思いが伝わってきたような気がしました。

お互い歳をとってもその彼のことを応援したい気持ちや、彼に人を信じてもらうこと、去らないものもあること、自分の弱い面を出してもいいと思ってほしい気持ちがあるのですね。そのように相手を大切に思うとき、自分のやり方が大丈夫なのか、間違っていないかどうか悩んだり、自分では答えが出せないのは苦しいことですよね。
自分のやり方が間違っていないか不安なときは、それでいいんだよと誰かに言ってもらいたかったり、アドバイスが欲しくなりますよね。

私も過去に恋人との関係で、「彼のために良い方向へ導くにいはどうしたらいいのか」「彼にこう思って欲しい」・・など色々と思い、一生懸命なときがありました。
自分がどう接したら、相手の恋愛傾向や性格を良い方向性へ導くことができるのか?
私の場合どうなったかというと・・
もしかしたらまゆさんや、ここを訪れるたくさんの皆さまに、何かのヒントやキッカケになるかも知れないので、私のケースを書かせてもらいますね。

過去の私の場合ですが、答えも結果も出すことができずに自分への嫌悪感と相手への怒りだけが残りました(^^;)
そして心理学と出会って、自分の癒しや学びを数年間続けていくうちに、本当にたくさんの気づきがありました。
本もとても役に立ったのですが、専門家にサポートしてもらいながら気づきや癒しの作業に取り組み、過去の恋愛の振り返りという作業がとても役に立ちました。
イタタタタ・・・という作業でしたが収穫は大きかったですよ。親との関係性、兄弟との関係性、自尊心の低さ、イジメられ問題など、様々なものが大きく影響し自分の恋愛パターンを形成していたことに気づきました。
「人間関係と境界線」のトピックでも書かせていただいたのですが、恋愛は対人関係の代表的な一つと言われていて、成育歴(育った環境)で形成された愛着関係が深く関係していると言われています。
実は恋愛というのは自分のことを知るのに一番良い入口でもあるんですよ。

自分について探求し、気づきがあれば回復への大きな第一歩と言われていますね。
驚くかもしれませんが私も、今も担当のセラピストのサポートを受けながら自己探求の作業を続けています。
そして、もしかしたらまゆさんをガッカリさせてしまうかも知れませんが、実は私たちセラピストはクライアントさんや、自分以外の誰かのことを判断する立場にはいないんです。
なので、これでいいかどうか、まゆさんにお答えすることができないのです。お役に立てなくて恐縮です。
私たちができることは、クライアントさんの気づきになる何かのキッカケや、成長のサポートをさせていただく、クライアントさんの伴走者と思ってもらえると伝わりやすいかなと思います。

今となっては、過去の恋愛全てがとても良い経験でしたし、私に必要なプロセスだったと心から思えています。

人間関係と境界線のトピックでのやり取りも、自分と似たような方たちや仲間の存在を感じることができたり、何かのヒントになるかもしれないのでもし時間があったら読んでみるのもいいかもしれませんね。

長くなりましたが、ここに私が書かせていただいたのは、一つの参考として読んでいただけたらと思います。
まゆさんが、自分の役に立つなと思った部分だけ取り入れて、自分には役に立たないなと思った部分は、読んだあとここに置いていってくださいね。

以前書いてくださった「幸せになりたい」と思う気持ちと、まゆさんの前進しようとする強いお力をこの場で感じています。ともに成長しようとする仲間として、見守らせていただきますね。コメントありがとうございました。

佐倉 雅 2015年09月16日 00時04分 [削除]

はじめまして、まこと言います。
恋愛依存症について調べていたらこちらのサイトを見つけ、質問したいことがあるのでコメントさせていただきました。

わたしは同性の女の子と付き合っています。(この時点で嫌悪感を抱かせてしまっていたらすみません。)
情報を見る限りわたしが恋愛依存症で彼女は回避依存症なのだと思います。
実際に彼女は何ヶ月か前に『親密な関係を作りたくない』と言っていて、どういうことかと聞いてもどことなくはぐらかされてしまいずっと気になり調べていました。
調べていると恋愛依存症の内容がでてきて、自分でも嫉妬が強くて依存している自覚があっただけにひどく納得させられました。
そこでたまたま回避依存症の内容を見つけ、わたしだけでなく彼女まで依存症の可能性があることを知りました。
彼女はナルシスト型と脱走者型を混ぜたようなタイプです。
非常に魅力的なひとでよくモテるので、まさにこのタイプなのではと思ってしまいました。

わたし自身も自信を持って自立しなければと思いました。
今までも自信を持とうとしてもなかなかうまくいかず、ここまで過ごしてきてしまいました。
でもここの記事の内容をみて絶対変わりたいと思いました。
そして彼女にも苦しんで欲しくないので、回避依存症から脱してもらいたいと思いました。
脱してほしいと思うのは、わたしの自己満足とかもあると思うのですが彼女に幸せになってもらいたいです。
やはりこの考え方も恋愛依存症の証拠なのでしょうか……。

前置きが長くなりましたが、彼女に『わたしは恋愛依存症で、あなたは回避依存症かもしれない。』ということは伝えるべきでしょうか?
わたしが恋愛依存症なのは彼女は既に分かっているかもしれませんが、自分のことは分かっていないかもしれないです。
それともこのことを伝える前にここの記事にも書いてあったように、先にわたしが恋愛依存症から脱却することを優先すべきでしょうか?

もし伝えたとして、彼女が回避依存症から脱却する意思がないのならわたしはこの関係に未来はないと思うので別れるつもりです。
わたしは別れたくないですが、お互いのためにならずズルズル続けるのはもっと良くないと思ったので。(結局わたしも決断するまでにはおそらく時間がかかりそうです……)

よろしければ質問に答えて下さると幸いです。
乱文失礼しました。

まこ 2016年01月14日 00時42分 [削除]

まこさんへ

まこさん、はじめまして。
FCC&Cスタッフの佐倉雅です。

大切にコメント読ませていただきました。
恋愛依存症について調べていて、ここのサイトを見つけたんですね。

同性の女の子とお付き合いをされていらっしゃるとのこと。
そのことをここに書くことで、私に嫌悪感を抱かせてしまうかもしれないと感じたんですね。
残念ながら答えは「ぜんぜん!」です(笑)
まだまだ日本では同性愛について偏見や差別があるのが現状だと思うので、そのように感じるのは当然ですよね。

FCC&Cのクライアントさんには同性愛の方もたくさんいらっしゃいますし、代表の阿部はアメリカで教育を受けていますが、アメリカでは同性愛は当り前のことなんだそうです。
FCC&Cでは同性愛どうしのカップルカウンセリングも行っていますので、興味があったら電話やメールで問合せしてみてくださいね。

さて、まこさんはご自身で恋愛依存症かもしれないという気づきや、嫉妬が強かったり、パートナーへの依存傾向があることまで認識があるのですね。
自分のことをそのように認識を持つというのは、とても大きなエネルギーが要ったり、自己を見つめる勇気や力が要ります。まこさんはすでにその力を持っている方なのですね。

ご自身の気づきや、まこさんのような「変わりたい」という気持ちは、自分の成長や回復への大きな一歩だと言われています。

現在つき合っている彼女は、どうやら回避依存の傾向がありそうなんですね。
しかも魅力的!そうなんです。恋愛依存の人はとっても魅力的な人が多いと言われています。そりゃ〜振り回されちゃいますよね(笑)
他のやり取りでも何度か書かせていただいていますが、私を含め様々な依存症者たちは「鍵と鍵穴」だそうです(^^;) 

自分が変わりたいと思うと同時に、彼女にも苦しんで欲しくない、依存症から脱してもらいたいという気持ちがあるとのこと。
大切な相手に対して、そのように幸せを願うのは当然ですよね。
恋愛依存症の証拠というより、私たちほとんどの人がそのように願うのではないでしょうか。

彼女に「わたしは恋愛依存症で、あなたは回避依存症かもしれない」と伝えるべきかどうか迷われているんですね。
どうするべきか迷ったとき、そしてまこさんのように相手を大切に思えば思うほど、迷いも大きくて苦しくて、誰かの答えが欲しくなりますよね。

もしかしたらまこさんのお役に立つことがあるかもしれないので、少し私のことをシェアさせてもらいますね。

数年前まで重症な恋愛依存だった私も、カウンセリングでパートナーのことを扱ったことがたくさんあります。
どうしたらいいか分からなくなったり、自分の行動が正しいのか不安になり、担当セラピストに「先生、私はまた今までと同じことを繰り返しているの?彼といても不幸になるだけなの?」「これってこうするべき?合ってる?」と色々聞いたことがあります。



さてさて、気になるその答えは?




いつも

「みやびちゃんはどう思う?」でした。


我らが代表、カリスマセラピストの阿部ゆかりですよ(^^;)


当時は「へ??」と思いましたが、不安になったときの答えや、知りたくなったことの答えは本を読んだり、自助グループ、講座やカウンセリング、ワークショップなどの場でヒントを得て自分で決めていくことが、成長や回復のとっても大切なプロセスと言われているんです。
自分で決めて行動する、それが出来たことで、私は自分の大きな自信にも繋がりました。

まこさんもおっしゃっているように、決断するまで時間はかかりますよね。
当然だと思いますし、悩んだり迷うのも、とっても大切なプロセスですもの。
そして、自分のプロセスが進むとその先には成長や変化があること、きっとこの場での他の方のやり取りからも感じてもらえると思います。


この場での自己開示や大切なシェア、ありがとうございました。

佐倉雅 2016年01月16日 18時21分 [削除]

以前質問させていただいたまこです。
返信ありがとうございました。

返信内容を読ませていただいて彼女に思い切って回避依存症なのではということを伝えました。
ですが彼女は『自分は考え方を変えたくない。』の一点張りだったので、話し合った結果別れることになりました。

そもそも彼女の好きとわたしの好きはイコールではなく、彼女はあくまで友達の延長として捉えていたみたいです……^^;
恋愛すら始まってなかったと思うとショックですが、この経験を糧に次の恋愛ができるように頑張りたいと思います!

悩みに答えてくださってありがとうございました。
本当に助かりました。

まこ 2016年01月31日 16時27分 [削除]

こんにちは。久々質問させて頂きます。以前、元彼が回避依存と相談しましたが、あれから暫くたち私は友人としてたまにLINEしてますが、以前程誘惑してきたりはなくなりました。無理と分かったからか。でも、単身赴任なんで月何度か元の家に帰りますが、普通に家に帰るしと言えばいいのに、予定がある等、わざと家に帰るとは言いません。会う約束をしてても急にドタキャンも度々。その都度私は予定を代えたり、少しイラッとしてしまいます。普通に家に帰ると言えばいいのに…今回も準備をしたにも関わらず中止になり…イラッ。回避依存の人は近くなると逃げたくなったり、本心を晒したくなかったりと聞きますが、悪びれもなく繰り返されると依存症と分かっていても…。単身赴任が又、夏まで延長されたので友達の範疇で接したいですが何が出来るわけでもなく、ただ友達は裏切らない、どんな姿でも私からは去らないよと何かの際には伝えてますが。

まゆ 2016年03月01日 13時58分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

催し物案内
FCCN C.Cとは?
スタッフ紹介
活動記録
参加者感想
サイトマップ
関連リンク集
事務局から
本の販売と報告
会員制度
Care Support
主な相談内容
トラウマ回復
カウンセリング&精神療法
子どものカウンセリング
発達が気になるお子様
IQ知能・技能検査
専門家育成
お問合せ・予約
自助グループ
自死遺族
様々な依存症
トラウマ
不安・パニック
カラー・カード
その他いろいろ

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

FCCNは個人情報保護に関する法令およびその他の規範を順守します。

Copyright (C) 2007 FCCN C.C All rights reserved.