2006年03月23日(木)

大切な人を自殺で亡くすということ [自死遺族]

画像(320x198)・拡大画像(640x396)

日本では年間3万4千人以上の方が自殺で亡くなっています。

これは1日に90人以上、1時間あたり4人、15分に1人が亡くなっている計算になります。

すごい数だと思いませんか?!

自殺で亡くなってしまうことはもちろん問題ですが、本当の問題がその後に残されているのです。それは「遺された人たち」の<こころの問題>です。


遺された人たちというのは、大切な人を突然失った悲しみの他に、大きくて深い重荷を負ってしまいます。

自殺について人に言えなくて抱えてしまったり、恥の意識を感じたり、あの時あぁすれば死ななかったのではないか、自分のせいではないか・・・など大切な人の死に対し大きな無念罪の意識を背負っている事が多いものです。

一人の自殺が起こると、まわりの5〜6人に<ケア>が必要な人たちが居ると言われています。


そういう私もこの5〜6人の中の一人で、17歳の時に母親を首吊り自殺で亡くしています。
私のその後の人生において母の自殺からの心の影響は計り知れません。

上記の計算から考えると1時間に4人の方が自殺され、ケアが必要とされる5〜6人を単純に計算すると1時間20人〜24人の「私」が発生してると言えるのです!!
1日でみると約480〜576人もこころに重荷を負ってしまう人が出てくる計算ですよ!!一大事です!!



自殺、そして遺された人々

自殺、そして遺された人々

遺された人たちの呈する様々なこころの問題の事が詳しく書かれています。

続きを読む

Posted by abe at 20時08分   Comment ( 1 )

催し物案内
FCCN C.Cとは?
スタッフ紹介
活動記録
参加者感想
サイトマップ
関連リンク集
事務局から
本の販売と報告
会員制度
Care Support
主な相談内容
トラウマ回復
カウンセリング&精神療法
子どものカウンセリング
発達が気になるお子様
IQ知能・技能検査
専門家育成
お問合せ・予約
自助グループ
自死遺族
様々な依存症
トラウマ
不安・パニック
カラー・カード
その他いろいろ

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

携帯サイト

FCCNは個人情報保護に関する法令およびその他の規範を順守します。

Copyright (C) 2007 FCCN C.C All rights reserved.